映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥3,032


原題:What women want
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:メル・ギブソン、ヘレン・ハント、マリサ・トメイ他
製作:2000年アメリカ
上映時間:127分
配給:ギャガ・コミュニケーションズ、東宝東和


ストーリー:

シカゴの広告代理店のクリエイティブ・ディレクター、ニック。
タバコや酒など“男っぽい”商品の広告で数々のヒットを飛ばしてきた自信満々のバツイチ男。
が、ある日自分の上司にライバル会社からやり手の女性ダーシーがやって来た。
ショックを受けるニックはちょっとした事故がもとでなぜか周りの女性の考えが声として聞こえるようになってしまう……。



自宅での電気ショックが引き金となり、女性の心の声が聞こえてしまうようになったやり手サラリーマンの話。

メル・ギブソンのコミカルな演技をあまり見たことがなかったので新鮮だった。でもあの顔には三枚目な役はなんだかしっくりこなかったけど。

最初は慌てふためき、女性の心の声にとまどい続けるニック(メル・ギブソン)だったが、精神科医の元を訪れ考えが180度変わる。その不思議な事態を楽しむようになるのだ。

すれ違う女性、目の前にいる女性、電話でしゃべっている相手であろうと、女性の声ならどんな内なる声も聞こえてしまう。

そして、口にする言葉と内心思っている本音がだいぶ違うのが現実なのだと思い知る。いわゆる「本音と建て前」を両方とも知るはめになってしまうのだ。

そのことで、女性不信になるのかと思いきや、「女は男なんかよりずっと大変で頑張っているんだ」とプラスに考えるニックはいい人だと思った。

いけ好かないと思っていたキャリアウーマン、ダーシー(ヘレン・ハント)が、実は行動や言動だけ自信たっぷりで、内心不安で迷いがある弱い女性だと知り、次第に彼女に引かれていったり。

最終的には、女性の心の声は聞こえなくなり、今までどおりの生活に戻るが、その後のニックはだいぶ変化しただろう。女性を見た目や言動だけで判断せず、その裏にある本音に心を寄せるようになったはず。

けっこう笑えるシーンも多い作品。

「人は見かけで判断してはいけない」という教訓を語った感もある。


ハート・オブ・ウーマン


映画ブログランキング



スポンサーサイト

【2012/06/25 23:54】 | 「は」行
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
¥3,990→¥3,032原題:What women want監督:ナンシー・マイヤーズ出演:メル・ギブソン、ヘレン・ハント、マリサ・トメイ他製作:2000年アメリカ上映時間:127分配給:ギャガ・コミュニケー
2012/06/26(Tue) 18:49:21 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。