映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥3,012


原題:HABEMUS PAPAM
監督:ナンニ・モレッティ
出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル他
製作:2011年イタリア
上映時間:105分
公式サイト



ストーリー:

新ローマ法王に選ばれた枢機卿の苦悩を描いたハートフル・コメディー。
法王逃亡という衝撃的な展開や、ローマ法王が選出される選挙(コンクラーヴェ)の様子まどをシニカルに描写し、第65回カンヌ国際映画祭で好評を博した。
法王就任という重圧から街へ逃げ出すものの、街の人々との交流を通して信仰心や法王の存在意義を見つめ直していく主人公を、フランスの名優ミシェル・ピッコリが哀感を漂わせながら演じ切る。






ローマ法王の休日2

邦題が「ローマの休日」をもじったかのような「ローマ法王の休日」ということで、勝手にコメディ作品かと予想していた。

ローマ法王に選ばれたメルヴィル(ミシェル・ピッコリ)が、わあぁぁぁー!と叫びながら頭を抱え逃げ出すシーンを映画館の予告編で見たものだから、なおさらコメディ風に思えた。

このシーンが一番笑えたな。おじいちゃんが突如気が狂ったように叫ぶ姿が可愛らしかった。

ローマ法王の休日1

ローマ法王が亡くなると、次の法王は108人の枢機卿から皆で投票して選出するのですね。今回初めて知り勉強になった。108という数字は、日本で言えば煩悩の数。これも何か関係があるのだろうか?

自分には法王なんて無理だというメルヴィルを、医者やセラピストが診るが全く解決の糸口なし。

こっそり外に出て一般人のふりをしセラピーを受けることになり、結局はその後一人逃げ出してしまうメルヴィル。

セラピストがこれまた真剣みのない男で、一応彼が登場するシーンは笑うところだったのだろうか?と2回繰り返し見た後考えた。笑いのつぼがどうやら私には当てはまらなかったようで残念なのだが。

枢機卿が皆、自分が法王に選ばれませんように、と心の中で強く唱えるシーンはまあ苦笑いできた。心の声なのに、大合唱となり広間を埋め尽くす。そんなおじいさん達が枢機卿とは本当に苦笑。

今作はフィクションだけれど、真実はこれが正しかったりして。心の中は覗けないから本音を知ることは不可能だが。

ローマ法王の休日3

町のセラピストの前で、自分は役者だと告げるシーン。まさか国王に選ばれたが逃げ出して来てしまっただなんて言えないもんね。

メルヴィルは違う道を生きるなら役者になりたかったようだ。その後役者達と知り合うことにもなるのだが。

コメディ映画として笑わせてくれるかも、という前半の期待は後半へ進むにつれて失速して行く。

メルヴィルが町の人と触れ合ううちに、国王になるという決断をするのかなという期待も裏切られるが、これはこれでありきたりな転び方ではなく、良いと思った。

サン・ピエトロ広場に集まった群衆に向け、穏やかながらも自分には無理だと告げ、静かにその場を去るメルヴィル。

それで終わりという、何ともヨーロッパ映画らしい結末だ。

こんなことは前代未聞で、現実には起こり得ない話。だが、ローマ法王に選ばれるような人物も、所詮私達と同じ不安定な心を持つ人間なのだ、という締めくくり。

記憶に新しい、ローマ教皇とエリザベス女王によるモホーク族の子供達の大量虐殺事件。「ローマ法王の休日」を見ながら、どうしてもその事件が頭をちらつくのを止めることはできなかった。

今作とは無関係な事件だが、現実という背景の与えた心理的影響なくしては観られない作品。


ローマ法王の休日


映画ブログランキング





スポンサーサイト

【2014/03/28 23:16】 | 「ら」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。