映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥2,990→¥1,000(送料無料)


原題:Network
監督:シドニー・ルメット
出演:フェイ・ダナウェイ、ウィリアム・ホールデン、ピーター・フィンチ、ロバート・デュヴァル、ウェズリー・アディ他
製作:1976年アメリカ
上映時間:121分
配給:ユナイト映画


ストーリー:

視聴率稼ぎに血道を上げるTV局の内幕を描いた異色のサスペンス。
ニュース・ショウの司会者ビールが、視聴率低下を気に病んでノイローゼになった。
ところが、本番中に自殺予告をしたことから、再び視聴率はあがっていく。
女重役のダイアナは彼をとことん利用して、視聴率を稼ごうとするが‥‥。

 


テレビの視聴率を上げることに、命を懸けるダイアナ(フェイ・ダナウェイ)。恋愛よりも仕事が第一。報道部長のマックス(ウィリアム・ホールデン)と不倫関係になるが、話題は仕事のことだけ。

ネットワーク

局の顔である報道番組で、ビール(ピーター・フィンチ)が自分が辞めさせられること、そして自分は自殺することを生放送で突然発言したことがきっかけで、その後の展開が大きく変わる。

本音を漏らしたビールが視聴者たちに大いに受け、視聴率が一気に上昇したのだ。そこに目を付けたダイアナが率いて、本音番組「ビール・ショウ」が誕生。なんと48%という視聴率までたたき出すようになる。

ダイアナも局も有頂天だが、そんないい時が続くはずもなく、徐々に下降する視聴率。仕事命のダイアナはイライラが止まらない。
視聴率が低下してもなお暴走発言を繰り返すビールを番組から降ろすため、あっさりと信じられない結論を出す。

なんと、生放送中に銃殺するというもの。
それを決定するまでも実に躊躇なく、はじめは「殺すなんてもちろん冗談ですよ」というジョークに転向するのかと思った。
だが、「殺すしかないでしょう」「そうだ、そうしよう」といったように淡々と殺人は決まり決行される。

ビールが殺されるシーンは短く、あっという間だった。

ネットワーク

殺すというのは映画だから置いておくとしても、テレビ局が視聴率を獲得するにはいかなることでも実行するのだということを示したような映画。

そして、視聴率の上下で一喜一憂する人間たちを少しあざ笑っているような気もした。


ネットワーク


映画ブログランキング



スポンサーサイト

【2012/03/25 00:21】 | 「な」行
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。