映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥3,591


原題:My Sister's Keeper
監督:ニック・カサベテス
原作:ジョディ・ピコー
出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック他
制作:2009年アメリカ
上映時間:110分
配給:ギャガ
公式サイト

映画ブログランキング




監督のニック・カサベテスは「きみに読む物語」も有名。

ヒューマンドラマ、をキャメロン・ディアスが全編ほぼすっぴんという度胸で勝負。

白血病のお姉さんケイトを救うために、体外受精によりドナーとして産まれた11歳の妹アナが、両親を相手に訴訟を起こす、っていう重い空気を感じさせるスタート。

その訴訟を引き受けるのが、アレック・ボールドウィン。ただの太ったおっちゃんだー

アナ、11歳ってことだけど、美人!
お姉さん想いの演技もうまくって、これからが楽しみ。

キャメロン演じる母親が、娘ケイトが「みんなじろじろ見る」と1本も髪のない頭を気にしていらだつシーン。

キャメロンは、「あっそう。わかったわ」というかんじで自分も丸刈りにしてしまう。

かっこよかった!

娘に同情して抱きしめて涙を流す、ってタイプならたくさん見てきたけど、この母親は強いの。

もと弁護士だったから、とにかく強い母親なの。ぜったいこの娘を治してやるって意気込んですべてをそそいで、めそめそしない。

でも、どんどん悪化していくケイト。

本当はもう体力気力ともに限界で、死なせてほしいって思ってた。

そして、妹アナにその願いを告げ、協力してもらうことになる。

その「協力」が、「私の体は私のもの。臓器提供は断る」というアナの訴訟だったわけね。

ここまで来て、アナの訴訟の意味に合点がいった。

仲良しで愛しているお姉さんケイトだからこそ、そのつらさを理解し、願いをかなえるごとく協力したのね。

なんてかしこくてせつないアナ。

最後には母親も理解。その夜、ケイトは死ぬ。

みんなの気持ちがまとまったところでジ・エンドだから、ケイトが死んでもある意味ハッピーエンド。

ケイトが初めてのキスの時、同じく死が間近の相手に「抗癌剤の味がする」と言ったのに涙が出た。

つかの間だったけど彼氏ができて良かったね~、ケイト。

それをニコニコ見守るキャメロンも素敵だった。

ラストのほうはけっこう泣けた。

最後はアナのナレーションで、美しくきれいにまとめられてて、それはよくあるパターンだけど、この作品の場合それでぴったりマッチしてた。

私の中のあなた





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。