映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




¥3,990→¥2,993

原題:One day
監督:ロネ・シェルフィグ
出演:アン・ハサウェイ、ジム・スタージェス他
製作:2011年アメリカ
上映時間:107分
配給:アスミック・エース
公式サイト



ストーリー:

しっかり者のエマと自由奔放で恋多きデクスターは、互いにひかれ合いながらも友人でいることを選び、親友として毎年7月15日を一緒に過ごすと決める。
旅行や恋愛相談など友人としての交際を続けながらも、エマは秘かにデクスターを思い続けていたが、あるときデクスターから別の女性と結婚することを告げられ……。

  


エマ(アン・ハサウェイ)とデクスター(ジム・スタージェス)が、大学の卒業式で互いに面識を持ち、そこから始まる23年間を描くラブストーリー。

ワン・デイ 23年のラブストーリー1


エマは在学中に密かにデクスターに想いを寄せていた。だけど、恋多きデクスターはさえないエマの存在を気にもとめていなかった。卒業式で出会い、そのままなだれこむようにエマの部屋へ行く。このあたりがいかにもアメリカ映画らしい。

そこから、友達以上恋人未満といった関係が長年続く。互いには良い友人でいようと話したのだけれど。そして、年に1度、7月15日に会うようになる二人。

映画では、毎年巡って来るこの「7月15日」だけをピックアップして話をつなぐ。

なんだか現代版「織姫と彦星」のようだ。
だけど、七夕が雨だったらその年は会うことが叶わない織姫と彦星よりエマとデクスターのほうがましか。

ワン・デイ 23年のラブストーリー2

二人で旅行をし海辺で時間を過ごそうとも、友達は友達。
上は日焼け止めを塗ってあげているところ。

だけど本当は二人とも気付いている、相手に対する恋心を。なのにお互い近寄ろうとして近寄り切らない。

このあたりがもどかしくて仕方ない。
別にくっつけばいーのに、と乱暴に思ってしまったり。

見所は、アン・ハサウェイが年を追うごとに美しく変貌して行くところだろう。最初はメガネでファッションも野暮ったかったエマが、教師になり小説を書くようになり、どんどん洗練されて行く。

ロングヘアもいいが、やはりアンはショートカットが似合うわ。長い首が強調される。

そんなまぶしいエマに対し、テレビ番組に出演しつつもその内容もくだらないもので、どんどん心も生活も荒んで行くデクスター。自堕落になりながらも常に心にはエマがいるのだけれど。

ワン・デイ 23年のラブストーリー3

じれったい関係にも、ようやく終止符が打たれる。

エマが恋人を断ち切りデクスターの胸へ飛び込み、結果ようやく二人は結婚。すでにこの時デクスターは離婚をし一人娘がいる状態。

本当は、卒業式のこの日から、二人は切っても切れない運命だったのに。出会って20年ほどでようやく結ばれるなんて長すぎ。

なのに、映画ですからね、エマは交通事故であっけなく死んでしまう。2人で子供が欲しいねと話し、なかなかできなくてイラついたことをエマが留守電で詫びた翌日に。再び自分を見失うデクスター。父親や娘や元妻のおかげでなんとか立ち直るが。

もやもやっとしたラブストーリーだった。


ワン・デイ 23年のラブストーリー



映画ブログランキング



スポンサーサイト

【2013/08/26 21:16】 | 「わ」行
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。