映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,490→¥1,000(送料無料)


原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS
監督:オリバー・ストーン
出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、チャーリー・シーン他
製作:2010年アメリカ
上映時間:133分
配給:20世紀フォックス映画
映倫区分:G


ストーリー:

2008年のニューヨーク。
投資銀行に勤めるジェイコブは順風満帆の人生を送っていた。
結婚を前提に付き合っている女性ウィニーとの交際も順調だった。
ところが、勤める投資銀行が急激な業績悪化により株価が暴落、突然破綻し、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。
それが、金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイコブは、刑務所を出た元大物投資家のゲッコーに接近する。
そのゲッコーは、ウィニーの実の父親でもあった。

  
映画ブログランキング


マイケル・ダグラスは1944年生まれ。もう少しで70歳かー。
なんてダンディーなおじいさんであろうか。「おじいちゃん」と言うにはばかれるすごみがある。
お年になっても変わらぬ目力がその一因。
いかにも悪だくみを企んでいるいるかのような瞳は、間近で見たらさぞ迫力だろう。
今作を観ている間何度もダグちゃんの目に吸い込まれそうになった。

ウォール・ストリート

今作は、お金に固執する人間の欲望がメインだが、復讐物語でもある。
ひとりの男に復讐しようと、アドバイスを受けるめにジェイコブ(シャイア・ラブーフ)が近づくのは、元大物投資家のゲッコー(マイケル・ダグラス)。
目をかけてくれた社長が電車に飛び込み自殺した。それは仕事で窮地に立たされたからであり、そのように追い込んだ男を許せないと思ったジェイコブ。

ジェイコブが信じてアドバイスをもらうゲッコーは、恋人ブレトン(ジョシュ・ブローリン)の父親でもある。

ウォール・ストリート

娘と仲たがいしたままのゲッコーは、ジェイコブの復讐に知恵を貸す。娘との仲を取り持つことを条件に。
復讐といっても殺したり自殺に追い込むというわけではなく、経済的に失脚させ社会から抹殺することが目的。
結果として、復讐は成功。憎むべき男は逮捕され幕を閉じる。

だが、ジェイコブもまたゲッコーに騙される。

最終的には、ゲッコーが金より愛に目覚め、これからみなの仲が良い方向へ行くと予感させて終わるのだが。
愛に目覚めさせたのは、娘のお腹にいる命の存在を知ったからという、ちょっぴりハートフルなラスト。

株のことはよくわからないけれど、お金に固執しメラメラと欲望を燃やす人間は多い世界に違いない。
ふだん触れないそんな世界を垣間見れたのは面白かった。
株式に詳しい人なら、そちらの事情も同時に楽しめる映画なのだろう。

若手やり手役のシャイア・ラブーフと、その恋人役のジョシュ・ブローリンはさほど印象に残らないが、ダグちゃんの迫力でぐーんと映画をランクアップできているのでトントンかな。
味方を変えれば、ダグちゃんのどす黒さっぽいものを、2人の若者のさわやかさで緩和していたとも言えるかも。

チャーリー・シーン出てたとは!気づかなかった‥‥
というか、私の世代は、彼の名を知ってはいても作品は知らないという人間が多いかも。

ウォール・ストリート


映画ブログランキング



スポンサーサイト

【2012/01/08 14:32】 | 「あ」行
トラックバック(0) |


keke
こんばんは!
ゲッコー好きな私としては何度落ちても這い上がる、戦う姿を見たかったのです。
が、案外無敵で少ししょんぼり。
でもこれでゲッコーともお別れなんだなと思うと、最後にのんびりした時間が手に入ってよかったね、と感じました。
さよならゲッコー!

>kekeさん♪
キャメロン
コメントありがとうございます♪

確かに、転んでも這い上がり、また転んでも這い上がる、というゲッコーのほうがしっくり来ますよね。
ハートフルなラストでも、いやもしかしてどんでん返しがあるかも?と思いましたが、すんなり行っちゃいましたねー。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
ゲッコー好きな私としては何度落ちても這い上がる、戦う姿を見たかったのです。
が、案外無敵で少ししょんぼり。
でもこれでゲッコーともお別れなんだなと思うと、最後にのんびりした時間が手に入ってよかったね、と感じました。
さよならゲッコー!
2013/06/21(Fri) 01:36 | URL  | keke #-[ 編集]
>kekeさん♪
コメントありがとうございます♪

確かに、転んでも這い上がり、また転んでも這い上がる、というゲッコーのほうがしっくり来ますよね。
ハートフルなラストでも、いやもしかしてどんでん返しがあるかも?と思いましたが、すんなり行っちゃいましたねー。

2013/06/23(Sun) 23:02 | URL  | キャメロン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。