映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥2,993


原題:MARIE ANTOINETTE
監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン他
製作:2006年アメリカ
上映時間:123分
配給:東宝東和、東北新社
予告編


ストーリー:

オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。
結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。
ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。
愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。

 
映画ブログランキング


14歳のマリーが、ルイ16世の元へ嫁ぐため、オーストリアからパリへやって来るシーンから物語は始まる。
たった14歳という幼い少女だというのに不安や恐怖は感じられず、ただ無邪気ににっこりほほ笑むマリーは、あどけなさたっぷりでかわいい。色白でマシュマロみたいな印象。

マリー・アントワネット

ベルサイユ宮殿という特殊な環境に置かれたマリーだったが、映画の中では意外とあっさり順応して行ったように見えた。
孤独でひとり泣いたり暗く沈んだりするシーンがあるかと思いきや、そんなことは一切なく、無邪気に環境を受け入れているようだった。

その生活は、日本でドラマから始まり大ヒットした「大奥」さながら。朝目覚めた時から寝るまで、常に世話係がそばにいて、お人形のような扱い。人格や情など排除されたかのような周囲の人間たち。そして仕事はお世継ぎを生むこと。

マリーが王妃となった役目はもちろんお世継ぎを出産することなわけで。そのことがオーストリアとフランスをつなげることにもなるわけで。
マリーもそこのところはきちんと理解しているのに、肝心のダンナ(ルイ16世)は女性嫌いなの?というくらい、マリーを拒む。嫌っている様子ではないんだけれど、苦手なのか自信がないのか。

お世継ぎはまだなのかしらと周りからチクチク言われ、マリーはひとりで悩む。
だけど、映画の中ではこれまた意外とあっさり子が生まれる。

マリー・アントワネット

だけどその子は女の子だったため、マリーは別宅(別荘)でのんびり暮らし始める。今まで以上に贅沢三昧、享楽の日々。

そこで恋なんてしちゃうんだけどね。
日夜なんだかわからないパーティが繰り広げられる中出会った貴公子。人目も気にせず外でもいちゃつく2人だけど、ルイが気づいている様子はなく、大問題になることもない。
まあそれはそれで良かったんだろうね。

マリー・アントワネット

実際にベルサイユ宮殿で撮影したということもあり、建物やドレス、靴やスイーツなどの豪華絢爛さは女性ならため息もの。

色とりどりのアイテムたちでスクリーンが埋め尽くされ、とにかく華やか。パステルカラー満載。

ドレスだけではなく、スイーツがやたらと登場する点にも注目。
いつでもぱくぱくマカロンやケーキをほおばっているレディたち。
運動している様子は一切ないけれど太らないのはなぜ。
映画だからね。
だけど、ぶくぶく肥ったマリーの絵画などは残されていないよね。
太らない体質だったのだろうか。

ルイとの子づくりが進展しない時期、マリーはストレスのはけ口だったのか、取り巻き達と、それら女性の欲望を刺激する品々に夢中になる。
女性はいつの時代も、服と靴とスイーツが好きだって言いたかったのかな。

マリーが贅沢三昧な生活を送る中、パリの財政は実は逼迫していた。だけど、マリーの浪費が実は財政困難になるほどのものではなかったらしいが、人間というのは攻撃する的を求めるもの。まんまとマリーと王室が的となる。

最後は、貧困にあえぐパリ市民が暴徒と化し、「浪費の女王」マリーとルイの住むベルサイユを襲う。最後まで宮殿に残ると言ったルイに従うマリー。2人の間にこの時初めて強い絆を見た気がした。
ただのおままごと夫婦だった今までの中で一番真剣だったというか。

ベルサイユ宮殿を馬車で離れる2人は、そぐわぬ穏やかな微笑みで見つめ合う。嘆き悲しむことなく。
これは王室人間ならではの穏やかさなのか、ソフィア・コッポラの演出なのか。

マリー・アントワネットというと首飾り事件など様々な逸話が出てくる女性だけど、歴史的問題はさておき、華やかさを目で満喫できる作品。女性向き。


マリー・アントワネット



映画ブログランキング




スポンサーサイト

【2012/01/26 18:10】 | 「ま」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。