映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



大統領の執事の涙



原題:LEE DANIELS' THE BUTLER
監督:リー・ダニエルズ
出演:フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジョン・キューザック、ジェーン・フォンダ他
製作:2013年アメリカ
上映時間:132分
配給:アスミック・エース
オフィシャルサイト


ストーリー:

綿花畑の奴隷として生まれたセシル・ゲインズは、1人で生きていくため見習いからホテルのボーイとなり、やがて大統領の執事にスカウトされる。
キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争など歴史が大きく揺れ動く中、セシルは黒人として、執事としての誇りを胸に、ホワイトハウスで30年にわたり7人の大統領の下で働き続ける。
白人に仕えることに反発し、反政府活動に身を投じる長男や、反対にベトナム戦争へ志願兵として赴く次男など、セシルの家族もまた、激動の時代に翻弄されていく。


  


7人のアメリカ大統領に仕えた黒人執事。

任期34年の間に起こったアメリカの事件が、アフリカ系アメリカ人のセシル・ゲインズ(フォレスト・ウィテカー)の語りで描かれる。

母親が雇い主に乱暴され、反発しようとした父親がゴミのように銃で撃たれ死亡という、当時の黒人奴隷の現状から物語は始まる。

淡々としつつ衝撃的な冒頭シーンだが、アメリカ社会の黒人と白人の現実がここに凝縮されている。


大統領の執事の涙1


息子セシルは家を出、困難な生活(ここはほぼ描かれていない)の後にホテルのボーイからやがてはホワイトハウスの大統領執事になる。少なくとも職場で白人に殺されることはない世界。当時は大出世だったろう。

当時の一般的な黒人と言うとかなり貧しい生活を強いられているイメージが強いが、セシルは違った。彼の住む家、妻や息子の服装、友人関係などからゆとりある生活だということは容易に想像できる。

奴隷だった両親を見ているセシルは、決してあのようにはならないという強い決意と共に、自分の人生を誇りに感じていた。

ボーイ時代に教わった「何も見ない、何も聞かない」を胸に刻み、黒人蔑視を憚らない偉ぶった白人達を前に黙々と給仕を続ける。「ハウス・二グロ」(=執事)という蔑称も彼を憤慨させるものではなかった。仕事と人生に満足していたから。

その落ち着いた品格のある物腰に、セシルを良く思うのは同僚だけではなく歴代の大統領達も同じだった。その大統領が優しかろうと黒人差別主義だろうと関わらず。


大統領の執事の涙3


この作品の注目点は、セシルの人生と同時進行で描かれるアメリカの歴史にもある。

1957年、アイゼン・ハワー政権。大統領を演じたのは死去が記憶に新しいロビン・ウィリアムズ。

1961年ケネディ政権。1964年ジョンソン政権。1965年のマルコムXの講演会。アラバマ川周辺で起こった「血の日曜日」。1969年ニクソン政権。1986年レーガン政権。

当時の映像も交えて臨場感を出す。


大統領の執事の涙2


父親セシルに反発し、黒人の人権を勝ち取ろうと行動する長男ルイスが、キング牧師と活動を共にするシーンもある。

セシルとルイスの関係性も映画の見所のひとつ。

白人に従属する仕事だと父を蔑むルイスにキング牧師が言った「執事は、威厳ある態度で人種間の憎しみを溶かす素晴らしい仕事だ」という言葉が印象的だった。

ルイスもセシル本人さえも気付いていなかっただろうが、黒人執事は白人と黒人の関係性の橋渡しになっていたと私も思う。


時代の流れに沿い、黒人達の人権主張の声も高まる。

先頭を切るルイス。
ホワイトハウスの執事を続けるセシル。

自己主張をせず黙々と真面目に仕事をこなすセシルが、白人のように給料を上げて欲しいと申し出るシーンが心に残る。1度目は跳ね除けられた時点で引き下がるが、2度目はレーガン大統領を味方につけ実現させる。

