映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナと雪の女王1


原題:Flozen
監督:クリス・バッグ、ジェニファー・リー
出演:アナ(クリステン・ベル、神田沙也加)、エルサ(イディナ・メンゼル、松たか子)他
製作:2013年アメリカ
上映時間:102分
映倫区分:G
配給:ディズニー
上映方式:2D・3D
公式サイト


ストーリー:

アンデルセンの童話「雪の女王」をヒントに、王家の姉妹が繰り広げる真実の愛を描いたディズニーミュージカル。
触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。


第86回アカデミー賞
第71回ゴールデン・グローブ賞


 

「アナと雪の女王」の日本公開は3月14日。

DVDレンタル開始の7月16日時点でいまだ上映中。
こんなロングラン、最近あっただろうか。
2度3度と映画館に足を運ぶリピーターもいるそう。

大人気の理由はいくつかあるが、日本語バージョンの場合、何と言っても雪の女王エルサ役の声優をした松たか子の歌う「Let It Go」であることは間違いない。

ポジティブな歌詞。
歌声も映像も迫力がある。

『アナと雪の女王』ミュージック・クリップ:Let It Go/エルサ(松たか子)

『アナと雪の女王』「Let It Go<歌詞付Ver.>」 松たか子


松たか子の歌唱力に「アナ雪」ファンは心打たれた。
May.Jが歌う「Let It Go」もテレビ番組ではよく耳にするが、個人的には松たか子の歌うほうが好き。


ワンフレーズごとに様々な世界の言語で歌われている「25ヶ国バージョン」も人気。
松たか子の歌う箇所は世界でも絶賛されているとか。

『アナと雪の女王』「Let It Go」(25ヵ国語Ver.)


アナと雪の女王2


触れるものを凍らせてしまう魔法を生まれつき持つエルサ(松たか子)。

その力により、幼い頃過って妹アナ(神田沙也加)をケガさせてしまったことから、エルサの力は隠される。
アナのことも避けるようになる。

アナはその理由を知らずに育つ。
幼い頃はあんなに仲良かったのになぜ‥‥、と。
エルサはアナへの愛情から、再び傷つけたくないがために避け続けていたのが。

だからエルサはいつも寂しげ。

そのエルサの心の内を知っている状態で物語半ばで流れる「Let It Go」だもの、感動しないはずはない。

地味な色合いのドレスに身を纏っていたエルサが、氷のドレスとでも言うべき白く輝く姿に変身した歌後半シーンも美しかった。

エルサが魔法で建てた闇夜に白く輝く氷のお城はそれはそれは綺麗。

アナと雪の女王3


妹のアナは無邪気で自由奔放。
その日に会った他国の王子様と結婚すると決めてしまうほど。
ラストでその王子ハンスは国狙いの悪者だと判明するのだが。

初めてアナとクリストフ(原慎一郎)の前にオラフ(ピエール瀧)が登場したシーンが好きだ。
そしてオラフが好きだ。

オラフは、幼い頃エルサが魔法で作りだした雪だるま。

脇役と言ってしまうにはもったいないほど、オラフの存在が物語の盛り上がりを支える。
イメージキャラクターとしていちいち笑いを誘う。
とにかくお茶目。

   

アナが死にそうになった時、トロールに真実の愛が命を救うと言われる。
白雪姫そっくり。
これが物語らしい展開。

そこで、ハンスではなくクリストフこそが真実の愛によってアナを救うのだなと一見思わせる。
だが実はエルサの愛によってアナは救われるというラストシーン。

だが大半の人は想像していたはず。
クリストフではなくエルサがアナの命を救うのだろうなと。

ありきたりの展開で意外性はないが、夢ある物語が好きなディズニーだ、それでもいいと思わせる。

むしろ、奇をてらわずわかりやすい起承転結型ストーリーだからこそこれほど万人受けするとも言える。


エルサ王女とアナは姉妹愛を取り戻し、凍りついた国に再び夏が訪れ、人々は幸せに暮らしましたとさ。


ディズニーらしいクリアな映像は、3Dではなく平面的に見ても十分綺麗。
ミュージカル映画のようにはさまれる歌や音楽も美しい。

エンターテイメント性はさすがディズニーと思わせる作品。



アナと雪の女王



映画ブログランキング







スポンサーサイト

【2014/11/15 22:11】 | 「あ」行
トラックバック(0) |


¥1,500→¥1,000


原題:Yes Man
監督:ペイトン・リード
出演:ジム・キャリー、ズーイー・デシャネル、ブラッドリー・クーパー他
製作:2008年アメリカ
上映時間:104分
配給:ワーナー・ブラザース
公式サイト



