映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥4,935→¥3,701


原題:HOTEL RWANDA
監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ他
製作:2004年・イギリス&イタリア&南アフリカ
上映時間:122分
配給:メディア・スーツ、プレシディオ


ストーリー:

アフリカのルワンダで内紛による大量虐殺の危機から人々を救った、実在のホテルマンの勇気と良心を描いた感動ドラマ。
日本公開は危ぶまれていたが、若者によるインターネットでの署名運動が功を奏し、公開が実現した話題作。

1994年、ルワンダの首都キガリ。高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポール(ドン・チードル)は毎日順調に仕事をこなしていたが、ある晩、ホテルからの帰宅途中に街で火の手が上がっているのを発見する。

映画ブログランキング




撮影はほとんど南アフリカにて行われた。

1994年アフリカ中部にあるルワンダで、ツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突「ルワンダ紛争」が勃発した。

フツ族過激派がツチ族やフツ族の穏健派を120万人以上虐殺するという状況の中、1200名以上を自分が働いていたホテルに匿ったホテルマン、ポール・ルセサバギナ(Paul Rusesabagina)の実話を基にした物語である。

以上、ウィキ情報。


実話ですからね・・・観ていて心が痛みます。自分の育った環境や国、宗教によって、見方が違うのは当たり前だけど、なんで同じ国の中で闘い、憎しみ、殺しあうんだろうってつらくなる。

幼い子供が不安そうな顔をしたり泣いたりする場面は、それだけでつらくなってしょうがなかった。銃声や憎しみが当たり前の中で生きるってどんな気持ちだろう。かわいそうでしょうがない。

日本だってそりゃあ戦国時代とかあったわけだから、同じ国籍どおしで戦った歴史があるわけで。なんて成長しない生き物なんだろう人間って。

20年近く前の話だけど、今でも似たようなことが世界で起きてるかと思うと、とてもリアルに感じられた。

最近話題の戦場カメラマン、渡部陽一さんは、この映画に出てくるような光景を常に目にしてたんだろうな。

ホテル・ルワンダ1


ポール(ドン・チードル)は有能なホテル支配人。フツ族。ルワンダの高級ホテルに長く勤めているだけあって、身のこなしや語り口調も洗練されている。

穏やかで優しい人柄は、働くまわりから信頼を得る。同じフツ族の兵士や白人客にも気に入られるよう務めて来たが、実はそれは愛する家族のため。

万一何か身に危険が及ぶようなことがあったら、今まで尽くして来た人間に助けてもらおうという下心があったから。そのことは妻タチアナ(ソフィー・オコネドー)に語っている。

ちなみにタチアナはツチ族。一般の人々は、何族かなんて気にせず人間関係をはぐくんでいるのが現実。

ツチ族がフツ族の大統領を暗殺したことがきっかけで、争いがひどくなる。

ホテル・ルワンダ2


まるで難民キャンプかのように次々とホテルに送られてくる人々。

国連から非難命令が出され、白人をはじめとする外国人(観光客やマスコミの人間)だけ国外退去。

国にも国連にも、自分たちだけ見捨てられたことを知り、ひとり隠れて嗚咽するポールだが、意を決し仲間たちを守るべく動き出す。

最初は、自分の家族だけ命がけで守ろうとしたポールだったが、結果、1,200人以上のツチ族とフツ族の人々をかくまい助けることになるとは、本人も予想だにしなかったことだろう。

最初私は、ポールがホテルに1,200人とともにたてこもって戦うのかと思ったんだけど、考えてみればそれってつじつまが合わないし、実際はそんなことではなかったのね。

いかにみんなを安全な場所に避難させられるか、軍人に賄賂を渡したりアルコールを大量にふるまったりして、策を練る。ここでもポールの頭の良さと人柄が功を奏す。

ホテル・ルワンダ3


会社の社長も国も国連も信じられないと高をくくったポールだけど、彼らのために必死に働いてくれる人間もちゃんといたんです。

たとえばこのオリバー大佐(ニック・ノルティ)。彼はポールの必死さを痛いほど感じ、自分は命令に従うしかないコマであることにもどかしさを感じながらも一生懸命彼らを守ろうとする。

国連からの悪い知らせも良い知らせもポールにすぐ伝え、喜んでは落胆するという、心ある人間。

難民になった子供たちをなりふりかまわず世話し助けるパット(カーラ・セイモア)のような白人女性もいた。

ポール一家とホテル難民たちは、映画の最後でルワンダ愛国戦線の前線を越え難民キャンプに無事たどり着く。その後タンザニアへ旅立つところで映画は終わる。

難民キャンプで、行方不明だった兄夫婦の娘2人を見つけて連れて行くことができて良かったね。兄夫婦は結局見つからなかったけど。


このルワンダ紛争で、100万人以上の人が命を落とした。大量虐殺。

きっと、映画にはならなくてもどこかにポールのように頑張った人間がいるんだと思う。

ポールはそんな「人々のために頑張った人」の代表として映画化されたんだ。


そういえば、かなりちょい役で、ミル・コリン・ホテルの本社社長としてジャン・レノが出てくるけど、たいして重要な役ではなかった。

悪い人じゃないんだけど、ポールたちを命がけで守れなかった、自分の立場が大切な人間。こういう人間が大半だろう。

この前の渡部陽一さんのブログに「出身部族や宗教宗派の違いが内戦を引き起こさないことを祈ってやまない。」と書かれていた。

「ホテル・ルワンダ」を観てしまったあとだから、なおさら深く心に届いた言葉でした。

渡部さんのお言葉を借りてしまいますが、心から同感です。


ホテル・ルワンダ

映画ブログランキング




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。