セシルがそのことを誇ることなく自慢することもないが、レーガンの奥さんに大した人ねと褒められパーティーに招かれるまでの存在になる。それでもいつも通りのセシル。とことん謙虚さが身に付いた人物だ。フォレスト・ウィテカーはまさに適役。

そのパーティーを引き金に年老いたセシルの心に変化が訪れる。白人、しかも大統領に招かれたという華々しい功績なはずが、その違和感に心にぽっかり穴が開く。長年続けた執事の仕事を辞する。息子ルイスに共鳴し始めるのだ。

街頭演説するルイスにすまなかったと頭を下げに行くシーンが泣ける。父と息子の親子愛がここでハッピーエンドを向かえる。

足取りも怪しくなるほど年を取ったセシルは、同じく年の妻が眠るように死んだ後、黒人初のアメリカ大統領となったオバマの執事となるべく再びホワイトハウスを訪れる。そこでジ・エンド。

黒人が長い苦難の歴史を越え勝ち取った人権は、ルイスの歩んで来た人生そのものだ。終焉間近な彼の人生がキラキラと輝いて見えるラストシーンに心が晴れる。


大統領の執事の涙




映画ブログランキング


スポンサーサイト




¥2,480→¥1,240


原題:Ted
監督:セス・マクファーレン
出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン他
制作:2012年アメリカ
上映時間:106分
映倫区分:R15+
配給:東宝東和
公式サイト


ストーリー:

いじめられっ子の少年ジョンは、クリスマスプレゼントにもらったテディベアのテッドと本当の友だちになれるよう、神様に祈りをささげる。
すると翌日テッドに魂が宿り、2人は親友になる。
それから27年が過ぎ、ジョンとテッドはともに30代のおじさんになっていた。
一時は「奇跡のテディベア」としてもてはやされたテッドも、幻惑キノコで逮捕されてからは堕落し、下品なジョークと女のことばかり考える日々。
そんなある日、ジョンは4年間つきあっている恋人から、自分とテッドのどちらかが大事なのか選択を迫られ……。


   


ようやく観たテッド。

レンタル開始から長らく借りられなかった。人気なのですね。

噂通りお下品なテッドだが、「クマのぬいぐるみ」ということで下劣さがかなり紛れるものだ。

「ブサかわいい」「キモかわいい」などの造語があるが、テッドの場合は何かわいいになるのだろうか、などどうでもいいことを考える。

ぬいぐるみだから、薬漬けでも体に何の影響もないのだろうが、これが人間だったら本当にどうしようもないダメ野郎だな。

テッド1

どうしようもないオヤジなテッドなのに、間違ってお腹辺りに触れてしまうと”I love you.”(翻訳「だいちゅき」)という子供の甲高い声が出てしまうシーンが笑えた。

こういうところが、ぬいぐるみらしい可愛らしさがあり、女性観客はキュンとしてしまうのかも?

笑えるシーンが多いが、後半テッドが変態ストーカー親子に誘拐されてからはハラハラさせられた。

子供に耳をもぎ取られたり、胴体を引き裂かれるシーンは、ぬいぐるみとわかっていても胸が痛んだ。そして想定外に涙まで出てしまった。

テッド2


テッドとジョン(マーク・ウォールバーグ)の親友っぷりにもジーンときた。あきれながらもテッドの存在を認めるジョンの彼女ロニー(ミラ・クニス)の存在も光っていた。

そう言えばミラ・クニスは「ブラック・スワン」に出ていたのを思い出した。あの挑発的で強い瞳が印象的だ。

ただのぬいぐるみに戻ってしまったテッドが、ロニーの願いにより再び息を吹き返してめでたしめでたしのおバカコメディー。




映画ブログランキング




【2014/01/06 00:22】 | 「た」行
トラックバック(0) |



¥3,990→¥1,995


原題:CONVICTION
監督:トニー・ゴールドウィン
出演:ヒラリー・スワンク、サム・ロックウェル、ミニー・ドライヴァー他
製作:2010年アメリカ
上映時間:107分


