映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



8月の家族たち




原題:August: Osage County
監督:ジョン・ウェルズ
出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー他
製作:アメリカ
上映時間:121分
配給:アスミック・エース
オフィシャルサイト



ストーリー:

オクラホマの片田舎。
父親が突然失踪したことをきっかけに、病気のため毎日薬漬けの日々を送る毒舌家の母ヴァイオレットの下に、娘たちが久しぶりに集まる。
長女バーバラは浮気した夫と別居中で、反抗期の娘にも手を焼いている。
一方、次女カレンは婚約者を連れてきて、三女アイヴィーも恋に夢中。
自分勝手な母親とそれぞれの人生を歩む娘たち、そして彼女らを取り巻く男たちの本音が次第に明らかとなり、家族の秘密が暴かれていく。




8月の家族たち1


メリル・ストリープの周囲に煙たがられる年老いた役と、感情丸出しで母親に対するジュリア・ロバーツの演技が迫力があった。
両者とも、女性としての美しさを見せようとしない気取らない演技だった。

それにしてもメリル・ストリープ演じる母親ヴァイオレットは、こうはなりたくないと思わせる年寄りっぷりだった。
相手が嫌がることを口にしたり苛立たせる名人。
本当は寂しく孤独を感じているのだろうが、年老いたら可愛く健気でいたほうが周囲に愛されるに決まってる。

ジュリア・ロバーツ演じる長女バーバラは、母親への苛立ちを酸姉妹の中で最も抱える役柄。
実は根底には愛が潜んでる、というもどかしい演技が見事だった。
作品の予告シーンにもあるが、愛しているからこそ憎らしいという演技をしっかりやってのけた。

8月の家族たち2


衝撃のラストシーンというのは、次女が愛した男性が実は血のつながった兄だった、ということを指すのだろう。
確かにそう来たかとは思ったものの、次女とその相手の存在感がそれほどなかったため、「衝撃」というほどの起承転結は生まなかったと感じる。

母のもとを去ったバーバラが車を降り、ふっと微笑むシーン。
たったこれだけで、映画の全貌を語っていた。
口にせずとも、憎たらしいけどそれでもやっぱり母親だから愛してる、という想いが凝縮されていた。

どこの家にもありそうな身近な親子のやり取りに注目。



8月の家族たち



映画ブログランキング


スポンサーサイト




¥3,980→¥3,004


原題:Gone

監督:エイトール・ダリア
出演:アマンダ・セイフライド、ジェニファー・カーペンター、ダニエル・サンジャタ他
製作:2012年アメリカ
上映時間:94分
映倫区分:G
配給:ショウゲート
公式サイト



ストーリー:

全米で社会問題化している「ミッシング・パーソン(=人が消える)」という不条理な現象を題材に描くスリラー。
1年前に何者かに拉致・監禁されたと訴える女性ジル。
しかし、警察の捜査でも証拠は何も見つからず、ジルは心の病からくる虚言症と断定され、捜査は打ち切られてしまう。
しかし後日、今度は妹モリーが失踪してしまい、ジルは同じ犯人の仕業だと主張するが、警察は聞く耳を持たない。
孤立無援の状況下で、ジルは原因不明の失踪現象の裏に渦巻く真実に迫っていく。


  


拉致・監禁されたのに、警察が信じてくれず精神病扱いされるなんてどんな気持ちだろう。

信じてくれるのは、唯一の家族である妹だけ。父と母はすでにおらず、登場人物が限定される分だけ、物語に集中しやすいかもしれないが。

ファインド・アウト1

ジル(アマンダ)のほうが頭がおかしくて、警察の言っていることが正しいのではないかと思う場面もちらほらあった。

最初の方のシーンで訪ねた隣人や、車の持ち主を追って訪ねた先での従業員がいかにも怪しい影のある男達だったので、そう思ったのだ。

だが話が進むにつれ、ジルの中で早くも犯人は一人の男に絞られる。実際にその男なので、犯人を推理する物語ではないことを観客は知る。

ファインド・アウト2

ジルと同じように拉致・監禁された妹は、実は自分の家の床下に隠され、犯人の目的はジルだったことが後からわかる。

1年前に逃げられたジルに復讐をしたかったのだ。

形振り構わず必死に妹を探し続けたジルは、その無事を知りほっとすると同時に、犯人の落ちた洞穴にガソリンとランプを投げ入れ、燃やし殺す!

