映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,000


原題:The Bucket List
監督:ロブ・ライナー
出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ他
制作:2007年アメリカ
上映時間:97分
配給:ワーナー・ブラザーズ
公式サイト


ストーリー:

2大オスカー俳優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たした人間ドラマ。

実直な自動車整備工のカーター(フリーマン)と豪放な実業家エドワード(ニコルソン)はガンで入院した病室で出会い、ともに余命半年を宣告される。
“棺おけに入るまでにやっておきたいこと”を書き出した“バケット(棺おけ)リスト”を作った2人は、リストを実現させるため人生最後の旅に出る……。
監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。





互いに余命6ヶ月と告げられた2人の初老男性の友情物語。

こういう男女問わず「2人の友情物語」の時は、たいてい性格が正反対なのが映画の鉄則な気がするが、例にならってこの物語も。

最高の人生の見つけ方3


真面目なカーター(モーガン・フリーマン)と態度がでかいエドワード(ジャック・ニコルソン)という組み合わせがおもしろかった。

元気だったら出会わなかっただろう2人。
そしてもし出会っても、仲良くならなかったんじゃないかなーと思う。

出会いは最悪だった2人だけど、互いに余命短しと知ったことと実は気が合うんだということに気づいたことにより、次第に仲良くなっていくのがほほえましい。

性格が反対で合わない部分も多くある2人だからこそ、笑えるシーンもけっこうあった。

似た者同士じゃないのが、かえって相手に興味を持って良かったんじゃないかな。

なんでそこをそう考えるんだこいつは!?とあっけにとられることにより、より相手に興味を持つという。


2人が入院して同室になる病院は、実業家エドワードの持ち物で、その後の世界旅行も彼の資金で豪勢に進んでいくわけ。

ここは映画ってかんじだよね。

「死ぬまでにしたいリスト」をひとつづつ実行していくんだけど、お金があってこそ実現できたってことが多いんだもん。

たとえば最初に叶えたひとつ、スカイダイビング。

最高の人生の見つけ方2


まじめなカーターは、ふだんは冷静で穏やかなのに、この時だけは本気であせって怖がっちゃう姿が笑えた。

それに引き換えエドワードは、がっはっはーっと、飛び立つ時も空中でも物怖じしないの。

あれって、スタントマンなしで本当に飛んだんじゃないかなー?
音声はあとで入れたにせよ。

うーん、でも、お2人ともけっこう年だから、心臓麻痺なんか起こしたらたいへんだから、やっぱりスタントマンなのかな。

最高の人生の見つけ方


家族を愛し神を信じるカーターと、数回の離婚経験を持ち今は独り身で無神論者のエドワード。

これも「正反対」を表現するにはわかりやすいよね。

性格だけじゃなく、生きてきた環境や取り巻く人物まですべてが正反対なの。

でも実はエドワードには「お父さんなんか死んじゃえ」と言われた、会いたくても会えない娘がいることがわかり、カーターは豪快でぶしつけなヤツだと思っていた彼に過去の影を見る。

エドワードは、娘をなぐった男が許せなく、ヤクザらしきものを使って脅したのね。

それでその男は娘の元を去る。そして傷ついた娘が発した言葉が先ほどのもの。

たいてい世間がそうであるように、エドワードも娘に関してはナイーブな心の持ち主だったから、すっかり落ち込んじゃったみたい。

そしてそれ以後、娘に合わせる顔がないと思ってしまったみたい。

この設定って、実によくありがちだけど、ぽっと差し込むにはわかりやすい話だからいいと思う。

視聴者として、容易にエドワードの傷心が理解できるものね。


男2人旅のしめくくりは、けんか別れ。

カーターがこっそりエドワードを彼の娘の家の前まで車で連れて行く。

もちろん良かれと思ってしたことなんだけど、そんなことするなと激怒し1人去っていくエドワード。

その後、自宅に戻ったカーターは倒れ、その後すぐに死ぬ。

死ぬ間際、エドワードと仲直りし、さらにリストの中にあったひとつ「死ぬほど大笑いする」を実行できたことが良かった。

なんだったかなー、ジョークかなにかで涙が出るくらい大笑いしたのね、2人で。

残りは君がやってくれ、と言い残しカーターは息を引き取る。

さすがに強がりで豪快な男エドワードも、泣いてた。

その後、エドワードは娘に会いに行く。

そこはセリフのないシーン。ピンポーンとベルを鳴らし、娘がドアを開け向き合う2人、という。

それと、じーんとしたのは、エドワードも死んでしまったあとのシーン。

彼に長く仕えてきた秘書が、エベレストの頂上に彼の遺骨を納めるの。

秘書はにこっと笑って、リストの「世界最高峰から最高の景色を見る」(だったかな?)をペンで消し、その紙もいっしょに納め、雪で固める。

そうなの。

エドワードの秘書(ショーン・ヘイズ)が、作品のスパイス的存在でなかなか良かったの。

秘書らしく礼儀正しくスマートな対応なのはもちろんなんだけど、ぴりっと辛口のコメントをご主人にさえ発するのが見ていて気持ちよかった。

エドワードが近く死ぬことがわかった時、「その・・・私はどのような態度を取ればよろしいのでしょうか」みたいなことを少し遠慮がちに聞くのね。

エドワードは「おまえが私ならどうする?」と逆に聞き返すの。

そうしたら「全遺産を秘書に残すと言います」と、ユーモアで返すの。あくまで真顔で。

ひと言ひと言がそんな感じで、笑えた。


余命半年と知った時は、2人とも落ち込んでたけど、おもいきり楽しい時間を過ごせ、かなり満足だったみたいで良かった。

知り合って3ヶ月もたたないのに、生涯最高の親友になるなんて、なかなかないような話だけど、あったら素敵ね。

最高の人生の見つけ方



映画ブログランキング


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。