映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



8月の家族たち




原題:August: Osage County
監督:ジョン・ウェルズ
出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー他
製作:アメリカ
上映時間:121分
配給:アスミック・エース
オフィシャルサイト



ストーリー:

オクラホマの片田舎。
父親が突然失踪したことをきっかけに、病気のため毎日薬漬けの日々を送る毒舌家の母ヴァイオレットの下に、娘たちが久しぶりに集まる。
長女バーバラは浮気した夫と別居中で、反抗期の娘にも手を焼いている。
一方、次女カレンは婚約者を連れてきて、三女アイヴィーも恋に夢中。
自分勝手な母親とそれぞれの人生を歩む娘たち、そして彼女らを取り巻く男たちの本音が次第に明らかとなり、家族の秘密が暴かれていく。




8月の家族たち1


メリル・ストリープの周囲に煙たがられる年老いた役と、感情丸出しで母親に対するジュリア・ロバーツの演技が迫力があった。
両者とも、女性としての美しさを見せようとしない気取らない演技だった。

それにしてもメリル・ストリープ演じる母親ヴァイオレットは、こうはなりたくないと思わせる年寄りっぷりだった。
相手が嫌がることを口にしたり苛立たせる名人。
本当は寂しく孤独を感じているのだろうが、年老いたら可愛く健気でいたほうが周囲に愛されるに決まってる。

ジュリア・ロバーツ演じる長女バーバラは、母親への苛立ちを酸姉妹の中で最も抱える役柄。
実は根底には愛が潜んでる、というもどかしい演技が見事だった。
作品の予告シーンにもあるが、愛しているからこそ憎らしいという演技をしっかりやってのけた。

8月の家族たち2


衝撃のラストシーンというのは、次女が愛した男性が実は血のつながった兄だった、ということを指すのだろう。
確かにそう来たかとは思ったものの、次女とその相手の存在感がそれほどなかったため、「衝撃」というほどの起承転結は生まなかったと感じる。

母のもとを去ったバーバラが車を降り、ふっと微笑むシーン。
たったこれだけで、映画の全貌を語っていた。
口にせずとも、憎たらしいけどそれでもやっぱり母親だから愛してる、という想いが凝縮されていた。

どこの家にもありそうな身近な親子のやり取りに注目。



8月の家族たち



映画ブログランキング


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。