映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,890→¥1,455


原題:A Good Year
監督・製作:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、マリオン・コティヤール、アルバート・フィニー、フレディ・ハイモア、アビー・コーニッシュ他
製作:2006年アメリカ
上映時間:118分
配給:角川映画


ストーリー:

アカデミー賞5部門に輝いた「グラディエーター」のリドリー・スコット監督&ラッセル・クロウが再びタッグを組んだヒューマンドラマ。
監督の友人でもあるベストセラー作家ピーター・メイルによる小説を基に、ロンドンで多忙な日々を送る敏腕ビジネスマンが、幼少期を過ごした南フランスで人生を見つめ直す姿を綴る。

ロンドンの金融界でトレーダーとして多忙な日々を送るマックス(ラッセル・クロウ)のもとに、10年も疎遠にしていたヘンリーおじさん(アルバート・フィニー)が亡くなったとの知らせが届く。
遺産を相続することになったマックスは、ヘンリーが住んでいたプロヴァンスのぶどう園を訪れるが・・・。

映画ブログランキング




久しぶりにラッセル・クロウの映画を観ました。

今「ロビン・フッド」やってるよね。ラッセルがロビン・フッドってあまりイメージじゃないんだけど・・・まあそれはいいとして。

「ロビン・フッド」や「グラディエーター」系は苦手。
でも今作は「グラディエーター」の監督なんですよね。がらりと違う映画も撮るのね。


ロンドンで血も情けも休みもなく働くマックス(ラッセル・クロウ)が、懐かしの田舎に戻り、心が洗われていく物語。

ちなみに原題の「A Good Year」は、ワイン作りをするときに使う「当たり年」の意味。それを知らないと意味不明のタイトルになっちゃうね。

幼い頃慕ってかわいがってくれたおじさん(アルバート・フィニー)が亡くなったと知らせが来て、かなり久しぶりに南フランスはプロヴァンスのぶどう園に帰省。

プロヴァンスの贈り物2


幼い頃、おじさんがワインのことやいろんなことを教えてくれた。

映画のところどころに、頻繁にマックスがおじさんと過ごした日々を回想するシーンがはさまれます。

マックスの少年時代を演じるのは、あのフレディ・ハイモア
「チャーリーとチョコレート工場」や「ネバーランド」で一躍有名になった名子役くん。

フレディ演じるマックスは、ちょっと生意気な男の子。

おじさんにずけずけものを言ったりもするが、心からおじさんを愛してた。

ワインづくりが生きがいのおじさんと幼いマックスが触れ合う数々のシーンはほほ笑ましい。ちなみにマックスの両親は一切出てこない。

プロヴァンスの贈り物3


でも、大人になるにつれどんどん傍若無人化していくマックス。

そしてとうとうプロヴァンスを離れロンドンへ。そしてあんなに愛したおじさんなのに連絡もしなくなるのね。

おじさんが死んだあとの事後処理あれこれを済ますためにプロヴァンスに戻るけど、やはり携帯電話が手放せないというのが上写真。

この直後、マックスは携帯片手にまっさかさまに水の貼っていないプールに落下。

マックスが乗っていた飛び込み用の板がくさって傷んでたのね。めきめきって壊れちゃった。

この時出会うのが村で評判の美人ファニー(マリオン・コティヤール)。

かつての恋人にDVを受け男性不審になっていたファニーだけど、徐々にマックスに心を開いていく。

プロヴァンスの贈り物1


そこのところの掘り下げはほとんどなかったので、ちょっと拍子抜け。

ファニーの心についた傷を表現するシーンはなくって、ただ最初はマックスに対して強気な女性を演じるだけ。

全体的に明るく開放されたかんじの作品なので、暗く傷ついたイメージはしっかり排除したのか。

とにかく、難なく恋人になれちゃうふたり。

「どうせあなたはロンドンへ帰り、もうここへは来ないでしょ」と悟りきったように言うファニー。

仕事の鬼だし都会に染まってるマックスだから、そう思うのは当然。

ところが、これまた難なく仕事を辞めてプロヴァンスへ戻って来るんだなー。

仕事辞めるか辞めないか・・・なんて葛藤するシーンはほぼなし。

亡きおじさんの家へファニーと住む。

そして、友人とおじさんの隠し子だったらしい17歳くらいの女の子がぶどう畑とワインづくりを管理する。

とんとん拍子。

それぞれの人間の心理描写は極めて浅くてさらっとしてる。

プロヴァンスの美しい田舎の風景と、さらっとしているがゆえの軽やかさがこの映画の魅力かな。

プロヴァンスの贈りもの

映画ブログランキング



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。