ストーリー:

「ノー」が口癖の人生に後ろ向きな男カールは、生き方を変えるために参加したセミナーで、「どんな事に対しても『イエス』と答えることが、意味のある人生を送るための唯一のルール」と教えられる。
それから「イエス」を連発するようになったカールの運気は上がっていくのだが……。





ジム・キャリーの映画は久しぶりに見たが、ハッピー気分にさせてくれるお馬鹿っぷりはやはり好きなキャラクターだ。

よく見るとイケメンなのに三枚目に徹している姿や、それが板につき楽しんでさえ見える役者魂に大笑いしながら引き込まれる。

ノーばかり口にしていたネガティブな銀行員カール(ジム)が、全てのことにイエスと言うポジティブ人間になった途端、良い事ばかりが起きるようになる。仕事も恋愛も人間関係も。

イエスマン2

日本には「言霊」という言葉があり、口にしたことはそのまま自らに降りかかると言われている。良いことを発すれば良いことが起き、悪いことを発すれば悪いことが起きる。全て自分が引き寄せる。

最初は、浮浪者に携帯を電池が切るまで使い切られるわ手持ちの現金を全てあげてしまうわと散々なスタートを切ったカールだが、ヤケクソになりながら発した「イエス」により、アリソン(ズーイー・デシャネル)とも出会うわけだから、言霊はまんざらではない。

変わったバンドで変わった歌を歌うボーカルのアリソンの性格も、イエスマンになったカールにはぴったりだった。これがノーばかり言っていた過去のカールなら、アリソンと恋愛関係に発展しなかったかもしれない。

イエスマン1

順調に進んでいたイエスマン生活が、ひょんなことでアリソンを傷つける。そしてカールはイエスとノーとの使い分けにようやく気付く。

そこに至るまでもお笑い要素たっぷりなわけだけど。

笑えるシーンはそこかしこにある。

近所の色目使いのおばあちゃんとのやり取り。ハリー・ポッターマニアの銀行の上司とのやり取り、泥酔時のはじけっぷり、ランニングしながら写真を撮る会でぶっ倒れるシーン。

顔にグルグルとセロハンテープを巻き付けるシーンも忘れられない。

イエスもノーも自分で決め、責任を持って発言し進んで行こうというさりげない教訓も見え隠れしつつ、とにかくジム・キャリーらしさにたくさん笑えてスカッとする作品。



イエスマン



映画ブログランキング






【2014/01/25 22:31】 | 「あ」行
トラックバック(0) |


¥1,489→¥1,000

原題:The Abyss

監督:ジェームズ・キャメロン
出演:エド・ハリス、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、マイケル・ビーン、レオ・バーメスター他
製作:1989年アメリカ
上映時間:141分


ストーリー:

深海にて座礁した原子力潜水艦の調査と救助を依頼されたあるクルーと、それに同行する海軍クルー。
お互い反目し合いながらも、任務を開始する。
そこで彼らを待ち受けていた未曾有の超自然現象とは?

  


2時間20分ほどの映画だが、3時間ほどに感じた。
不必要なシーンが多かったり、間延びして退屈だったりというわけではないのだが、長く感じた。ということはやはり途中退屈だったのかな。

公開されたものは141分だったが、171分の完全版もあるそう。
約3時間。そちらじゃなくて良かった。3時間は疲れる。

映画鑑賞後、ジェームズ・キャメロン監督作だと知る。
最近久しぶりに「タイタニック」を観たばかりだから感じるのだが、キャメロン監督は海好き?


物語はSFに入るのだろう。最初は現実的な展開だったが、不思議な「何か」と出会い、その後宇宙人らしき存在に出くわすという設定なので。

海底油田の発掘基地近くの海域で行方不明となった原子力潜水艦の捜索が物語の軸。
そこに、海軍大尉コフィ(マイケル・ビーン)とバッド・ブリッグマン(エド・ハリス)率いる9人のクルーの争い、バッドと離婚寸前でディープコアをつくったリンジー(メアリー・エリザベス・マストラントニオ)との和解までのやりとりが絡んでくる。

話の展開はありがちだが、舞台が深い海の中での出来事なので緊張感はある。

水を操り、その形を変え接近してくるフレンドリーな宇宙人は優しい顔をしていてかわいかった。頼りなさそうな顔をしているのに、自在に動け頭も良さそう。

人間が自分勝手で戦争をやめないから、忠告のために彼らの力で起こした巨大津波。今にも人々を飲み込みそうになる直前で、すーっと引いて行った。

そのあたりの描き方はちょっと乱暴だったような。バッドが言葉少なに語りかけ、それに納得した宇宙人が津波をストップさせたのだが、けっこうあっさりしていた。
そんないとも簡単にやめちゃうんだ、という感じで切迫感がなかった。
突然メッセージ性を持たせた形がなんとなくわざとらしくも感じた。