ストーリー:

貧しい家に生まれ、どんな時でも寄り添って生きてきたベティ・アンと兄のケニーは、大人になった今でも仲の良い兄妹だった。
だがある日、突然ケニーが殺人容疑で逮捕されてしまう。
終身刑を言い渡されたケニーの無実をただひとり信じるベティ・アンだったが、厳しい生活の中、弁護士費用を工面できるはずもなかった。
何としてでも兄を救いたい彼女は、すべてを投げうって弁護士資格を取る決意をする。
それは、想像を絶する戦いの始まりだった。


  


1週間で3度見てしまった。
やはり私は実話を元に映画化されたストーリーが好きみたい。

親の愛に飢え育った兄と妹。
2人の絆は子供の頃から変わらず強い。

幼い頃から大人になっても何かと警察に目を付けられるケニー(サム・ロックウェル)。だが、誰もが彼を好いている。憎めない奴だと慕っている。

サム・ロックウェルってこういう役が合う。
どこか適当な雰囲気が漂う役。実際の彼は真面目で大人しいらしいけれど。

まだDNA鑑定のなかった時代、同じ血液型というだけで犯人に仕立てられてしまったケニー。冤罪と信じるベティ・アン(ヒラリー・スワンク)は、失望から自殺を図ったケニーを前にある決心を固める。

弁護士になるから、決して自殺はしないでとケニーに約束させる。高校卒業資格から取らなければならなかったのだから、相当な努力をしただろう。夫は家を出、息子2人の世話をしながら大学に通う。

結果として、長年かかったが弁護士になり、そこからまた山あり谷ありでじれったくもあったが、ケニーは18年ぶりに無罪放免、釈放される。

自分を殺人犯だと信じて疑わなかった娘の誤解も解け、再会を果たす。

ベティ・アンを支えた、共に弁護士になった女友達ロザンナの助けがなかったら、ベティは前に進むのがだいぶ遅れていたと思う。テーマが兄妹愛だから、友情はあまり大きく取り扱われなかったけれど、ロザンナの功績は大きい。

そして、ベティの息子2人も偉かったと思う。
多感な時期も、必死な母親のじゃまをしないようにと、とても物わかりが良く素直な良い子達。もし彼らが問題児だったとしたら、ベティの苦労はもっと大きかったに違いない。

そして兄を刑務所から出すために尽力してくれた有名弁護士の力添えなど、多くの人に助けられ、ベティは目標を達成した。

弁護士として生きて行くかどうかなど全然考えていなかったと思う。世間に兄を冤罪と認めさせ、刑務所から出してあげたかった。ただそれだけ。

ベティ本人と監督の対談コーナーで、私達ほど絆の深い兄妹はいないと思う、とベティが述べていたが、確かにその通りだ。兄のためにここまで自身の生活や人生を大きく変えることを受け入れる妹なんてまずいないだろう。

愛の深さ、絆の深さに感動した作品。

作品中では言われなかったが、ケニーは刑務所を出て半年後に交通事故で死んでいる。なんという人生。だがきっとその半年はものすごく幸せだったに違いない。20歳になる娘とも再会でき、その笑顔を見ることもできたのだから。

兄妹愛だけではなく、警察の陰謀も描かれており、その時代背景を知ることもできる。

ヒラリー・スワンクのなりふり構わず信念に突き進む演技は、どこか「ミリオン・ダラー・ベイビー
」を思い起こさせ、引き込まれた。



ディア・ブラザー



映画ブログランキング





【2012/11/12 20:08】 | 「た」行
トラックバック(0) |


¥3,360→¥2,520


原題:THE TREE of LIFE
監督:テレンス・マリック
出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン他
製作:2011年アメリカ
上映時間:138分
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン


ストーリー:

若い頃に弟に死なれたジャックは、仕事で成功し中年にさしかかった今も、子ども時代のトラウマに囚われていた。
1950年代半ば、中央テキサスの田舎町で暮らしていた10代のジャック。
夢のように美しい風景に包まれていながら、彼の生活は、強権的な父親に完全に支配されていた。
「男が成功するためには、なによりも力が必要」と信じ、自分の信念を息子たちに叩き込もうとする父親。
我が子に無償の愛を注ぎ続ける聖母のごとき母親。そんな相反する両親に挟まれ、翻弄されるうち、幼かった少年はやがて純真さを失い、そんな自分に傷ついていく…。
時が経っても痛みを伴う回想の中で、ジャックは心の平安にたどりつけるのか?


