映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥4,935→¥1,260


原題:LA NINA DE TUS OJOS/THE GIRL OF YOUR DREAMS
監督:フェルナンド・トルエバ
出演:ペネロペ・クルス、ホルヘ・サンス、サンティアゴ・セグーラ他
製作:1998年スペイン
上映時間:121分

ゴヤ賞主演女優賞受賞


ストーリー:

1938年スペイン。
内戦の続くさなか、映画撮影隊の一行はドイツ政府から交流の一環として、ベルリンのスタジオへ招待を受ける。
同行した女優マカレナは撮影ができる喜びに浸っていたが、協力的なドイツの宣伝大臣にはある目的があった。

 
映画ブログランキング


ペネロペ・クルスの出る作品って、彼女の迫力にすべてが圧倒されてしまって、内容が時に霞む気がするのは私だけ?
少なくとも今作はそう感じてしまった。
あの瞳を見つめていると、吸い込まれそうになってしまい、作品内容や演技なんか二の次になってしまうことがある。

10年以上前のペネロペは、今と変わらず魅惑的。
そして、ペネロペにふさわしい、男性を虜にする女優という役柄。

今作は、タイトルからして少しエロティックなものと思い今まで手に取らなかったのだけど、いざ見てみるとそんな映画ではなくひと安心。


戦争中でありながら映画を撮るという話は、どこか世俗離れしている気がしたが、人々が平等ではない時代だ。そんなこともあったのだろう。

マカレナ(ペネロペ)と監督やその仲間は、スペインからドイツに招かれ、ベルリンで映画撮影を始める。
だけどそれはただの交流目的ではなく、ドイツ人将校がマカレナを我が物にしたいがための策略だった。
狂気を感じさせる将校は、残虐性を秘めたいかにもナチにいそうなタイプ。

マカレナは彼をものすごく毛嫌いするが、映画撮影続行のためと監督に説得されいやいや受け入れる。
招待されるディナーへ赴き、密会場所まで与えられ。

戦時中の緊張した空気の中、それでも一行は派手にパエリヤを食べたりお酒を飲んだり、苦しむ人々には無頓着。
そんな中、マカレナは情のある人間で、囚人エキストラたちにも食事を与えようとし、周囲に止められる。してはいけないことだったらしい。

マカレナは監督と恋人同士だったよう。
といってもそれほど深い仲でもないのか、エキストラの男性に恋をする。その男性はドイツ軍に囚われている身で、監視付きのエキストラ参加。

キラキラ輝きを放つ女優と、囚人エキストラの恋。
マカレナは彼を逃がそうと必死で力を貸す。

なんだかあまりペネロペの演技が上手には見えなかったのだけれど、彼女はあのオーラさえあれば怖いものなしな気もする。きれいだわーと見とれているうちに映画は終わっていた。

魔性の女といった印象はなく、有名で高嶺の花でありながらも、奢らず自然体なマカレナ役は好印象だった。


美しき虜



映画ブログランキング





スポンサーサイト

【2012/01/23 08:28】 | 「あ」行
トラックバック(0) |

ペネロペ
koko
はじめまして
私もペネロペの瞳をスクリーンで観ているだけで
映画が終わってしまう。吸い込まれてしまう存在感ですよね
オーラをどう消すのかが彼女の課題のような。。。
この映画の彼女は最高に世界一美しく魅惑的です
Ps.ハビエルとお似合いだと思いますか?
私はペネロペがハビエルと付き合いだしてから、
(結婚以前から)急激にこの映画の彼女のような可憐さ、儚さがなくなったような
ハビエルと別れてほしいとさえ思ってしまう


>kokoさん♪
キャメロン
コメントありがとうございます。

kokoさんもやはりペネロペの魅力に吸い込まれてしまうのですね。
きっとそういう人は世界中にたくさんいるのだろうなぁと思います。
女性の私でさえそうなのですから、男性なんて言ったらもうメロメロでどうしようもないでしょうね(笑)
共演男性が皆彼女に恋に落ちるのも当然のことなのでしょうね。

kokoさんと同じく、私もハビエルとはちょっと…と、
気持ちがどこか冷めてしまった1人です。
女性は男性以上に、お付き合いする相手によってカラーが変わる生き物だと思うし、私達ファンに与える印象も元々持っていたものとは変化してしまう場合が多いと感じます。
それが良い方向へ変わるのならいいのですが、
ペネロペのキラキラした部分が色あせて見えてしまうのは残念で仕方ありません。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ペネロペ
はじめまして
私もペネロペの瞳をスクリーンで観ているだけで
映画が終わってしまう。吸い込まれてしまう存在感ですよね
オーラをどう消すのかが彼女の課題のような。。。
この映画の彼女は最高に世界一美しく魅惑的です
Ps.ハビエルとお似合いだと思いますか?
私はペネロペがハビエルと付き合いだしてから、
(結婚以前から)急激にこの映画の彼女のような可憐さ、儚さがなくなったような
ハビエルと別れてほしいとさえ思ってしまう
2012/11/09(Fri) 12:28 | URL  | koko #-[ 編集]
>kokoさん♪
コメントありがとうございます。

kokoさんもやはりペネロペの魅力に吸い込まれてしまうのですね。
きっとそういう人は世界中にたくさんいるのだろうなぁと思います。
女性の私でさえそうなのですから、男性なんて言ったらもうメロメロでどうしようもないでしょうね(笑)
共演男性が皆彼女に恋に落ちるのも当然のことなのでしょうね。

kokoさんと同じく、私もハビエルとはちょっと…と、
気持ちがどこか冷めてしまった1人です。
女性は男性以上に、お付き合いする相手によってカラーが変わる生き物だと思うし、私達ファンに与える印象も元々持っていたものとは変化してしまう場合が多いと感じます。
それが良い方向へ変わるのならいいのですが、
ペネロペのキラキラした部分が色あせて見えてしまうのは残念で仕方ありません。
2012/11/09(Fri) 15:13 | URL  | キャメロン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。