映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,500→¥1,140


原題:Patch Adams
監督:トム・シャドヤック
出演:出演:ロビン・ウィリアムス、ダニエル・ロンドン、モニカ・ポッター、フィリップ・セイモア・ホフマン他
製作:1998年アメリカ
上映時間:116分


ストーリー:

ジョークを連発するユニークな療法で人々の心と体を癒す実在の精神科医パッチ・アダムスの若き日を描いたヒューマン・ドラマ。


ロビン・ウィリアムスどんぴしゃはまり役の「パッチ・アダムス」。笑えるし泣けるし感動するし、大好きな作品。実話が元になっているから、想い入れも高まる。

パッチ・アダムス

主人公アダムス(ロビン)は、自殺未遂をし、自ら精神科に入院した過去を持つ男性。そこで出会った患者たちから様々なことを学ぶアダムス。全ては「人の心」次第だと。心があれば病気は治ると。

その後退院し、医師になるべくヴァージニア大学の医学部に入学。若い医学生に混ざり、おじさん一人実にマイペースで患者達と接する。

パッチ・アダムス

当然のごとく学部長には目を付けられるが、ユーモア満載で患者と接する姿勢は変えない。しかも、学部長にとって厄介なことに、彼は成績がいつもトップクラス。

彼がしたかったのは、とにかく患者を笑わせること。心を開き、笑顔を見たい、その一心で我が道を進む。医師になり、自らのやり方で患者達と向き合いたいと切に願う。

こんなお医者さんがいるなんて。

いや、探せばどこかにいるのだろうけど、実際に出会ったことがないので興味深い人物像。

出世もお金も興味なし。ただひたすら患者のことだけを考えるまっすぐさ。

パッチ・アダムス

想いを寄せていたカリンと、無料治療院を開設し、着々と夢に向かって進んで行っているかに見えたが、悲惨な事件が起こる。

治療院に来ていた一人の男性に、カリンが殺されてしまうのだ。その男は、カリン殺害後自殺する。精神的に不安定だったことを見抜いていたカリン。そんな見方をしてはだめだとたしなめるアダムス。結果として、アダムスの読みが甘かったこととなる。

カリンを失い、アダムスは自分を責め続け、治療院への意欲も失い、医師を目指すことさえやめようとする。

だが一人のおばあさん患者によって再起し、最終的にトップクラスで卒業。初志貫徹、医師となる。

決してスムーズには行かない彼の人生だが、その人柄と情熱に信頼を寄せる人間はたくさんいる。
やはり人間ココロが大切なのだと実感させられる。

ここまでの情熱を持ったお医者さんに出会ってみたいな。

カリンが死んだことは予想外でとても悲しかったが、そこから這い上がったアダムスに感動した。


パッチ・アダムス


映画ブログランキング




スポンサーサイト

【2012/08/27 15:26】 | 「は」行
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。