実に冷静な行動だったが、正しい選択だったと思う。こんな変態野郎、また同じことを繰り返すに決まっているもの。

自宅へ戻り妹と抱き合うジルは、集まる警察に「何もなかった」「ただの妄想だもの」と落ち着き払って言う。

一番賢かったのはジルだ。

サスペンス・ストーリーなのだが、見方を変えれば、姉妹愛物語とも言えるかも?

アマンダ・セイフライドは笑顔が魅力だが、今作ではほとんどそれが見られなかったのが残念だ。だが違うアマンダの一面を見られた。


ファインド・アウト


映画ブログランキング





【2014/01/16 23:35】 | 「は」行
トラックバック(0) |


¥3,360→¥2,520


原題:THE HELP
監督:テイト・テイラー
出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー他
製作:2011年アメリカ
上映時間:146分
配給:ディズニー
映倫区分:G
公式サイト


アカデミー助演女優賞:オクタヴィア・スペンサー(ミニー)


ストーリー:

1960年代、人種差別が横行していたアメリカの田舎町に変化をもたらした実在の女性たちについて記したベストセラー小説を映画化した人間ドラマ。
白人家庭でメイドとして働く黒人女性たちとジャーナリスト志望の若い白人女性との友情を通して、社会に対して立ち上がる勇気を描いていく。


 


これは是非映画館で観ようと思っていたのに逃してしまっていた作品。ツタヤでのレンタル開始後も、しばらくずっと貸出し中が続き(けっこうな量が揃えられたいたのに)、準新作になりようやく借りられた。

1960年代のアメリカ、ミシシッピ州が舞台。
アメリカ南部の黒人差別の酷さについては知っているつもりだが、この作品ではコミカルにユーモラスに描いてもいて、白人みんなが悪い人間じゃないんだよ、というようなことも主張されているように感じた。

だけど主となるテーマはそこではない。

白人に雇われる黒人家政婦たちが、小説家を目指すスキーター(エマ・ストーン)に力を貸し、自分達の仕事や取り巻く環境について語り、それが1冊の本になる、という、ミシシッピでは前代未聞の話。

ヘルプ 心がつなぐストーリー1

大学を出、実家に戻って来たスキーターは地元の出版社で働き始める。

意志の強さを感じさせるまなざし、はっきりした口調、折れない信念など、エマ・ストーンは上手に演じていた。一応ボーイフレンドができもするけれど、それより彼女には大切なことがあったため、恋愛物語的要素はほとんどなし。

スキーターも生まれた時から黒人女性(コンスタンティン)に世話をされ、その母もまた…と、白人一家に黒人女性の家政婦がいるのは当たり前のことだった。

のちに、母親のように慕っていたコンスタンティンを、自分の母が解雇したこと、そしてその理由を知り、深く心を痛める。でも予想以上に立ち直りが早くてちょっとコケたけど。

ヘルプ 心がつなぐストーリー3

そんな家政婦に多少人間らしい想いを寄せる白人もいた。スキーターの母親もその一人。だがそんなのごく一部。たいていは「同じトイレなんか使ったらどんな病気がうつることやら」というようなことを当然のように口にし、そういう思考に染まった白人ばかり。

地位と収入のあると思われる男性と結婚をし、子供をもうけ、家事や子育ては黒人家政婦にさせ、日中は近所の奥様同士チャラチャラとお洒落をして優雅な時間を過ごす白人妻達。それが当然進むべき道と信じ、最高のステイタスとでも言うかのように。

くだらない。イライラする。

が、この時この土地では普通のことだったのだろう。

同じトイレを使うのも嫌、という黒人家政婦に、自分の子供をすっかり預ける心境がどうしてもわからなかった。それほど蔑視している人間に、宝物である我が子の世話全般をさせるなんて、一体どういう思考回路なのだろうか。どの白人女性も自分の子供への愛情がものすごく薄く描かれていたのだが、それも原因しているのだろうか。産んだらそれで終わり?愛情はなかったの?

