映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


¥3,990→¥3,591(送料無料)


原題:The Queen
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ他
製作:2006年イギリス、フランス、イタリア
上映時間:104分
配給:エイベックス・エンタテインメント


ストーリー:

1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いた衝撃のドラマ。
事故からダイアナ元妃の国葬が執り行なわれる数日間の英国王室、エリザベス女王の一挙手一投足にスポットを当てる。
これまで語られなかった“あの日”を鋭い視点で描き出す。

  
映画ブログランキング


イギリスの王室については、とにかくドーンと女王の存在があって冷ややかな印象が強いです。日本のメディアにエリザベス女王はほとんど姿を見せませんよね。だから、たまーに登場する女王が、いつも厳しい表情をしているとそのまま印象として残ってしまう。

この映画を見たおかげで、人間らしさを感じにくかったイギリス王室への想いが少し変わりました。人間らしく悩み苦心するエリザベス女王を見て、ほっとしたというか。

クイーン

ダイアナ妃の美しさは圧倒的でしたよね。
そしてその美しさに比例して、ヨーロッパでの人気も相当なものでした。
作品中には、生きていた頃のダイアナ妃の姿も少し見ることができ、あらためてその美しさを再確認できます。

ダイアナ妃が自動車事故で亡くなったのは、チャールズ皇太子と離婚したあとの話。パリでの出来事でした。エリザベス女王(ヘレン・ミレン)は、王室を去った一般人の死とみなし、何のコメントも発表しないと決めました。

だけど、国民的ヒロインだったダイアナは死んだあとも力を発揮。ダイアナの死を無視するなんて、と国民の反発は大きくなる一方。新たに就任したブレア首相(マイケル・シーン)の説得により、悩み苦しんだ結果、最終的にエリザベス女王はダイアナへの追悼のコメントを発表。

めそめそせずに堂々とコメントするエリザベス女王の姿は気高かった。
ダイアナを嫌っていた心中を隠し、国民のためマイクの前に立った女王は複雑な思いでいっぱいだったはず。
だけど、変な負け犬っぽさは微塵も感じさせず、とげとげした雰囲気も出さずに語る姿は、女優ヘレン・ミレンの演技力によるところも大きかったと思う。
ぞくっとするようなかっこ良さだった!

ヘレン・ミレンは、2007年にエリザベス1世も演じてるんだよね!
王妃の貫録たっぷりなのは、その時身に着けたものなのなんだろうな。
本物の「王室の人間」に見えたよ。

それにしても本当にイギリス王室と日本皇室の違いは、イコール国民性の違いにつながるなとつくづく感じる。

日本では、国民が皇室を批判するなんてありえないし、あったとしてもメディアに露出することはありえないものね。
パパラッチとのカーチェイスの末亡くなったダイアナ‥‥。
1996年に正式離婚し、翌1997年に36歳で死亡。
そんなことがもし日本で起きたなら、一体どんな衝撃ニュースになるのだろう。

元夫チャールズの結婚前からの不倫に苦しみ、過食症も患ったダイアナ。
息子たちはかわいかったに違いないが、決して幸せな結婚生活ではなかったのね、きっと。

クイーン

ダイアナの遺体を引き取ったのは、元夫チャールズ。
国葬にすべきという国民を抑え、王室との間を取り持ったのはブレア首相。国民葬という形にしてエリザベスもなんとか納得させた。
といっても、国葬並みの盛大な葬儀になったわけだけど。
上画像は、ダイアナの棺。

王妃だった頃からダイアナと不仲だったエリザベスが、彼女の死を心から悼んだとは思えない。だけど、国民がいかに彼女を慕っていたかは痛感したに違いない。最後の少し弱気な表情に、エリザベス女王の人間らしさを感じたのでした。

クイーン


映画ブログランキング


スポンサーサイト

【2011/10/03 22:32】 | 「か」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。