映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥3,390


原題:SHRINK
監督:ジョナス・ペイト
出演:ケヴィン・スペイシー、マーク・ウェバー、ダラス・ロバーツ、キキ・パーマー、ロビン・ウィリアムズ他
製作:2009年アメリカ
上映時間:105分


ストーリー:

人生に仕事に悩める病んだ精神科医の苦悩と再生を描く。
精神科医ヘンリー・カーターはベストセラーを出版しテレビにも出演。彼のもとにはハリウッド映画界で活躍する脚本家やピークを過ぎた女優をはじめ、セレブな顧客がひっきりなしに訪れる多忙な毎日を送っていた。
しかし誰もが羨むような生活の裏ではアルコール、喫煙、ドラッグにはまった生活だった…。

  
映画ブログランキング


久しぶりにケヴィン・スペイシーを見た。
ひげボサボサで人生投げやりで自暴自棄になっている役がぴたりとはまっていた。さすがの演技力。

精神科医ヘンリー・カーターの憂鬱

ただ、映画の中で頻繁にマリファナを吸っているのだけど、それにしてはけっこう平常を保っているのが不自然に見えた。もう少しハイになったり目がぎょろぎょろして変人っぽくなっている姿もあっても良かった気がする。そんな痴態は一切なし。

死んだような穏やかな目つきなところが、そうなのかな?
どの薬がどんな行動を招くのか、詳細を知っているわけではないので確定的な物言いはできないけれど‥‥

唯一、強い作用を持つマリファナを吸ったあと、愛犬オーガストを殺して気を失ってしまうシーンでは、こんな行動に出てしまうのか、と一端を見た気はしたが。

最初から、ラストシーンの話をしてしまったついでに言いたいことがある。ヘンリーが愛犬を殺したことを深く悔いて、涙のひとつぐらい見せてほしかった。
失神後、目覚めたベッドの上で、自身の患者である人気落ちぎみの女優に愛犬の死を確認する程度で済ませるなんて、事態の扱い方が軽すぎるのではないだろうか。
妻が自殺し自暴自棄になり薬に溺れたことから比べれば軽いことなのか?命を奪ったのに。
私は犬好きだから、強く反応してしまうのかもしれないけれど、もう少し悼む気持ちを表現してほしかった。


と、不満をぶちまけたので最初に戻りたいと思う。

今作では、ベストセラー本を出した有名精神科医ヘンリー・カーターと、彼の元を訪れる心を病んだ人間たちの物語。

ヘンリー自身も妻に自殺され心を病み薬に走る、問題ある医師なのだけれど。

ヘンリーの患者は主に金持ちセレブ系。
昔輝いていた女優。浮気心を必死で抑えるおじさん俳優(ロビン・ウィリアムズ)。極端な潔癖症で不安症なテレビプロデューサー(ダラス・ロバーツ)。例外として、母親が自殺した女子高生(キキ・パーマー)。

そこに、なかなか良作が書けない脚本家やマリファナ売りの青年、潔癖症上司の秘書など、多彩な人物が登場する。

置かれた状況はみなバラバラだけど、それが、ヘンリーというひとところにまとまるようにつくられているのは上手だと思った。

自暴自棄、無気力、不安、苛立ち、自信喪失など、マイナス要素だらけが展開され、今にも雨が降り出しそうな空模様を思わせる話の進み方。

だけど、最後にはみな頭を上げ前を向き少しずつ進もうとする。雲の切れ間から光が差し込むような印象で物語は終わる。

想像どおりの展開だが、やはりそうじゃなくっちゃねとも思う。
暗くて重いまま、「やっぱり人生は思うように行かない」と結論付けて終わられては、見ているこちらも苦しい。

なんでみな急に前向きになったのかと少しびっくりしたが、それもヘンリーのおかげだったのだろう。

テレビ番組で、自分の妻は自殺した、自分の本なんて読んではいけない、と視聴者を驚かせる言葉を吐き、テレビカメラの前で自著を破るヘンリー。
前向きなことは何ひとつ語っていないのに、それが彼の患者たちの心を開いたようだ。主治医のマイナスな真実の姿を見られたことで、自分の中にあったマイナス部分が払拭されたということなのだろうか。人間って不思議。

ヘンリーがみなの心の鍵を開けた形で、物語は静かなハッピーエンド。特に感動はしなかったが、人間って生きていればいろいろあるよね、とうなずける作品。


精神科医ヘンリー・カーターの憂鬱


映画ブログランキング



スポンサーサイト

【2011/12/19 17:03】 | 「さ」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。