映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥5,040→¥3,840


原題:ROUKALA LOKKI
監督:荻上直子
原作:群ようこ
出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ
制作:2005年日本
上映時間:102分
公式サイト



ストーリー:

群ようこが本作のために書き下ろした小説を、『バーバー吉野』の荻上直子監督が映画化した人間讃歌。

凛としたたたずまいの中に優しさをのぞかせる食堂の店主役には、テレビドラマ「やっぱり猫が好き!」などで活躍する小林聡美。
共演は『過去のない男』のマルック・ペルトラや片桐はいり、『ALWAYS 三丁目の夕日』のもたいまさこ。
この個性的な面々がフィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、のんびりゆったりとした交流を繰り広げていく様子を見るだけで幸せな気分になれる。

映画ブログランキング




久しぶりに邦画を見ました。

邦画に疎い私だけど、タイトルは耳にしたことがあったので。

まるでゆったり散歩しているかのように、のんびーり静かに物語が進みます。

私のイメージする邦画って、まさにこの「かもめ食堂」みたいなかんじなのよね。

あまり日本にはなじみのない遠い国フィンランドで、偶然3人の日本人女性が出会い、運命が重なっていくという設定がおもしろい。

かもめ食堂2

小林聡美が一人で切り盛りする「かもめ食堂(ROUKALA LOKKI)」に集う人間模様を描きます。

片桐はいりは、世界地図でぱっと指さした所がフィンランドだったから来ちゃった、って言うし、

もたいまさこは、来る時に持ってきたスーツケースが航空会社の手違いでどこかへ行ってしまって、足止めくっちゃってるって言うし・・・

なんか不思議な人たちが集うのね。

毎日にこっとほほ笑みながら来る好青年が、ぱっとした空気を作品に吹き込んでるなと思った。

だって、すごい美人女優が出てくるわけじゃないから、こういっちゃなんだけど華はないんだもんね。

最初は不審者っぽかった現地のおばさんも、もっさーりとしたビジュアルに役柄だし。

ひっそりしのびこんでたおじさんももっさーりだし。

まあこのおじさんは、おいしいコーヒーの淹れ方を教えてくれる、実はいい人なんだけど。

そのもさもさした人間たちが集まって描く日常は、なんだかほっこり心温まるの。

がむしゃらに日々生きる人々、ってかんじではないんだけど、1日1日をそれなりに地に足を着けて歩いてるかんじがいいのかも。

映画ってどこかに悲しさや寂しさを隠し持ってるものも多いけど、「かもめ食堂」はそんな小さな傷がさらりとかわされていた。

「つらいことがあっても人間なんとか生きていかなくっちゃねー」というより「流れに身をまかせ生きてますー」というような漂い感を見た気がする。

かもめ食堂

フィンランドの人たちにも日本の味であるおにぎりを味わってもらおうと、試作を作るシーンがおもしろかった。

毎日来る好青年に試食してもらうんだけど、なんかイマイチな反応なところがちょっと笑えた。

お店のこざっぱりした雰囲気もいいね。

ガラス張りで外からも中からもまる見えなのが開放的で、物語のイメージにぴったり。

小林聡美に片桐はいりにもたいまさこ、というトリオがあってこその作品だなと強く感じた。

群ようこさん原作なのね。
いつか原作も読みたいな。

かもめ食堂




スポンサーサイト

【2010/11/13 22:05】 | 「か」行
トラックバック(0) |

♪誰だ!誰だ!誰だあー!
間諜X72
僕のように「ガッチャマン」を知ってる世代には笑えましたねー!
そして映画もほのぼのしていて良かったです。
フィンランドで日本人女性三人が偶然知り合って助け合う。
いいじゃないですか!

おにぎりの試作も良かったですよ!
美味しそうでした。

この映画での小林聡美。
いい女ですねー!

>間諜X72さん♪
キャメロン
コメントありがとうございます♪

ガッチャマン…タッチの差で詳しくは知らないのですー。
誰だ、誰だ…の節は聞いたことがあるのですが…!
そこに似ている何かがあるのですね!

3人の女性が出会ったのは、偶然のようで運命的には必然だったのでしょうね。
そういう「運命のいたずら」っていいですね、気持ちが和みました。

本当に、おにぎり美味しそうでしたよね。
フィンランドという異国で食する日本の味、おにぎり。

素敵な物語でした♪

僕は・・・・。
間諜X72
善人しか出て来ない映画と言うのは、あまり好きではないのですが、この映画だけは例外です。
本当に楽しんで見れました。

食堂の外で、何か言いたいような顔をして見てるフィンランド人のオバサン。
何度も登場する。
「いい加減にしてよ!」と思ったら、色々抱えている女性。
酒を何杯も注文して一気飲みの繰り返しで倒れる。
慌てて介抱する日本人女性三人。
いい場面ですよねー!

>間諜X72さん♪
キャメロン
あのおばさん、印象的でしたね。
登場人物が多すぎないぶん、それぞれの人間が記憶に残りやすいなぁと思いました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
♪誰だ!誰だ!誰だあー!
僕のように「ガッチャマン」を知ってる世代には笑えましたねー!
そして映画もほのぼのしていて良かったです。
フィンランドで日本人女性三人が偶然知り合って助け合う。
いいじゃないですか!

おにぎりの試作も良かったですよ!
美味しそうでした。

この映画での小林聡美。
いい女ですねー!
2013/02/25(Mon) 22:10 | URL  | 間諜X72 #RT/RfttY[ 編集]
>間諜X72さん♪
コメントありがとうございます♪

ガッチャマン…タッチの差で詳しくは知らないのですー。
誰だ、誰だ…の節は聞いたことがあるのですが…!
そこに似ている何かがあるのですね!

3人の女性が出会ったのは、偶然のようで運命的には必然だったのでしょうね。
そういう「運命のいたずら」っていいですね、気持ちが和みました。

本当に、おにぎり美味しそうでしたよね。
フィンランドという異国で食する日本の味、おにぎり。

素敵な物語でした♪
2013/02/25(Mon) 23:04 | URL  | キャメロン #-[ 編集]
僕は・・・・。
善人しか出て来ない映画と言うのは、あまり好きではないのですが、この映画だけは例外です。
本当に楽しんで見れました。

食堂の外で、何か言いたいような顔をして見てるフィンランド人のオバサン。
何度も登場する。
「いい加減にしてよ!」と思ったら、色々抱えている女性。
酒を何杯も注文して一気飲みの繰り返しで倒れる。
慌てて介抱する日本人女性三人。
いい場面ですよねー!
2013/02/26(Tue) 18:20 | URL  | 間諜X72 #RT/RfttY[ 編集]
>間諜X72さん♪
あのおばさん、印象的でしたね。
登場人物が多すぎないぶん、それぞれの人間が記憶に残りやすいなぁと思いました。
2013/02/27(Wed) 12:52 | URL  | キャメロン #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。