映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥2,100→¥1,617(送料無料)


原題:Dave
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ケヴィン・クライン、シガニー・ウィーヴァー、フランク・ランジェラ、ケヴィン・ダン、ベン・キングズレー他
製作:1993年アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース


ストーリー:

大統領にうり二つのデーヴは一夜限りの代役を引き受けるが、大統領が脳卒中で倒れたために彼の替え玉生活は延長される事になった‥‥。
操り人形でしかなかったデーヴが、持ち前の誠実さで政治を改革していく様を描いたヒューマン・コメディ。

  
映画ブログランキング


いやー、とてもおもしろかった。
こういう、ありそうでなさそうなコメディ大好き。

ケヴィン・クラインが、大統領と大統領のそっくりさんの二役を演じる。とは言っても、大統領は最初のほうしか登場しない。途中でぶっ倒れて植物人間状態となるので。

デーヴ

大統領の替え玉として選ばれたデーヴ(ケヴィン・クライン)は、小さな派遣会社を切り盛りする明るいお人よし。
仕事がないと困っている人たちを何とかしようと仕事に精を出す。

大統領が脳梗塞で倒れ、だけど副大統領にその座を奪われたくない主席補佐官ら取り巻き2人に丸め込まれ、少し長い期間替え玉を演じることを引き受ける。

国民の前では笑顔でありながら実は冷酷で適当な大統領と、真面目で優しく明るいデーヴの性格は正反対。

最初は言葉からしぐさまで、言われるがままに演じるデーヴだったが、だんだん本来の好奇心旺盛でユーモラスな性格が前面に出るようになり、マスコミにも国民にも人気が上昇する。

デーヴ

大統領はファーストレディ(シガニー・ウィーヴァー)との仲も冷え切っていた。彼女にはデーヴが夫の替え玉だということも最初は知らされず、気づくこともなかった。だが気づいてからはデーヴに興味を持つようになる。夫とは違い、心優しい人物像に引かれたのだろう。

デーヴもデーヴで、美しいファーストレディに心を寄せるようになる。最終的に大統領は死に、2人は結ばれるというハッピーエンド。

大統領に扮するデーヴの一挙手一投足がとにかく笑える。
自分が大統領なんだという信じられなさと興奮がにじみ出ていて微笑ましい。

ホームレス施設を維持するため、友人に力を借りて予算を捻出するシーンが好きだ。余分な予算をひとつひとつ紙に書きながら削っていくデーヴは、ここでも温厚な人柄により問題を解決する。

ただのそっくりさんだったはずが、きちんと仕事もこなすほど積極的になっていくところがいい。

ホワイトハウスものだけど、お固くなく、政治的背景の描き方も複雑ではないので、頭をひねらずに見られるホーム・ムービー。

大統領のSPを務めるいかつい黒人男性もいい味出していた。
脇役ながら、ちょこちょこデーヴの手助けをしてくれた。
デーヴが日常生活に戻るラストで、「あなたのためなら死ねる」と言葉にするシーンがぐっときた。

ユーモラスで心温まる好きな作品。


デーヴ



映画ブログランキング





スポンサーサイト

【2012/01/19 16:40】 | 「た」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。