映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥4,179→¥2,080


原題:P.S. I LOVE YOU
監督:リチャード・ラウラヴェネーズ
原作:セシリア・アハーン
出演:ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー、ハリー・コニック・Jr、ジーナ・ガーション、キャシー・ベイツ他
製作:2007年アメリカ
上映時間:126分
配給:ワーナー・ブラザーズ


ストーリー:

アイルランドの新人作家セシリア・アハーンが執筆し、40か国以上でベストセラーとなった恋愛小説を、『マディソン郡の橋』の脚本家リチャード・ラグラヴェネーズが映画化。

突然の悲劇により最愛の夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)を失ったホリー(ヒラリー・スワンク)。
彼の死を受け入れられず、絶望に打ちひしがれる彼女のもとに、ある日1通の手紙が届く。
その手紙の差出人は亡き夫だった。
それから毎月1日になると、夫から消印のない手紙が届くようになるが・・・。

映画ブログランキング





ホリー(ヒラリー・スワンク)とジェリー(ジェラルド・バトラー)の言い争う夫婦ゲンカのシーンから始まります。

でもすぐに仲直り。ユーモラスなジェリーにホリーが笑って解決。2人には子供がいないから、なおさら絆が強いみたい。

P.S. アイラヴユー1


だけど、次のシーンはこちら。ジェリーのお葬式のあとのパーティー?アメリカってこうやって死後パーティーみたいなのあるよね。

ジェリーは脳腫瘍であっという間に死んだみたい。

ちなみにジェリーはアイルランド出身で、ホリーは生粋のアメリカ(N.Y.)っ子。ホリーが大学生時代訪れたアイルランドで道に迷い、ジェリーと偶然出会う。

まるで迷子を楽しんでいるかのような笑顔のホリーに、ジェリーは恋に落ちる。なんて運命的な出会い。アイルランドの刺繍のような風景が美しかった!


ジェリーの死後、ホリーの元へ消印のない手紙が届く。差出人はジェリーから。決してどのように届けられているかを探らないでと1通目の手紙には書かれていて、迷いなく従うホリー。

ジェリーは自分が病気だと知り、生きている間に手紙を何通も書き、ある人に託したのね。自分が死んだら精神的ショックからなかなか立ち直れないであろう妻への精一杯のメッセージ。

P.S. アイラヴユー3


ジェリーは手紙の中で、ホリーにいろいろなことを指示します。

素敵な照明を買うようにとか、おしゃれをして親友と3人おいしい食事を食べに行くようにとか、セクシーな服を着てパブ(のようなカラオケのある居酒屋風)で歌うようにとか、自分の服は皮のジャケットを残してほかはすべて処分するようにとか。

「ジャケットは僕から君へのプレゼントだ。君に似合っていたからね」というメッセージ付きだったり。このジャケットは、2人が初めてアイルランドで出会った日、ジェリーが着ていたもの。思い出深い1着。

3人が手紙をのぞきこんでいる画像は、ジェリーの指示に従い、彼の田舎へ旅行へ行ったシーン。そこにも手紙があったの。ホリーの友人2人にも。

ジェリーが手紙に書いていたのは、すべてホリーとの思い出の場所だったり出来事だったりをたどらせてたのね。と同時に、思い出を胸にあとは前向きに生きろというメッセージだったとも思う。

P.S. アイラヴユー2


手紙と、それに書かれたとおりに行動するようにというユーモラスな趣向に、ホリーは少しずつ元気と笑顔を取戻して行きます。

でも、それと同時にとてつもなく寂しくもなる。ジェリーの指示は、2人の思い出にまつわることばかりだから、なつかしさに捕らわれてつらくなってくるのね。

そうこうしているうちに、最後の手紙が届けられる。なんと、ホリーの母親(キャシー・ベイツ)から手渡しで。

ここで、そうだったのねとホリーは知る。ジェリーは自分の母親に手紙を託したのだ。ホリーの母親とジェリーは仲良くはなかったが、愛する娘のため承諾したのね。

ジェリーは「ホリー、君はちゃんと僕なしで生きて行ける。新しい出会いに目を向けて」と言いたかったのです。

その思いに勇気づけられ、ホリーは勉強し靴職人になる。昔から靴好きだったことをあらためて思い出し、行動に出たのだ。

今作のタイトルは、原題も邦題も同じ「P.S.I Love You」。ジェリーが手紙の最後にいつも書いていた言葉。

この映画を観て、こんな素敵な愛され方をするなんて、なんてホリーはうらやましいの、と思った女性は多いでしょうね。でも死んじゃったんだからやっぱりつらい。

そんなつらさを重苦しくなくさわやかに描いた好感度の高い作品。

キャシー・ベイツの、一見つっけんどんだけど、本当に娘を愛してるのが伝わってくる演技も良かった。

キャシーというとどうしても「ミザリー」を思い出し、背筋がぞっとしてしまう私だけど、強気で優しいお母さん役もいいね。

P.S. アイラヴユー

映画ブログランキング





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:恋愛映画・ロマンティックコメディ - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。