映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,490→¥1,000(送料無料)


原題:Marley & Me
監督:デビッド・フランケル
原作:ジョン・グローガン
出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン、アラン・アーキン他
制作:2008年アメリカ
上映時間:116分
配給:20世紀フォックス映画
公式サイト


ストーリー:
子育ての予行演習のつもりで、ラブラドール・レトリーバーの子犬を飼い始めた新婚夫妻のジョンとジェニー。
マーリーと名付けたその犬のやんちゃな振る舞いに、さんざん手を焼く2人だったが、いつしか喜怒哀楽を共にするかけがえのない存在になっていく。
犬との生活を通して人生を学んでいくカップルの姿を描いたドラマ。
監督は「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル。
主演はオーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン。

映画ブログランキング




久しぶりに涙ぼろぼろ出た映画でした。
ラストシーンだけね。

それ以外はぷぷっと笑えるシーンもけっこうあったよ。

動物ものの映画は、どうしたって泣けるシーンがあるだろうと心して観るし、作る側もちゃんとそれに応えて作品づくりしてくれてる気がする。

私、動物映画大好きだから。動物が大好きだから。

でも、全体通して泣かせる映画ってわけじゃなく、基本はコメディー系だったの。

映画タイトルにもあるとおり、とにかく困ったわんちゃんを取り囲む人間たちのどたばたコメディ。

マーリー1


犬を飼いに行ったジョン(オーウェン・ウィルソン)&ジェニー(ジェニファー・アニストン)夫妻は、何匹かの子犬のラブラドールの中から「その子は200ドルでいいわよ」と言われたマーリーを選ぶ。

かわいいね~子犬。目が釘付け。

ちなみにマーリーはオス犬。
ボブ・マーリーにちなんで命名。

他のわんちゃんは、メスが400ドルでオスが350ドルだったかな?

「なぜこの子だけ安いの?」と尋ねることなく、なついてくるマーリーに即決したふたり。

問題あるから安いって考えればわかるのにねー。

「問題」といっても、病弱ってわけじゃないのです。
むしろ、壁や段ボールを食べてもびくともしないツワモノだった。

いっしょに生活をスタートしてみると、なぜマーリーがバーゲン犬(奥さんはそう呼んでた)だったかがわかる。

マーリー2


とにかく家の中をめちゃくちゃにしちゃう!

あれやこれやひっくり返すだけじゃなく、壁まで噛みちぎる。

雷が鳴れば永遠にほえ続け、人間は眠れない。

散歩に行けば、リードなんかおかまいなしに突っ走るので、飼い主は引きずられ、こけまくる。

あげくのはてには、妊娠したとわかったジェニーにジョンが贈ったネックレスを飲み込んでしまう。

マーリーの糞にまみれて出てきたネックレスを、ジョンがホースで水をかけ救出し、ジェニーがそれを身につけたのには驚いたけど。

ザ・アメリカンな感覚。日本人女性なら、そんな状態になっちゃったネックレスは身につけないと思うもの。

この作品がいいなって思えたのは、そんなしっちゃかめっちゃかなマーリーに対して、ジョンもジェニーもとっても優しく、楽しんでさえいること。

イライラしてどなったりたたいたりしないの。

「あら~、また派手にやっちゃったわね」みたいなかんじで楽しげに笑ってるの。

壁をかじったり部屋をめちゃくちゃにしてる時は、もちろん「こらっ。やめろっ」と止めようとはするんだよ。

でもイライラしてないの。

犬好き、特にラブラドールに尊敬の念さえ抱いてる私としては、それが見ていてものすごくうれしかった。

あ、余談ですけど、なんで尊敬かというと、盲導犬になれるわんちゃんだから!

私、盲導犬って尊敬してるんです。


そんな、しっちゃかめっちゃかだけど楽しい新婚生活をフロリダで送る2人+1匹だったけど、子供ができてから暗雲が。

ネックレス事件の時の1人目の赤ちゃんは流産しちゃうのです。

でも、その後男の子2人、女の子1人が生まれるんだけど、ジャーナリストでばりばり働いていたジェニーが仕事と子育てを両立できなくなって退職しちゃうところから物語はイライラモードへ突入。

子育てでストレスためまくりの精神状態にプラスして世話の焼けるマーリー。

ジョンへどなることも増え、ついには「そんな犬飼ったところに戻してきて!」と叫んじゃう。

ここで、クーンと寂しげに鳴くマーリーを映すのかなと思ったけど、それはなかったわ。

落ち着いたジェニーが「心にもないこと言ってごめんなさい。マーリーも大切な家族よ」とすぐ折れた?ので、すぐに安心したけど。


ジョンが転職したり仕事内容が変わったり、3人目の女の子が3歳くらいになったりと時が過ぎ、マーリーがすっかり年老いた姿になったのには寂しかった。

跳びまわり走りまわっていたマーリーは消え、よぼよぼと階段を上るのにもひと苦労。

ジョンがそんな老犬になったマーリーを優しくユーモラスにいたわるところが、泣けそうになった。

最後には、動物病院で苦しそうなマーリーを見かねたジョンが、注射による安楽死をのぞむ。

胃がねじれてたんだって。
手術できないこともないけど、マーリーにはそれに耐えるだけの体力はもうないだろうってお医者さんに言われたのね。

静かに目を閉じていくマーリーのそばで看取るジョン。

そこが、号泣したシーンでした。

マーリーの亡骸(なきがら)は、3人の子供たちの手紙と想い&ジェニーのネックレスとともに庭に埋められた。

ジョンが土をかぶせ、そこに大きな石をいくつか乗せ、ジ・エンド。


ショッキングな大きな事件なんかはなかったので、大きな山場はない映画だった。

だけど、人の心のうつろいやすさに比べ、犬はいつでも本気で変わらず生きてるのね、と思わせられた。

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。