映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


¥1,980→¥1,524


原題:2012
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート他
制作:2009年アメリカ
上映時間:158分
映倫区分:G
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公式サイト


ストーリー:
「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が手がけるディザスター・ムービー。
古代マヤ文明の暦が終わる2012年12月21日に地球が滅亡するという予言を題材に、世界中で地震や津波などの大災害が起こる中、必死に生き延びようとする人々を描く。
ジョン・キューザックが家族を守ろうと奮闘する主人公に扮し、キウェテル・イジョフォー、ダニー・グローバー、ウッディ・ハレルソンらが脇を固める。

映画ブログランキング




そうよ私が悪いのよ。

「インデペンデンス・デイ」と「デイ・アフター・トゥモロー」で十分お腹いっぱいになったくせに、また見ちゃったから。

ローランド監督、もういいでしょう!
もう「地球滅亡するかも」系は!

地面がめきめきっと割れまくったり、建物も橋もすべてがその割れ目に墜落してったりってシーンは確かに迫力あるよ。

主人公一家が車で必死に逃げようとするシーンもハラハラドキドキするよ。

でも、「インデペンス・デイ」ほどはもう感極まらなくなっちゃったよ・・・

続きが読めるんだもん。

ラストのほうで、命をかけながら主人公が水にもぐって必死でがんばるシーンも、なんかわかっちゃってたもん。

もう見ないぞっ、「地球滅亡するかも」系はっ。

思いいれがなさすぎるため、今日のひとりごと日記はこれまで。

2012



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。