さておき、スキーターのような女性は稀だったに違いない。

黒人家政婦が白人家庭でどんな待遇を受けているかを赤裸々に語らせた本を出そうというのだから。

最初はそんなことをしたら仕事を失う、下手したら命さえも…と口を閉ざしていた黒人家政婦達だったが、エイビリーン、ミニーに続き、口を開き始める。話し始めたが最後、きっと皆口が止まらなかっただろうな。今まで抑えこんでいたものはけ口を見つけたんだもの、次から次へとエピソードが出て来たはず。

ヘルプ 心がつなぐストーリー4

2人は親友同士。互いに支え合いながら笑顔でつながる。

エイビリーン(右:ヴィオラ・デイヴィス)は、白人のむごい仕打ちにより息子を失い、心に負った傷が癒えない日々を送る。ミニー(左:オクタヴィア・スペンサー)は、途中、子供達を抱え夫の暴力から逃げる。

きっとこの時代、多くの黒人女性達が心にも体にも癒えない傷を負っていたことだろう。想像するだけで涙が出て来る。

それでも、子供のため、そして自分が生きるため、安い賃金で白人に虐げられながらも必死に働く。

エイビリーンは、死んだ息子が「きっといつか我が家から作家が出るよ」と誇らしげに語っていた通り、思慮深い賢い女性。感情を殺し、黙々と働く。ちなみに、彼女が語る形で物語は進行する。

対してミニーは夫の暴力で恐れおののく一面を除けば、肝っ玉母ちゃん風。この辺りでは一番の料理の腕前を持つと言われ、言いたいことははっきり口にする(仕事以外で)。見た目もアニメキャラっぽくてかわいい!アカデミー賞助演女優賞受賞おめでとう!

ミニーが、自分をクビにした高飛車で横柄な白人女ヒリーにした仕返しには度肝を抜かれた。手作りのケーキ(パイ)に自分の何かしらを混ぜ込むのだから。あの時のヒリーの驚愕と吐き気をもよおした顔が忘れられない。笑えた。そしてそれは後々ずっと笑えるネタとして作品の中で使われていく。

2人の友情やミニーの強さに、こちらの気持ちが少し救われた。どんなにつらい状況でも、笑顔があるとないとではこんなにも人に与える影響って違うのだなぁとしみじみ。

ヘルプ 心がつなぐストーリー2

ミニーがクビになった後に勤め始めたのが、シーリア(ジェシカ・チャスティン)の家。マリリン・モンローを思わせるイメージのシーリアは、他の土地から移り住んで来たことと、元来の純粋な性格から、黒人への偏見を一切持たない。ふわふわしたお嬢様イメージのシーリアもまた、流産を繰り返すという心へのダメージを背負っているのだが。

純粋で空気が読めないシーリアは後にトラブルも起こすが、とにかく「良い白人」の代表として作品中で描かれる。料理を教わる姿やその他の行動を見ていると、まるでミニーのほうが立場が上かのように錯覚してしまいそうなシーンもあり、心が和んだ。友達のような、家族のような、そんな温かさを感じた。

ミニーはもちろんシーリアを「奥様」と呼ぶが、心の中では放っておけない妹のように感じてもいたのではないだろうか。とは言え、しっかり一線を置くミニーだもの、この人は雇い主なんだということは自分に言い聞かせていたに違いはないのだが。

とにかく、ミニーとシーリアのやり取りが作品に安堵の空気感をもたらしていた。ラストに登場するシーリアの夫もとても素晴らしく、「できたら一生うちで働いてもらえませんか」とミニーに頼むシーンが、またじーんときた。

