映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





クロワッサンで朝食を




原題:Une Estonienne a Paris
監督:イルマル・ラーグ
出演:ジャンヌ・モロー、ライネ・マギ、パトリック・ピノー他
製作:2012年フランス・エストニア・ベルギー合作
上映時間:95分
配給:セテラ・インターナショナル
オフィシャルサイト



ストーリー:

故郷エストニアで、長い介護生活の末に母を看取ったアンヌ。
そんな彼女のもとに、あこがれの街パリでの家政婦の仕事が舞い込む。
しかし彼女を待ち受けていたのは、高級アパートでひとり寂しく暮らす気難しい老女フリーダだった。
そもそも家政婦など求めていないフリーダはアンナを冷たく追い返そうとするが、アンヌを若き日の自分と重ねるうちに心を開いていく。


  



気難しい老婆の世話をすることになった一人の中年女性が主人公。

最初は、クロワッサンはきちんとしたパン屋のものしか食べないわ、わざとカップを傾け紅茶をこぼし拭かせるわ、古典的ないじわる婆さんだったが、それほど時間をかけることなく案外あっさり家政婦を受け入れるようになる。


クロワッサンで朝食を01


気の強いお婆さんフリーダはジャンヌ・モローが演じる。独り身でも身なりを綺麗に整え、プライドが高い女性。

上画像は家政婦アンヌ(ライネ・マギ)に自分の服を着せて愛人のカフェまで出かけるシーン。サラリとしたトレンチコートがフランスっぽい。

このトレンチ姿が、それまで薄幸さがにじみ出ていたアンヌをキラキラ輝いた女性に見せ始める第一歩となる。

フリーダとも上手い関係を築くことができ、フランスでの生活を楽しみ始めたアンヌの変化が彼女の服装に表現されている。
心の変化をファッションで表すところがお洒落。


クロワッサンで朝食を03


フリーダのこちらの着こなしはココ・シャネルを彷彿とさせる。
フリーダが若い頃はきっと美しく洗練されたファッショニスタだったんだろうなと想像させられる。

この映画は女性2人のファッションにそれぞれの性格がわかりやすく表現された作品。


クロワッサンで朝食を02


アンヌを雇ったフリーダの愛人(元愛人?)の男。彼とアンヌは少しづつ惹かれて行くけれど、決定打を描かずラストシーンを迎えるモヤモヤ加減がフランス映画っぽい。


気が強いけれど実は不安で孤独を抱えながら生きるフリーダ。
自信がなく人生に寂しさを感じていたアンヌ。

2人の女性の出会いは運命的なものだったのだろう。
互いの孤独を癒し、信頼できるパートナーを見つけられた喜びが静かに感じられるラストシーンは心にぽっと灯がともったような温かさ。



クロワッサンで朝食を





映画ブログランキング





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。