バッドが海溝4,000m以上の核爆弾が沈んだ所までひとりで身ひとつで沈んで行ったシーンが一番ハラハラした。彼を取り囲む暗闇がリアルだった。
任務を終え、海底で命が尽きるのを覚悟したバッドを、宇宙人が天使のように光り輝きながら助けるシーンはファンタジー映画のようだった。

バッド役の若かりし頃のエド・ハリスがかっこ良かった。
離婚寸前のリンジーを本当はまだ愛していて、彼女が瀕死の状態の時に必死で助けようとしたシーンが素敵。



アビス


映画ブログランキング




【2012/03/22 20:45】 | 「あ」行
トラックバック(0) |


¥4,935→¥1,260


原題:LA NINA DE TUS OJOS/THE GIRL OF YOUR DREAMS
監督:フェルナンド・トルエバ
出演:ペネロペ・クルス、ホルヘ・サンス、サンティアゴ・セグーラ他
製作:1998年スペイン
上映時間:121分

ゴヤ賞主演女優賞受賞


ストーリー:

1938年スペイン。
内戦の続くさなか、映画撮影隊の一行はドイツ政府から交流の一環として、ベルリンのスタジオへ招待を受ける。
同行した女優マカレナは撮影ができる喜びに浸っていたが、協力的なドイツの宣伝大臣にはある目的があった。

 
映画ブログランキング


ペネロペ・クルスの出る作品って、彼女の迫力にすべてが圧倒されてしまって、内容が時に霞む気がするのは私だけ?
少なくとも今作はそう感じてしまった。
あの瞳を見つめていると、吸い込まれそうになってしまい、作品内容や演技なんか二の次になってしまうことがある。

10年以上前のペネロペは、今と変わらず魅惑的。
そして、ペネロペにふさわしい、男性を虜にする女優という役柄。

今作は、タイトルからして少しエロティックなものと思い今まで手に取らなかったのだけど、いざ見てみるとそんな映画ではなくひと安心。


戦争中でありながら映画を撮るという話は、どこか世俗離れしている気がしたが、人々が平等ではない時代だ。そんなこともあったのだろう。

マカレナ(ペネロペ)と監督やその仲間は、スペインからドイツに招かれ、ベルリンで映画撮影を始める。
だけどそれはただの交流目的ではなく、ドイツ人将校がマカレナを我が物にしたいがための策略だった。
狂気を感じさせる将校は、残虐性を秘めたいかにもナチにいそうなタイプ。

マカレナは彼をものすごく毛嫌いするが、映画撮影続行のためと監督に説得されいやいや受け入れる。
招待されるディナーへ赴き、密会場所まで与えられ。

戦時中の緊張した空気の中、それでも一行は派手にパエリヤを食べたりお酒を飲んだり、苦しむ人々には無頓着。
そんな中、マカレナは情のある人間で、囚人エキストラたちにも食事を与えようとし、周囲に止められる。してはいけないことだったらしい。

マカレナは監督と恋人同士だったよう。
といってもそれほど深い仲でもないのか、エキストラの男性に恋をする。その男性はドイツ軍に囚われている身で、監視付きのエキストラ参加。

キラキラ輝きを放つ女優と、囚人エキストラの恋。
マカレナは彼を逃がそうと必死で力を貸す。

なんだかあまりペネロペの演技が上手には見えなかったのだけれど、彼女はあのオーラさえあれば怖いものなしな気もする。きれいだわーと見とれているうちに映画は終わっていた。

魔性の女といった印象はなく、有名で高嶺の花でありながらも、奢らず自然体なマカレナ役は好印象だった。


美しき虜



映画ブログランキング






【2012/01/23 08:28】 | 「あ」行
トラックバック(0) |

ペネロペ
koko
はじめまして
私もペネロペの瞳をスクリーンで観ているだけで
映画が終わってしまう。吸い込まれてしまう存在感ですよね
オーラをどう消すのかが彼女の課題のような。。。
この映画の彼女は最高に世界一美しく魅惑的です
Ps.ハビエルとお似合いだと思いますか?
私はペネロペがハビエルと付き合いだしてから、
(結婚以前から)急激にこの映画の彼女のような可憐さ、儚さがなくなったような
ハビエルと別れてほしいとさえ思ってしまう


