映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





原題:LETTERS TO JULIET
監督:ゲイリー・ウィニック
出演:アマンダ・セイフライド、クリストファー・イーガン、ガエル・ガルシア・ベルナル他
製作:2010年アメリカ
上映時間:105分
配給:ショウゲート



ストーリー:

「ロミオとジュリエット」で名高いイタリア・ベローナで行われている、世界中から届く恋愛相談の手紙に「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たちが返信する「ジュリエットレター」を題材にした恋愛ドラマ。


  


「マンマ・ミーア」の約2年後に公開された作品。
どちらの作品でもアマンダ演じるのは「ソフィー」。

名前が同じということでどうしても役柄のイメージもかぶってしまうが、はじけるように元気なマンマ・ミーアのソフィーに比べると、今作のソフィーは少し感情を押し殺すタイプ。記者になりたいと願いつつ、調査員という仕事をしているソフィーは賢そうな女性。

ジュリエットからの手紙1

年間5,000通も届くジュリエットへの手紙。どれも主に恋愛の悩み。それに返事を書く「ジュリエットの秘書」という仕事を知るソフィー。

なんてロマンチックな仕事なのだろうか。イタリアらしなんて勝手に思ってしまう。実話に基づいた話なのだから、なおさらだ。

たまたま崩れた壁に隠されていた古い手紙に心を打たれ、書き主のクレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)に返事を書くことを自ら申し出たソフィー。

忘れそうになるが、この時ソフィーは婚前旅行中だったのだ。未来の旦那様になる予定の男ヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、ソフィーそっちのけで仕事のことが頭から離れない様子。

ジュリエットからの手紙2

旅先のソフィーに会いにわざわざイギリスから来てしまった、クレアと孫のチャーリー(クリストファー・イーガン)。祖母を惑わさないでくれと、初対面はいまいちの2人も、最後には想い合うようになる。ここは想像通りだった。

婚約中のソフィーだったけれど、自分の仕事に夢中で話しさえまともに聞いてくれない婚約者だもの、いつか愛想を尽かすだろうと予想していた。悪い男性ではないのだが。

ソフィーとクレア、チャーリーの3人で、クレアのかつての想い人を探す旅に出ることになり、皆徐々に互いのことを知って行く。

ジュリエットからの手紙3

クレアはとっくに2人の気持ちに気付いていて、特に孫であるチャーリーをけしかける。

このクレア役のヴァネッサは老齢だがとても美しい。英国女性らしい気品があり、愛しのロレンツォ探しの旅では行く先々でおじいちゃん達にもてもて。イタリア男性は女性に愛想がいいと言うが、年とってもそうなのかと知る。

小さな車での旅なのだが、イタリアの素晴らしい風景も見所のひとつ。太陽やブドウ畑など、見ているだけで深呼吸したくなる。

無事ロレンツォと再会できたクレアは、なんとその後結婚までしてしまう!彼がまた、おじいちゃんながら思慮深いイイ男だった。実にお似合いの二人だ。

そして、ソフィーとチャーリーもまた、「ロミオとジュリエット」のようにバルコニーにて互いの気持ちを告白し合う。

悪人が登場せず、見ているこちらが心配するほどの困難なシーンもなくある意味とても見やすい作品。

輝くオーラを放つアマンダの相手に、特にイケメンでもないクリストファーを抜擢したところが、現実味があっていいのかも?美男美女だとあまりに完璧な物語になりすぎる気がするから。

想像通りのハッピーエンドに、明るい気持ちで見終えることができる。


ジュリエットからの手紙


映画ブログランキング



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。