映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,500→¥1,231


原題:Sherlock Holmes
監督:ガイ・リッチー
原作:アーサー・コナンドイル
出演:ロバート・ダウニーJr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング他
製作:2009年アメリカ
上映時間:129分
映倫区分:G
配給:ワーナー・ブラザース
公式サイト


ストーリー:

アーサー・コナン・ドイルが生んだ名探偵シャーロック・ホームズのキャラクターにインスピレーションを受けたオリジナルストーリーを、「スナッチ」のガイ・リッチー監督が映画化。

19世紀末のロンドン。
ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)と医師ワトソン(ジュード・ロウ)の2人は、怪しい黒魔術の儀式を行い、若い女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。
だが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、再び殺人事件が発生する・・・。

映画ブログランキング




今までも映画になったりドラマになったりと、いろいろな形で世に出てきたシャーロック・ホームズ

これはいちばん新しいシャーロック・ホームズです。

映画館に観に行こうかなーと、ちらりと思いつつ行かなかった映画。

DVDになってからも間もないですよね。

シャーロックホームズ2


探偵ホームズ(ロバート・ダウニーJr)とその親友であり共に謎解きをする唯一無二の存在ワトソン(ジュード・ロウ)。

冒頭からさっそく二人は、黒魔術なるものを使い次々と女性を殺すブラックウッド卿(マーク・ストロング)を逮捕に導く。

この事件が、今作の物語の始まり。黒魔術って、いかにも怪しげな名前だけど、悪用される超能力ってかんじかな。最後に、インチキでたらめだって、ホームズが解明しちゃうんだけどね。

とても軽快でスピーディーな皮切りだった。

以前NHKで見た、静かで淡々と進行する印象のシャーロック・ホームズとは対極。

アクティブで冒険物語のよう。

ぱっぱぱっぱと進む。

余談だけど、最初ジュード・ロウが出てきた時、渡辺謙かと思った・・・。

お二人、けっこう似てません?

ホームズが、ワトソンと彼の婚約者になりそうな女性と3人で食事をするシーンがいちばん笑えた。

「よかったら、私のことを当ててくださいません?」と軽く挑発した女性の言葉にあわて、「ホームズ、やめろよ。言うなよ」と牽制したワトソン。

だけど時すでに遅し。

普通なら口にしないような失礼なこともびしばし当てていくホームズ。

超不快な思いをした女性は、ホームズにワインをぶちまけ冷静に立ち去る。

だから口を閉ざせと言ったのに、と非難がましい目のワトソン。

この後、ホームズとワトソンの関係が少し距離が置かれるが、たいした壁なく元通り。

ワトソンと女性も仲直り。

あまりの観察眼と、ずけずけものを言うホームズに笑えた。

あれじゃあ、一般的感情を持つ女性は近寄ってこないよ。いちいち、今日あなたは何をしたね?なんて推理されちゃたまんないもの。

シャーロックホームズ1


物語が繰り広げられるのは1891年のロンドン。

クラシカルな再現風景が素敵。

馬車に乗る人々のファッションも、風景にしっくりなじんで絵画的。

驚いたのは、前半に出てくるホームズの賞金稼ぎで戦うシーン。

上半身裸で1対1で観衆の輪の中でなぐり合い。よくあるよね、こんなシーン。

私のイメージするホームズは、細身ですらりとした体つきなんだけど、そこにはむきむき肉体派のホームズがいた。

探偵のお金だけでは食べていけないからなんだとさ。

にしては、むきっとしすぎて焦った。私が焦る必要ないんだけどー。

冒険に感じたアクティブでスピーディーな今回の「シャーロック・ホームズ」にはぴったりだけどね。

シャーロックホームズ3


男性だらけの今作で、唯一まともに登場した女性がアイリーン。

きみに読む物語」(2004年)でヒロインだったレイチェル・マクアダムスですね。

ホームズの恋人のような存在になる女性。

この時代のしゃなりしゃなりとしたタイプではなく、ホームズに対等に張り合える活動的タイプ。

後半の戦いシーンで、ブラックウッドに高い所から突き落とされちゃうんだけど、致命的アクシデントにはならず生きてホームズと対面。

この映画の雰囲気だと、良い人側のメイン人物は死なないだろうなー、と予想したとおり。

シャーロックホームズ4


ブラックウッドはホームズと戦った際、落下し首吊り状態になって死亡。

カメラを遠目に構えてぶらり吊り下がるブラックウッドのシーンは、グレーの色調でなかなか絵画的だった。

このようにして、お騒がせ悪党は死んだのに、物語はまだ続くよう。

ものすごく「続編ありますから」的終わり方だった。

うーん、続編見てもいいけど見なくてもいいかな。

確かに新しい試みだとは思うけど、私は昔ながらの静かで淡々とした作りのシャーロック・ホームズのほうが好み。


シャーロック・ホームズ

映画ブログランキング




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。