>kokoさん♪
キャメロン
コメントありがとうございます。

kokoさんもやはりペネロペの魅力に吸い込まれてしまうのですね。
きっとそういう人は世界中にたくさんいるのだろうなぁと思います。
女性の私でさえそうなのですから、男性なんて言ったらもうメロメロでどうしようもないでしょうね(笑)
共演男性が皆彼女に恋に落ちるのも当然のことなのでしょうね。

kokoさんと同じく、私もハビエルとはちょっと…と、
気持ちがどこか冷めてしまった1人です。
女性は男性以上に、お付き合いする相手によってカラーが変わる生き物だと思うし、私達ファンに与える印象も元々持っていたものとは変化してしまう場合が多いと感じます。
それが良い方向へ変わるのならいいのですが、
ペネロペのキラキラした部分が色あせて見えてしまうのは残念で仕方ありません。


コメントを閉じる▲


¥1,490→¥1,000(送料無料)


原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS
監督:オリバー・ストーン
出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、チャーリー・シーン他
製作:2010年アメリカ
上映時間:133分
配給:20世紀フォックス映画
映倫区分:G


ストーリー:

2008年のニューヨーク。
投資銀行に勤めるジェイコブは順風満帆の人生を送っていた。
結婚を前提に付き合っている女性ウィニーとの交際も順調だった。
ところが、勤める投資銀行が急激な業績悪化により株価が暴落、突然破綻し、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。
それが、金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイコブは、刑務所を出た元大物投資家のゲッコーに接近する。
そのゲッコーは、ウィニーの実の父親でもあった。

  
映画ブログランキング


マイケル・ダグラスは1944年生まれ。もう少しで70歳かー。
なんてダンディーなおじいさんであろうか。「おじいちゃん」と言うにはばかれるすごみがある。
お年になっても変わらぬ目力がその一因。
いかにも悪だくみを企んでいるいるかのような瞳は、間近で見たらさぞ迫力だろう。
今作を観ている間何度もダグちゃんの目に吸い込まれそうになった。

ウォール・ストリート

今作は、お金に固執する人間の欲望がメインだが、復讐物語でもある。
ひとりの男に復讐しようと、アドバイスを受けるめにジェイコブ(シャイア・ラブーフ)が近づくのは、元大物投資家のゲッコー(マイケル・ダグラス)。
目をかけてくれた社長が電車に飛び込み自殺した。それは仕事で窮地に立たされたからであり、そのように追い込んだ男を許せないと思ったジェイコブ。

ジェイコブが信じてアドバイスをもらうゲッコーは、恋人ブレトン(ジョシュ・ブローリン)の父親でもある。

ウォール・ストリート

娘と仲たがいしたままのゲッコーは、ジェイコブの復讐に知恵を貸す。娘との仲を取り持つことを条件に。
復讐といっても殺したり自殺に追い込むというわけではなく、経済的に失脚させ社会から抹殺することが目的。
結果として、復讐は成功。憎むべき男は逮捕され幕を閉じる。

だが、ジェイコブもまたゲッコーに騙される。

最終的には、ゲッコーが金より愛に目覚め、これからみなの仲が良い方向へ行くと予感させて終わるのだが。
愛に目覚めさせたのは、娘のお腹にいる命の存在を知ったからという、ちょっぴりハートフルなラスト。

株のことはよくわからないけれど、お金に固執しメラメラと欲望を燃やす人間は多い世界に違いない。
ふだん触れないそんな世界を垣間見れたのは面白かった。
株式に詳しい人なら、そちらの事情も同時に楽しめる映画なのだろう。

若手やり手役のシャイア・ラブーフと、その恋人役のジョシュ・ブローリンはさほど印象に残らないが、ダグちゃんの迫力でぐーんと映画をランクアップできているのでトントンかな。
味方を変えれば、ダグちゃんのどす黒さっぽいものを、2人の若者のさわやかさで緩和していたとも言えるかも。

チャーリー・シーン出てたとは!気づかなかった‥‥
というか、私の世代は、彼の名を知ってはいても作品は知らないという人間が多いかも。

ウォール・ストリート


映画ブログランキング




【2012/01/08 14:32】 | 「あ」行
トラックバック(0) |


keke
こんばんは!
ゲッコー好きな私としては何度落ちても這い上がる、戦う姿を見たかったのです。
が、案外無敵で少ししょんぼり。
でもこれでゲッコーともお別れなんだなと思うと、最後にのんびりした時間が手に入ってよかったね、と感じました。
さよならゲッコー!

>kekeさん♪
キャメロン
コメントありがとうございます♪

確かに、転んでも這い上がり、また転んでも這い上がる、というゲッコーのほうがしっくり来ますよね。
ハートフルなラストでも、いやもしかしてどんでん返しがあるかも?と思いましたが、すんなり行っちゃいましたねー。



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。