出来上がった空色の本「ヘルプ」は、瞬く間に狭い世間の話題となる。恥をさらされたヒリー(ミニーをクビにした白人女)がだんだん我を忘れて行く姿が笑えた。観ている人皆が、ざまー見ろと思ったはず。

ヒリーのひねくれた性格により、ラストシーンではエイビリーンもまたクビにされてしまうのだが、言いたいことをはっきりと言い切った姿がかっこ良かった。ヒリーになんて哀れな人と言い放ち、雇われ先の母親に、もっと娘のことを見てあげてと強い口調で迫る。

優しく強く賢いエイビリーンは、涙を流しながらも潔く歩き続ける。顔を上げて現実に立ち向かって行こうと決意した彼女の姿に泣けた。そして心の中で強い声援を送った。

アメリカの黒人差別をテーマにした作品は重く暗く、第三者のこちらも立ち直れないほどのショックを受けるものが少なくないが、「ヘルプ」は心の傷は描きつつあえて軽やかに作られていて、新たな風を感じた。

1週間で3度観ちゃった。


ヘルプ 心がつなぐストーリー


映画ブログランキング




【2013/04/25 00:11】 | 「は」行
トラックバック(0) |


¥1,500→¥1,000


原題:2 DAYS IN PARIS
監督:ジュリー・デルピー
出演:ジュリー・デルピー、アダム・ゴールドバーグ、ダニエル・ブリュール他
製作:2007年フランス、ドイツ
上映時間:101分
配給:アルバトロス・フィルム


ストーリー:

パリを訪れた倦怠期のフランス人とアメリカ人のカップルがさまざまな危機に遭遇するラブコメディー。
この2人の間に横たわる大きなカルチャーギャップを、日常のささいな事柄から面白おかしく検証する。






ドキュメント映画のような作品だった。

2007年のものでそう古いわけでもないが、ザラザラとした古さを感じさせるような質感の映像で、撮り方もわざと素人っぽくというか、雑な印象を持たせるもので、それが作風と合っていた。

インテリアデザイナーのアメリカ人男性ジャック(アダム・ゴールドバーグ)と、フォトグラファーのフランス人女性マリオン(ジュリー・デルピー)の恋人が旅をする話。

ベネチアに旅をした2人は、その足でマリオンの実家パリへ寄る。そこでの出来事が主なストーリー。

2年付き合ってマンネリ化した男女、という設定だが、日本人の言う倦怠期よりはだいぶましに思われた。相手を避けるでもなく会話がないでもなく、ふつうに友達のように過ごしていたから。

パリ、恋人たちの2日間

だが、マリオンの昔の男友達だか恋人だかわからない連中が次々と顔を出し、ジャックの気持ちが落ち着かなくなる。単なる焼きもちなのだが、男のプライドもありそれを認めたがらない。

苛立ちを露わにするジャックに対して、やはり女性は大人だ、マリオンは平然としている。過去は過去で、現在やましいところがないから余裕を保っていられるのだ。

マリオンの風変りな父親や、パリの人間にとまどい苛立ちながらも、社交的に接しようと努力するジャック。

感情の揺れは色々あったけれど、結局はあなたじゃなくっちゃ、というラストシーン。

たわいない恋人同士の旅物語。


パリ、恋人たちの2日間



映画ブログランキング





【2013/01/14 19:35】 | 「は」行
トラックバック(0) |


¥2,625→¥1,100


原題:A Beautiful Mind

監督:ロン・ハワード
出演:ラッセル・クロウ、エド・ハリス、ジェニファー・コネリー他
上映時間:134分
製作:2001年アメリカ
配給:UIP

第59回ゴールデン・グローブ賞:作品賞
主演男優賞はじめ4部門を獲得


ストーリー:
大学院に入る前から天才数学者と呼ばれていたナッシュは、その才ゆえに精神を病む。
集団における個人の意志決定メカニズムを定式化した“ゲーム理論”を構築し、後の経済学理論に大きな影響を与えノーベル経済学賞を受賞した実在の天才数学者の数奇な人生。


