映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,360→¥2,486


原題:Snow White and the Huntsman
監督:ルパート・サンダース
出演:クリステン・スチュワート、 シャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワース他
製作:2012年アメリカ
上映時間:127分b
配給:東宝東和


ストーリー:

グリム童話の名作「白雪姫」を題材に、悪の女王と戦うヒロインの姿を描いたアクションアドベンチャー。
己の権力と美貌を脅かす若き継娘スノーホワイトを抹殺するため、邪悪な女王は狩人を刺客として送り込む。
しかし、スノーホワイトはその裏をかいて狩人から戦いの術を学び、悪の女王に対抗する。


  



白雪姫かぁ、と新鮮味は感じなかったものの、シャーリーズ・セロンが見たくてレンタルした。

姫君スノーホワイトが高い塔に幽閉されるとか、りんごをかじると死んでしまうとか、7人の小人が出て来るとか、オリジナルの「白雪姫」をベースにしている分、原作を思い起こさせるシーンは多いが、子供向けには仕上がっていない。

スノーホワイト


ラヴェンナ女王(シャーリーズ・セロン)ははまり役だったと思う。冷酷さと美しさと狂気を上手く演じきっていたシャーリーズに拍手。

シャーリーズが迫力があった分、クリステン・スチュワートのスノーホワイト役は、少し霞んだ。美しいのだが表情が乏しく、強さよりも寂しさばかりが瞳に表れる女優だと思った。目に影があるので、カラッとした明るい役より寂しげな役が似合うと思うので、そういう意味では適役か。

作品全体を通して色数が少なく、女王の支配で人々の心がすさみ氷りついている様子が表現されている点は良かった。グレーや黒の色合いが、暗さや不安を伝えていた。

唯一華やかに彩られたシーンは、スノーホワイトが大きな白鹿に出会うシーン。木々や花々、太陽の光が温かく美しかった。

だけど、どう考えたって、このシーンは宮崎駿監督の「もののけ姫」を参考にしているというか真似ているとしか思えない。きっとそんな話がスタジオジブリにもあったのではないだろうか。

もののけ姫に出て来る「こだま」らしきものも、登場していた。目のあるきのこ。これが出て来た瞬間に、もののけ姫が頭に浮かんだもの。白鹿が矢で射られる展開も、もののけ姫そのもの。

日本のアニメがアメリカ映画に影響を与えてるのは喜ばしいことだ。

スノーホワイト

良かったなーと思ったのは、スノーホワイトが幼い頃に離れ離れになったウィリアム王子と再会したが、彼のキスでは生き返らず、彼女を必死で守ってくれたエリック(クリス・ヘムズワース)のキスで目覚めたこと。

ヒーローが王子ではなく、野蛮だけれど心根の優しい方だったというところが、おっと思わせてくれて良かった。そこだけ、小さなラブ・ストーリー。


スノーホワイト


映画ブログランキング





スポンサーサイト

【2012/10/22 23:31】 | 「さ」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。