映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,500→¥1,095


原題:Scent of a Woman
監督:マーティン・ブレスト
出演:アル・パチーノ、クリス・オドネル、ジェームズ・レブホーン、ガブリエル・アンウォー他
製作:1992年アメリカ
配給:ユニヴァーサル映画=UIP
上映時間:157分

アル・パチーノ‥‥1992年度アカデミー賞最優秀主演男優賞
ゴールデン・グローブ賞作品賞〈ドラマ部門〉
最優秀主演男優賞〈同〉
最優秀脚本賞


  


観たことあるような‥‥と思ったら、やはり観たことがあった作品。だが細部は覚えていなかったので楽しめた。

「気難しく人間嫌いな全盲の退役軍人と、心優しいエリート寄宿学校の苦学生との年齢差を越えた友情」を描いている点が、「小説家を見つけたら」(2000年アメリカ)と少し似てる。

少し違うところと言えば、「小説家…」のほうはショーン・コネリーは人混みにいるとパニック症候群のように不安定になってしまうところ。そして、ロブ・ブラウンは賢いけれど黒人であることにより傷つくシーンもあるところ。

そして、アル・パチーノ演ずるフランクは、香りをかぐだけで女性の背格好や雰囲気をズバリ当てる特技があること。タイトルはここから来ている。

どちらも年齢差を越えた友情が育まれることには違いない。
友情でもあり、父親が息子に注ぐような愛情(他人同士だけれど)にも見えるところが微笑ましく胸が熱くなる。

セント・オブ・ウーマン 夢の香り

苦学生のチャーリー(クリス・オドネル)は、生活費や学費を稼ぐためにアルバイトを探す。そして見つけるのが盲目の退役軍人フランク(アル・パチーノ)の世話をする仕事。初対面から大声だし暴言は吐くしでいったんは辞めようとしたけれど、彼の家族の説得と、アルバイト代がけっこう良かったことから、引き受けることにするチャーリー。

家族が用事で何日か家を空けることになったその日、チャーリーはフランクに引っ張られいやいやニューヨークへ旅立つはめになる。どうやらフランクは家族に内緒でずっと計画を立てていたようだ。

物語は、旅先のニューヨークで次々と展開する。

豪華レストランでの食事、高価なスーツなどの買い物。
それらは、実はフランクが自殺を計画していて、最後の浪費だったのだ。それを知り、まっすぐな性格のチャーリーは必死で止めようとする。

最初は「なんて勝手で困った人間だ。こんな人間嫌われて当然だ」と腹立たしささえ覚えていたはずのチャーリーだが、表裏なく実は真面目なフランクの本性を知り、情が沸いてきたのだ。

フランクも、最初は自分の目の代わりになりいっしょに同行してくれさえすればいいと思っていたチャーリーの純粋な心に触れ、少しずつ心を開いていく。

ほんの少しずつ2人の心が近づいて行く様子が見ていて心温まる。
「小説家…」もだけれど、正反対の性格のほうが、互いに惹かれ合う部分があるようだ。

フランクが実兄の家を突如訪れた時も、親戚一同一斉に嫌悪を露わにする中、ひとり懸命にかばおうとするチャーリー。
実兄さえかける言葉を失う中、ひとりフランクを守ろうとする姿に心打たれた。遠い親戚より近くの他人、という言葉が浮かんだ。

フランクが傍若無人で人嫌いのように振る舞うのは、実は自己嫌悪から来ているものだとそこで知る。軍人時代にはめをはずした結果失明し、情けない姿になった自分を嫌い、自殺しようと決めたのだ。自暴自棄から来る喪失感。

そんなフランクの心の闇を知り、ますますなんとか彼を守ろうとするチャーリーはピュアな青年。

結局、引き金を引かせることなく、フランクの自殺を食い止めることに成功する。

セント・オブ・ウーマン 夢の香り

旅に出る前から、チャーリーにもひとつ悩み事があった。

友人が校長のプライドを傷つける悪戯をするところを目撃。校長に「彼らの名前を言えば退学させない」と取引を持ちかけられ、悩み続ける。

目が見えないフランクだが、相手の気配から心を読み取る技を身に付けていて、チャーリーの不安を悟る。そして自分を救ったチャーリーを、今後はフランクが守るラストシーンが上写真。感動のラスト。

全校生徒達を前にチャーリーに詰め寄る校長。だがチャーリーは名前を明かさない。そして退学が決まろうとしたその時、親代わりだと言って同席していたフランクの名演説が始まる。

友達を売らないチャーリーがいかに勇敢であるか、素晴らしい人柄であるかを、彼らしく大声で語り、講堂の拍手とともに支持を得る。

結局チャーリーは退学せずに済む。その後「ありがとう」と涙ながらに語ったりしないところがいい。何事もなかったかのように2人で歩き出す。

始終怒鳴り声のアル・パチーノは正直うるさくて最初はうんざりした。そういう役柄だから仕方ないのだが、耳が痛くなるほどの大声で、さぞかし共演者は大変だったろうなと思う。

自分勝手な役のフランクだが、女性の前では実に紳士で、ガブリエル・アンウォーとタンゴを踊ったシーンは素敵だった。やはりセクシーな俳優!
目が見えないのにスマートにリードし、チャーリーが笑顔で2人を見守るシーン。

ガチガチに固まった頑固な人間も、純真なハートに触れれば溶けていくことができるという、後味のいい作品。

セント・オブ・ウーマン 夢の香り


映画ブログランキング








スポンサーサイト

【2012/04/03 00:54】 | 「さ」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。