映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


¥1,799→¥1,403


原題:Inside Man
監督:スパイク・リー
出演:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー他
制作:2006年アメリカ
上映時間:128分
配給:UIP


ストーリー:

「マルコムX」「ラストゲーム」のスパイク・リー監督とデンゼル・ワシントンのコンビが、共演にジョディ・フォスターとクライブ・オーウェンを迎えた犯罪サスペンス。

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生。
警察、銀行強盗、両者とも譲らず神経をすり減らすような心理戦を展開する中、銀行の女性顧問弁護士が交渉人として現場にやってくる……。

映画ブログランキング



インサイド・マン


黒人俳優さんの中で、だんとつでデンゼル・ワシントンが好き。

頭が良くって思慮深い役が本当に似合う役者さんだなって思う。

今回も、交渉人というまさにはまり役。

でもあんまりお固い性格ではなくって、冗談言って肩ひじ張らないタイプの役。


「インサイド・マン」は、見ていてなんだかテンポいいなーと思ったら、途中で気づいたことがある。

シーンからシーンへの飛び方が、ぱっぱっとすぐに切り変わるの。尾を引かないというか。

余韻を残すようなかんじではなく、とにかく早く切り替わる。

こういうのって専門用語あるのかもしれないけど、ちょっと私にはわからないのだ。

それと、もうひとつテンポいいと感じたのは、BGMが少なくて、音が小さいこと。

だから、いかにも「演出してる」感がないの。

50人もの人質(銀行員とお客さん)を取られた切羽詰ったストーリーなのに、差し迫った緊迫感があまり感じられないのは、この2つが関係してると思う。

でも、テンポよしスピードよしだから、間延びせずまるで駆け足で進んでいるかのような速度感がある。

ジョディ・フォスターが、影響力の強い凄腕弁護士の役で出てるけど、ちょこっとだけだった。

インサイド・マン2



犯人グループの目的が、銀行のお金ではなく、その銀行の頭取の過ちを追求することだというのがおもしろかった。

こういう映画で銀行強盗っていったら、ふつうにお金が目的のものが多いもんね。

作品の中で、一人も人が死ななかったのがいいね。新しい。


ラストシーンは、えっそれで終わり!?とびっくりした。

犯人グループのリーダーが、1週間も実は銀行の中に隠れていたことに、デンゼル・ワシントンだけ気づいたの。

そして「あいつ・・・」とつぶやきつつくすっと笑って終わる。

犯人のリーダーも、落ち着いて感情的にならない頭の良いタイプだったから、デンゼル・ワシントンはちょっと惹かれるものがあったみたいなのね。

だから、最後の「くすっ」という笑みには、「やってのけたな、あいつ」っていう、敵なんだけどあっぱれ!という気持ちがこめられてたんだろうな。

その後の展開がとても気になったけど、きっと銀行頭取の悪事があばかれることになるはず。

よっしゃ。そうじゃなくっちゃ。

私服を肥やす善人づらした悪党は裁かれなくては。

インサイド・マン



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。