映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


¥1,500→¥999


原題:Rebel Without a Cause
監督・原作:ニコラス・レイ
出演:ジェームズ・ディーン、ナタリー・ウッド、サル・ミネオ、デニス・ホッパー
制作:1955年アメリカ
上映時間:111分


ストーリー:

「エデンの東」に続くJ・ディーンの主演第2作目であり、遺作。
赤のスウィングトップにブルージーンズというディーンの決定的かつ伝説的なイメージは、この作品のコスチュームによるものである。

主人公は、両親との交流の不在から非行に走る17歳の少年ジム。
度胸だめしのチキン・レースを暴走少年グループに挑まれた転校生の彼は、勝負に勝つが、相手が崖から車ごと転落するという事故に遭遇。
やがて警察に追われる身となり、ある悲劇を招いてしまう。
少年期特有の孤独と気概と不甲斐なさを同時に体現するディーンは、まさにハマリ役。
ニコラス・レイならではの色彩設計も際立ち、特にジムがたてこもるプラネタリウム館におけるシークエンスは異様な迫力に満ちている。

映画ブログランキング




最近またBSで映画放送がはじまってうれしい♪
「理由なき反抗」もそんなBSのを録画して見た。

なんとなーく内容知ってるような知らないような・・・そんなはっきりしない印象だったのがこの映画。

ジェームズ・ディーンをしっかり見たいなという想いもあった。

理由なき反抗


でも、2人も同級生が死んじゃう設定だったとは!

高校生とはとても思えない大人っぽいジェームズ・ディーンがなんだか違和感あったけど。

転校してきて数日で、2人も失っちゃうとは。

ふつうに考えれば相当センセーショナルな設定だけど、まあそこは映画だからね。


思春期らしい悩みというか、葛藤がたくさん盛り込まれた内容。

親への反発、仲間でつるんで不良ぶって粋がって。
ありふれてるけど、わかりやすい。

そういう「若さゆえ」でひとくくりにされがちな設定って嫌い。

でも、ぴしっと型にはまったようなストーリー設定は、1950年代ならではなのだろうし、先々推測しやすくてよそ見しながらでも内容把握できた。

理由なき反抗2

ナタリー・ウッド扮する「マドンナ」的存在の女子の、浮ついた感情に流されやすい役柄もわかりやすすぎ。

人格形成がまったくできてなくって、底の浅い美少女な役なのね。

親にちょっと冷たくされれば家を飛び出すわ、本当は好きじゃないのに目立って強いって理由だけの男子に寄り添うわ。

でも、その一応彼氏な男子が、チキン・レースで車ごと崖から転落死したっていうのに涙さえ見せなかったシーンには引いたなー。

わなわな同様してるのはわかるんだけど、悲しくはないわとか言うし。

で、会って1日や2日のジェームズ・ディーンを彼氏を失くしてすぐ好きになっちゃうし。

女としては腹立たしいアホ女って思うけど、浅はかな女子高生と見ればまあこんなもんでしょって納得。

ジェームズ・ディーンの演技が特にうまいとは思わなかったけど、あの哀愁漂わせるビジュアルはやっぱり見る人の心をつかむ。

転校してすぐの頃に来てた茶色のジャケットは似合わなかったけど。

最後に、まとわりついてきてた憎めないキャラの男子が警察のミス発砲により死んじゃうのはかわいそうだった。

とか言いつつ、ああいうひとりよがりでわけわかんなくなって人騒がせなおぼっちゃんは、見ていてイライラしまくったけど。

その時号泣したジェームズは、まあちゃんと演技してたかなー。

理由なき反抗


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。