 


ブラッド・ピットとショーン・ペンが共演ということで、多少話題になったはず?だが、期待したほどの共演シーンはほとんどなかった。

役柄としては、少年の父親がブラピ。少年が成長したのがショーン。

哲学的な映画だったと思う。生きることと死ぬこと、神様とは、愛するとは、憎しみとは、などを、主人公の少年の心の声を中心に描く。頻繁に、心の内で神に語りかけるシーンがある。

冒頭で、3人の中の誰か子供が死んだのだと悟らせるシーンがある。父親と母親の悲嘆に暮れる姿。後にそれは二男だとわかる。

ツリー・オブ・ライフ

全体を通して、台詞らしい台詞はほぼない作品。表情や流れで登場人物達の気持ちを描く。

台詞と言えば、父親役であるブラピが、子供を教育する数々のシーンで口にする言葉が一番目立つ。

真面目で教育に厳しい父親であるが、愛情があるからこそ、子供たちを甘やかさず育てていた。人が良すぎると利用される人間になってしまう。そのようにはなるな。強くなれ、と、しょっちゅう言葉にしていた。

3人兄弟はまだ幼いから父親には逆らえず、母親も口出しは一切なし。父親がいない時だけ、子供たちははしゃぎ、母親も笑顔でいっしょに走り回る。

だからといって、理不尽な暴力を振るったりは絶対しない父。たまには子供たちと笑顔で遊ぶシーンもあった。

だが、多感な長男(確か11歳。のちのショーン・ペン)は、内心強烈に父親に反発心を覚える。幼い子供には、父親の言動や行動は愛情というよりただの理不尽なふるまいにしか見えなかったのだろう。仕方のないことだ。

しまいには、父親を殺してと心の内で神に願う。幸い、幼心に芽生えた小さな殺意は、それ以上大きなものになることはなかった。父親も、偶然死ぬなんて設定はなし。

愛がありながらも厳しい父親役を、ブラピが真剣に演じていた。

ツリー・オブ・ライフ

母親は、どうせ言っても無駄とばかりに一切子供たちの父親に口答えしないが、その姿には苛立った。なるべく声を発しないようにした作品だろうから、あえて母親に台詞を与えなかったのはわかるのだが。

最後は、一家と他のたくさんの人達がどこまでも続く海辺を歩く穏やかなシーン。天国へ続く道のように見えた。ここでは父親も母親も子供たちもみな笑顔で幸せそうだ。ショーン・ペンもいる。

透明感のある終わり方をしているが、観ていて楽しくなる映画ではない。色々な愛の形を考えるきっかけにはなると思う。

それにしても、冒頭の30分近くあったと思われる抽象的なシーンはあまりにひどすぎるのでは。あの長時間は、信じられなかった。退屈極まりなかった。自然が開花し成長していくような、少しスピリチュアルな雰囲気もあるものだった。5分にまとめるべき。

あの長時間シーンを良いと思える人は、きっとかなり心が純粋なのだろうなー。



ツリー・オブ・ライフ



映画ブログランキング







【2012/11/02 01:00】 | 「た」行
トラックバック(0) |


¥2,500→¥1,489


原題:Thelma & Louise
監督:リドリー・スコット
出演:スーザン・サランドン、ジーナ・デイヴィス、ハーヴェイ・カイテル他
製作:1991年アメリカ
上映時間:128分
配給:松竹富士


ストーリー:

