映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,500→¥1,126


原題:The Parent Trap
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:ハリー・パーカー、リンジー・ローハン、デニス・クエイド、ナターシャ・リチャードソン他
製作:1998年アメリカ
上映時間:127分
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン


ストーリー:

有名な児童小説「ふたりのロッテ」を基に、双子の姉妹が、11年前に離婚した親同士のよりを戻そうと奮闘するハートウォーミングなファミリー・ドラマ。
サマーキャンプで偶然出会ったハリーとアニーは、自分たちが双子の姉妹だったことを知る。
離婚した両親が、いまだ互いに独身であることを知った2人は、両親を再び結びつけるためにある計画を思いつく‥‥

  


現在は「お騒がせハリウッド女優」というイメージも強いリンジー・ローハンだが、幼い頃はピュアでかわいかったのね‥‥と知ることができるのが今作。現在は整形しすぎなのかどうか、昔の面影を感じることができないのが残念。

とりあえず、リンジー・ローハンが主演だと知らずに(面影がなさすぎて本人だとも気づかなかった)「ファミリー・ゲーム」を観たので、先入観なしで楽しめた。

11歳の双子の姉妹(アニーとハリー)を一人二役でこなしたリンジーは、そばかすだらけのかわいらしい女の子。

互いを知らない双子の女の子が、サマー・キャンプで偶然出会うところから物語は始まる。二人が生まれた時に、両親が離婚し一人ずつ引き取ったのだ。双子は互いの存在を知らずに育つ。

ハリーはカリフォルニアのワイン園で父親と暮らす活発な女の子。
アニーはロンドンでウエディングドレス・デザイナーの母親と暮らす上品な女の子。

互いを知らない瓜二つの少女が偶然出会う、という設定で、その後の話は半分は読めてしまう。物語で「双子」と言えば、入れ替わって互いになりすます、というのが定番だから。

とは言え、途中で先が読めてしまっても、とても好みの物語だったのでいいのだが。

一方はやんちゃで、一方はお嬢様として育つわけだが、やはり双子ならではの共通点がたくさんある。両方いちごアレルギーだったり、フェンシングは互角の勝負だったり、負けず嫌いでいたずら好きだったり。

双子だと知り抱き合うシーンや、父親や母親に初めて会うシーンはジーンとした。

三枚目役も欠かせない笑いの要素となっている。

アニーの家の執事と、ハリーの家の家政婦。この二人は互いに一目惚れしちゃう平和な設定。

双子にいたずらされてもめげない父親ニック(デニス・クエイド)の婚約者、メレディスも面白いが、紳士的ながらおちゃめな執事が一番笑える。


日本の昼ドラだったら、生まれてすぐに引き裂かれたいたいけな少女たちの苦労の人生‥‥とドロドロに描かれそうだが、アニーもハリーもそんな悲壮感は一切ない。明るくさわやか!そこがとてもいい。

双子のいたずらに怒り沸騰したメレディスは案の定ニックの元を去る。まあ、元々ニックは別れた妻エリザベス(ナターシャ・リチャードソン)に未練たっぷりだったようで、メレディスを心から愛していたわけじゃないから、ここにも悲壮感ゼロ。

双子の努力の甲斐あって、両親は再婚する。
ハッピー・エンド。

リンジー・ローハンのちょっとはにかんだような笑顔がかわいくてたまらない。生意気だけど純粋な少女役が記憶に残る。

アニーとハリーのファッションもめまぐるしく変わり楽しめた。
少女らしい元気なスタイルのハリーと、お嬢様ルックのアニー。エリザベスは洗練されたスタイルで美しかった。

不安な気持ちになることなく観られる、心温まる作品。


ファミリー・ゲーム



映画ブログランキング






スポンサーサイト

【2012/04/24 00:55】 | 「は」行
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
¥1,500→¥1,126原題:TheParentTrap監督:ナンシー・マイヤーズ出演:ハリー・パーカー、リンジー・ローハン、デニス・クエイド、ナターシャ・リチャードソン他製作:ンストーリー:有名な児童小説「ふたりのロッテ」を基に、双子の姉妹が、11年前に離婚した親同士のよ?...
2012/04/24(Tue) 01:16:29 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。