 

公開当初以来だから、10年ぶりくらいに観たことになる。
その頃、ラッセル・クロウが好きで、特に今作での彼の演技力は素晴らしく、強く印象に残った。

実在するジョン・ナッシュ(1928年生まれ)が主人公。物語は1947年プリンストン大学院。学生だったナッシュが年老いるまでを描く。

今作のおもしろいところは、観客も物語の前半は騙されること。

ナッシュが関わる3人の人間と彼が身を置く環境は、彼の頭の中だけにある架空のもので、実在しないということ。ナッシュは精神分裂症だったから。

自称人間嫌いの変わり者ナッシュ(ラッセウ・クロウ)は、友人はいるけれど、一番気を許せるのはルームメイトのチャールズ(ポール・ベタニー)だった。

ビューティフル・マインド

国家機密に関わり、彼を危険から守るパーチャー(エド・ハリス)。チャールズの死んだ姉の残した子供。

この3人が、実は想像上の人物であるとは、観客も最初は気づかない。国家機密に関わってるなんていうのも空想。そこがこの映画の作りのうまいところ。

ビューティフル・マインド

恋愛なんてできないと思ったナッシュだが、好意を寄せる彼の生徒であったアリシア(ジェニファー・コネリー)と結婚。男の子を持つ。途中、赤ちゃんをお風呂に入れっぱなしで気がふれたシーンは、我が子を死なせやしないかとひやひやしたが、アリシアが駆けつけて回避。

アリシアも、ナッシュの頭がおかしいことには結婚後も気づかなかった。何せもともと変わり者だと思いつつ情を抱いていたので、それが病気だとは考えもしなかったのだろう。親友だというチャールズの話も実在するものとして信じていた。

天才と馬鹿は紙一重というが、頭が良すぎるがために精神を病んでしまう人間がいるのだということを、まざまざと見せつけられる。実話だからリアリティがある。

研究への熱意は生半可なものではなく、没頭しすぎておかしくなったナッシュ。部屋中にべたべたと新聞や雑誌の切り抜きを張りめぐらし、そこには謎の数字や文字を書きこまれている。数字に取りつかれた彼らしいが、少しぞっとするシーンだ。

妻アリシアやローゼン医師(クリストファー・プラマー)、友人たちの力を借りて、なんとか幻影と戦うナッシュ。最初は自分が幻影を見ているなんて認めなかったが、ようやく受け入れるようになるのだ。

ラストシーンのナッシュはおじいさん。
卒業大学で出世を遂げた昔の友人ハンセン(ジョシュ・ルーカス)の力を借り、図書館で自身の研究に没頭するようになるナッシュ。

周囲の大学生は彼を変人奇人扱いするが、少しずつひとりふたりと彼に歩み寄るようになる。図書館の机を囲み5人ほどの学生と話をするナッシュの姿が微笑ましくてジーンとした。
それを見つめるアリシアも同じ気持ちだったろう。

そんな心を病んだナッシュの理論がノーベル賞を受賞することになり、周囲からの敬意を得、ハッピー・エンド。
大勢の観客を前に、一直線の視線をアリシアへ注ぎ、感謝の気持ちを伝える感動シーン。

最後の最後まで幻影は消えることはなかったが、それが現存しないことを認めたナッシュは、静かにそんな自分を受け入れることにしたのだ。それは彼が前に進もうとする決意であり、強さを要する姿勢だったと思う。

心理的サスペンスというのだろうか。
幻影と見せつつ実はやはり現実?と途中思わせるシーンもあったり、ノンフィクションとは思えないハラハラ感がいい。

そして、役柄同様、その役に没頭しているかのような迫真の演技を見せてくれたラッセルに拍手!
彼自身が本当に気が病んでしまったのではないかと思わせるほど、真に迫っていて感動した。


ビューティフル・マインド





映画ブログランキング








【2012/12/14 00:53】 | 「は」行
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。