映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥2,993


原題:Ballet shoes
監督:サンドラ・ゴールドバッハー
出演:エマ・ワトソン、エミリア・フォックス、ヴィクトリア・ウッド、ヤスミン・ペイジ、ルーシー・ボーイントン、リチャード・グリフィス、マーク・ウォーレン他
製作:2007年イギリス
上映時間:約120分


ストーリー:

化石学者のブラウン教授に引き取られた血のつながっていない3人の孤児が、自ら“化石姉妹”と名乗り、ダンス学校で才能を開花させていく。
『ハリー・ポッター』で人気を博したエマ・ワトソン主演による感動のドラマ。


映画ブログランキング




主人公はハーマイオニーですよ!

ハリポタのヒロイン、ハーマイオニーちゃん。エマ・ワトソン

んー、ハリポタのイメージがあまりに強すぎて、なんかハーマイオニーに見えた・・・

きりっとしたまゆ毛と、強いまなざしが素敵なブロンド美少女。かしこそう。


ハーマイオニー、じゃなくて、エマ・ワトソンの今回の役柄は、孤児として拾われ育てられ、バレエダンサーを目指していたはずが女優の道へ足を入れていく女子高生役。

化石学者のブラウン教授(リチャード・グリフィス)は、世界各地を歩き回って研究に余念がないんだけど、行く先々で生まれたばかりの孤児を連れ帰って来るクセがあるという変わり者or.困り者or.心優しき者。

バレエ・シューズ2


赤ちゃんを連れ帰っては姪に世話をまかせまた旅立つ。周りにしてみれば困ったじいさん。

この教授おじいさん、リチャード・グリフィスって、ハリポタのダズリーなんですよ。

ハリーのおじさんでありながら、ハリーをいじめ魔法を嫌うでっぷり太ったハリーを預かる人間役の。

「バレエシューズ」ではダズリーの影はみじんもなくって、最初はわからなかったわ。

さてそれで、合計3人の赤ちゃんを連れ帰り、彼女たちは本当の姉妹のように仲良く育つ。

だけど家計は火の車。

お姉さんのようであり母親のようである姪(エミリア・フォクス)は肺に病を抱えながらも3人を懸命に世話するけなげで強い女性。

いよいよ困って、教授じいさんの使わない部屋などを下宿部屋として貸すことにする。

どうせ教授おじいさん、ほとんど帰って来ないからね。
かき集めた化石や家具も、生活費のために売られていった。

下宿人は4人。うち2人は1部屋に住む元大学教授の女性たち。定年してるから60歳過ぎ。

もう1人はダンスが好きで派手なおばさま。50歳くらいかな。

そしてもう1人は、30歳くらいの青年実業家(マーク・ウォーレン)。いつもきちんとスーツを着こなす気取らない気さくな好青年。

この青年とエミリアは最終的に結婚する。予想どおり。

バレエ・シューズ3


素敵な下宿人たちが集まり、若き3人姉妹はバレエを始めることに。

自分たちを孤児だと卑下することはカケラもなく、ただ「家計を助けるため手に職をつける」を目標とするしっかり者の3人。

円陣を囲み手を重ね、誓いを立てる3人はとても10代とは思えない勢いがあった。

そして彼女たちの「手に職」の第1歩がバレエだったわけね。

3人とも楽しみながらがんばっていたんだけど、だんだんそれぞれの個性に合った道が開けて行く。

バレエ・シューズ1


バレエで才覚を現したのは一番年下のロシアから来た少女。

顔も知らない生みの母親が、その子といっしょにバレエシューズを入れていたというんだから、バレエのたしなみがあったのでしょう。

末っ子らしく自己主張が激しく、てきぱきちゃきちゃきしてかわいらしい子。中学生くらいながら、自分のバレエに自信を持つ。

長女(エマ)は踊りで身を立てたいと願うんだけど、末っ子ほどの実力はなく、その美貌から女優の道へ。

こちらは自信がなくあせるんだけど、お金のため、家計のため、と長女ならではの責任感でなんとか演技の道へ行くよう自分にムチ打つ。

二女は3人の中ではいちばんぱっとしない見た目の女の子。

おっとりぽわーっと夢見る少女で、長女や三女ほど自己主張も強くない。

そんぶん、傷ついたりためらったり内側にいろいろ抱えるんだけどね。

最後の最後で教授じいちゃんが10年以上ぶりに帰って来て、エミリアがマークと結婚してハッピー・エンド。

素直なつくりの「良いお話」だけれど、感動に打ちひしがれるほどではなかった。

親がわからない孤児が主人公の場合、たいていいじめられたりして傷つき影を持ったまま大人になったりするものだけど、この3人はまったくそんなことがなかったのはありきたりではなくて良かったと思う。

貧しい家に育ったけれど、愛情をきちんと受けられたぶん恵まれてたんだよね。

しかもバレエを習わせられるなんて、なかなか一般家庭でもできないことだろうし。

ハリポタ以外のエマ・ワトソンを見たいヒトがまず手にとる作品かな。

バレエ・シューズ

映画ブログランキング




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。