映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥3,072


原題:Die Herbstzeitlosen
監督:ベティナ・オベルリ
出演:シュテファニー・グラーザー、ハイディ・マリア・グレスナー、アンネマリー・デュリンガー、モニカ・グブザー他
製作:2006年スイス
上映時間:89分
配給:アルシネテラン


ストーリー:

スイスの小さな村に住む80歳のマルタは、9ヶ月前に夫に先立たれて以来鬱々とした日々を送り、自分も早く夫のもとへ行きたいと願うようになっていた。
ある日、昔得意だった裁縫仕事を依頼され、眠っていた創作意欲に火がつくまでは。
若い頃、マルタは手刺繍のランジェリーの店を開くことを夢見ていたのだ。
早速、親友リジーの手を借りて開店準備を進めるが、村人はハレンチな下着の店に眉をひそめるのだった。



おばあちゃんが主人公のとっても心温まるお話だった。

夫を失い絶望していたおばあちゃんが、得意技を生かして一念発起し仕事を成功させ人々にも認められる、異色のサクセス・ストーリー。「異色」と言ったのは、主人公が働きざかりの年代ではなく、おばあちゃんだから!

刺繍が得意だったおばあちゃんが、作るのが難しい下着を手縫いで作り、ランジェリー・ショップを開く。
だけど村は閉鎖的で、そんな店を開くなんてと周囲は冷ややか。密かに女性たちは興味があった様子。だが、男性の手前マルタのお店には近づこうとしなかった。

マルタはめげない。これはもう年の功だなと思った。基本的に前向きなのだ。
そして、生きがいを見つけて突っ走るパワーは年齢を感じさせず拍手。

マルタの優しい刺繍

左から2番目の白髪のおばあちゃんがマルタ。

良き友人に囲まれていたのもマルタがラッキーだった点。
一番支えてくれた友人(画像一番左)を途中亡くしもするが、落ち込みすぎないところもマルタの年齢ならでは?

笑えるシーンやほっこり気分になるシーンがたくさんある。

牧師である息子が、開店日に何を売る店かを知り目を白黒させるところ。
その息子は実は不倫をしていて、マルタに目撃されてしまう。

村の伝統的な柄を下着に刺繍しようと決め、インターネット販売を開始したら予想外に注文が殺到。
村の刺繍サークルのようなところへ出向き、いっしょに刺繍をしてもらえないかとお願いする。快く引き受けてくれた面々。中にはおじいちゃんもいて、下着を手に取り驚きつつも楽しそうな雰囲気で刺繍作業に取り掛かるシーン。

最後には、堂々と誇らしげなマルタに皆が賛同。頑なに反対していた息子も、不倫を妻に打ち明けたことで吹っ切れたのか、母親マルタに笑顔を送る。

BGMは確かなかったと思う。効果音がなくとも、十分盛り上がる。
お年寄りが主人公だということもあり、まるで童話のようなお話。
ほっこり気分になれる大好きな作品。


マルタの優しい刺繍


映画ブログランキング

スポンサーサイト

【2012/04/21 14:55】 | 「ま」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。