旅の途中での偶発事件をきっかけに、鮮やかに自己を解放していく女性2人を描いた女だけのロードムービー。



突発的な行動により、人生ここまで変わるのかと驚き、なぜか最後は感動してしまう作品。

何度か観ているが、そのたびにラストシーンが泣ける。

主人公の女性二人が追いつめられて車ごと谷底へジャンプするという自殺シーンなのに、その清々しさに泣けてしまう。二人は涙を流しているのに笑顔だから。そして後悔しないと決めた瞳をしているから。

難しい演技だったと思う。
だが、スーザン・サランドンだもの、見事応えて素晴らしい演技だった。

死ななくてもいいのに、という思いと同時に、だけど二人にとってこれは人生のハッピーエンドなのだ、と自分を言い聞かせる気持ちも沸いて来る。



日常にいらつき、ストレスを抱える親友ふたり。
ルイーズ(スーザン・サランドン)とテルマ(ジーナ・デイヴィス)。

ちょっと現実逃避旅行へ、と車で出かけた二人だが、さっそくその晩、ひょんなことでたまたま出会った男性を撃ち殺してしまう。どう考えたってその男が悪かったのだが、人殺しは人殺し。

そこから二人の逃避行が始まる。

本来なら切羽詰まったシーンが押し寄せるはずだが、二人はどんどん明るく大胆になっていく。今までの生活で抑制されていたものがどっとあふれ出したかのように、銃を向けて食べ物を盗み、脅し、警官を車のトランクに詰めるなんていう行動にまで至ってしまう。

だけど、どれも楽しんでやっているのだ。

開き直ってもいたのか?

なかなか自分を置き換えて考えることは難しいけれど、なぜか二人に共感する。わかる、と思ってしまう。同じ立場なら、自分もその状況を楽しんでしまうのかも。

いやでもやはり相方次第か。

それで良かったの?良かったんだよね。と、必ず心で問いかけるラストシーン。手をつなぎながら車ごとダイブする二人が、とてつもなくカッコよく見える、好きなシーンだ。


テルマ&ルイーズ


映画ブログランキング


【2012/08/24 00:20】 | 「た」行
トラックバック(0) |

女性版「俺たちに明日はない」
間諜X72
と呼ばれてますね。あるいは「明日に向かって撃て」。
ルイーズがなぜ突然ブチ切れて男を射殺したか?
それがわかる場面は悲しいですね。
スーザン・サランドンもジーナ・デイヴィスも私生活では40代の高齢出産。バイタリティがある二人です。

この映画ではハーヴェイ・カイテルが珍しく(?)悪人では無い役。それが斬新でした。

>間諜X72さん♪
キャメロン
コメントありがとうございます♪

貫禄がついた現在の年老いたハーヴェイ・カイテルも素敵ですが、
会ったことのない2人に情を寄せる、優しい警部姿も良かったですね。
彼だけが2人のことを理解していたのかも…。

スーザンにジーナの抜擢は正解でしたね。
実はもろいのにタフに見せる、でもやっぱり強さもある、
という役柄を、それぞれが上手に演じ切っていたと感じます。


ハーヴェイ・カイテル
間諜X72
>会ったことのない2人に情を寄せる、優しい警部姿も良かったですね。
彼だけが2人のことを理解していたのかも…。

僕もそう思います。

初めて彼を見たのは「アリスの恋」です。
DV男役です。
僕はハーヴェイ・カイテルと言えば、DV男のイメージを長年引きずっていました(笑)。
シルベスター・スタローン主演「コップランド」の悪役も好演です。

>スーザンにジーナの抜擢は正解でしたね。
実はもろいのにタフに見せる、でもやっぱり強さもある、という役柄を、それぞれが上手に演じ切っていたと感じます。

そこなんですよ!良いコメントをありがとうございました!

>間諜X72さん♪
キャメロン
お返事ありがとうございます。

「アリスの恋」はまだ観たことがありません。
マーティン・スコセッシ監督なのですね。
いつか観てみたいと思います。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。