映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


¥1,490→¥999


原題:Little Miss Sunshine
監督:ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス
出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーブ・カレル、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン、ポール・ダノ他
制作:2006年アメリカ
上映時間:100分
配給:20世紀フォックス
公式サイト

2006年アカデミー賞脚本賞受賞
アラン・アーキン・・・助演男優賞受賞(おじいちゃん役)

ストーリー:

サンダンス映画祭で絶賛され、第19回東京国際映画祭でも最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など最多3部門を受賞したロード・ムービー。

アリゾナからカリフォルニアまでのバス旅行を通じて、崩壊寸前だった家族の再生を描く。
監督はこれまでジャネット・ジャクソンやREMなどのPVを手がけ、本作で劇場映画デビューを飾ったジョナサン・デイトンとバレリー・フェリス夫妻。

映画ブログランキング




2006年の公開は知らなかったので、今回はじめてこの映画の存在を知った。

結論から言うと、大好き!

声を出して笑った映画は久しぶり。しかも、ほぼずっとほほ笑んでいられたし、じーんとする場面もあるし。

はじめは、絆を感じないばらばらな家族なんだけど、ぽんこつ車での長旅の間に(といっても1日もないけど)、いくつものハプニングを乗り越え、深ーい結びつきになっていくの。

リトル・ミス・サンシャイン


こういうのって「ロード・ムービー」っていうのね。

私としては「ヒューマン・コメディ・ロード・ムービー」かな。

以前、やっぱり同じくロード・ムービーで大好きな作品があったなぁ。

女性2人でずーっと車で走り続けるの。

確かあれは、何か警察沙汰で逃げてたんだったような。

タイトル忘れちゃった・・・。

最後、2人で車に乗ったまま笑顔で崖からジャンプするの。あんな明るい自殺行為は見たことないってくらい、明るい笑顔で。びっくりしたし泣けた。

うぅ。やっぱりタイトル思い出せない。

わかる人にはわかるよね。


とっ、話がそれてすみません。

「リトル・ミス・サンシャイン」は、原題もそのまま。

はちゃめちゃ一家のマスコット・ガール、オリーブ(小学校低学年)が、美少女コンテストに出場するまでのずっこけストーリー。

美少女コンテストっていっても、オリーブはお腹がメタボでめがねのオンナノコなのね。

でもものすごくかわいいけど。

で、この作品、誰が主人公って言いにくいのね。

それぞれが個性強くて、それぞれのストーリーを持って話が進んで行くから。


笑えるシーンはいくつもあるんだけど、2つだけ書きますね。

物語後半で、ぽんこつ車のクラクションがなぜか壊れ、ずーっとぷーぷー音が鳴り続けるところ。

なさけなくぷーぷー鳴りながら、ずーっと走って行くの。

笑えた。

あともうひとつは、なんっとかギリギリセーフで美少女コンテストに出場できたオリーブが、「このダンスはおじいちゃんに捧げます」と言うのね。

司会者が「優しい子だね。それで、おじいちゃんは今どこにいるの?」と尋ねたら、「車のトランクの中」と真実を言っちゃったところ。

笑えたー。

子供って悪意がなくて正直なところがおもしろいよね。

あ、これは、おじいちゃん(アラン・アーキン)が、旅の途中1泊するんだけど、朝起きたら目が覚めなくってそのまま病院で死んじゃうっていうところから来る話。

美少女コンテストに出るために急がなくてはならなかった一家は、おじいちゃんの遺体をシーツでくるみ、病院から持ち逃げ?しちゃうの。

このシーン、予測どおりだったの。

遺体をそのまま置いていくわけにもいかず、手続きにも時間がかかるとわかったお父さん(グレッグ・キニア)は、こっそり持ち去ると思ったんだー。

リトル・ミス・サンシャイン2


あと、小さく感動したのが、コンテスト会場に着いたとたん車からころげ落ちるようにして駆け出したおじさん(スティーブ・カレル)。

学者として名が通っていた彼は、ゲイで自殺未遂して妹(トニ・コレット)一家に来るんだけど、最初は大人しくて情熱を感じさせない役柄だったのね。

それが、はちゃめちゃながら感情濃い一家に触れているうちに、少しづつ熱い気持ちになっていく。

その最たる行動が、その「駆け出した」シーン。

これは、受付締め切りにギリギリ間に合うように、全力疾走したってわけ。

オリーブを愛おしく思う気持ちがあふれる疾走だった。

ほんとにめちゃくちゃ全力疾走だったから、笑えもしたけど。
感動した。

その後のオリーブのダンスシーンが、これまた衝撃的だから!笑えるし、最後に家族が飛び込みでいっしょに踊り出した時には、家族愛を感じた。


トニ・コレットを見るとどうしても「イン・ハー・シューズ」を思い出しちゃう私だけど、家族のパイプ役になる今回の役柄も良かったわー。


とにかくこれからいろんな人におすすめしたいと思う映画。

リトル・ミス・サンシャイン





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。