映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥4,935→¥3,910


原題:WHALE RIDER
監督:ニキ・カーロ
出演:ケイシャ・キャッスル・ヒューズ、ラウィリ・パラテーン、ヴィッキー・ホートン、クリフ・カーティス、グラント・ロア他
製作:2002年ニュージーランド・ドイツ
配給:日本ヘラルド


ストーリー:

ニュージーランドの小さな村。
マオリ族の長、コロは、勇者パイケアの伝説を信じ、後継者となる男子を待ち望んでいた。
コロの長男・ポロランギに双子が生まれるが、男の子は死に、ポロランギは残された女の子にパイケアと名付ける。
それを受け入れられないコロも、孫娘の成長とともに愛を覚えていった。
しかし、後継者は男子と頑なに信じるコロは、部族の訓練に参加しようとするパイケアを激しく拒絶する。
悲しみに沈むパイケアの前に、浜辺に打ち上げられたクジラの一群が横たわる…。

映画ブログランキング




一度観終えて、翌日もう一度観直した作品。なぜか二度目鑑賞のときは涙が出た。映画全体にしみこんでいる愛情を感じとったからかもしれない。

ニュージーランドのマオリ族の物語。

主人公の少女パイケア(ケイシャ・キャッスル・ヒューズ)は、誰の目にもおじいちゃんっ子。パイと呼ばれる。

その昔、勇者パイケアはクジラに乗って、パイの村へ来たという。その血を引く一族が、パイの家族。

おじいちゃんのコロ(ラウィリ・パラテーン)は、パイが生まれたとき、息子(パイの父親)がパイケアと名づけるのに猛烈に反対した。だって、パイケアという名は、後継者となる「男子」が継ぐものとかたくなに信じていたから。

そうなのです、コロじいちゃんは亭主関白で男尊女卑の人なのです。といってもそこのところは現代。口数も笑顔も少なくどーんと構えてはいるけれど、女房に手を上げたりはしないのです。

ただ、パイケアの後継者選びのために村中の長男っ子たちを集めたとき、パイが参加しようとしたらきつく拒むとか、クジラにパイが触ろうとしたらびしっと制するとか、「女はそんなことをしたらいかん」ということは徹底的に守ろうとするのね。

そんな頑固じいさんの奥さんおばあさんは、亭主を立てつつも芯をしっかり持ち意見もはっきり言う女性。

後継者選びに失敗し落ち込む亭主を置き去り、トランクに荷物をまとめて出ていったり、何かとパイをしかりつけるところに助け舟を出したりする。

この映画に愛を感じたのは、それぞれが優しくて傷ついているからかな。

一番それを演じきれていたのは、だんとつパイ。ケイシャ・キャッスル・ヒューズは、10歳そこそこの女の子なのに、とても演技派女優だと思った。

ひゅっととがったあごに大きな瞳で、はっきりした顔立ちの美少女であることは確かで、聡明さも見てとれる。

クジラの島の少女


おじいちゃんを心から愛しているけど、おじいちゃんは男子が生まれるのを望んでいたことへの傷つき。どんなにきつい言葉を投げられても、反発せずに悲しそうな目で素直に謝るパイ。

おばあちゃんや父親が「ひどいおじいちゃんだね」「あんな言い方しなくてもね」とひとりになったパイをなぐさめに行くと、「あれは本心じゃない」と、孫を愛するコロの奥深い気持ちを理解してるかのような大人発言。

おじいちゃんは本当は私を愛してるの。だけど、私が女の子で後継者になれないから、おじいちゃんもつらいの。おじいちゃんの手助けをしたいのにできない私もつらいの。・・・とでも言うように、パイはコロの自分への愛を知っている。

学芸会のような学校のお披露目会で、おじいちゃんのためにソロで歌うパイが、ぼろぼろ泣き出してしまうところでもらい泣きした。

来てほしかったのに来てくれなかったおじいちゃん。寂しくて泣けたのだろう。ふだんがまんしていた涙が一気にあふれ出したかのようで、大人びたパイが幼く見えて愛おしかった。

でもさー、おじいちゃんのコロってば、冷静に考えるとただのわがまま坊主ってかんじにも見えるんだよね。

部族の誇りにかけて後継者男子を選抜したい意気込みはわかるんだけど、最初はやる気のないイマドキの男の子たちにほぼ押し付けた形だったし、後継者選びに失敗したら布団にこもって貝のように口を閉ざし、「超落ち込んでます」という姿を堂々とさらしたり。

男の子たちに「われわれはこうあるべき部族なのだ」「誇りを持ち、敵を打ち負かすのだ」とものすごい目力で教えているときの、熱い血潮はわかるよ、わかる。

だけど、本当は愛してやまない孫娘パイなのに、「おまえは女の子なんだから、わしの求める指導者ではないのだ」的態度で冷たくあしらうところなんか、パイがかわいそうで。おじいちゃんもあとでこっそり「ああ、本当はあんなにつらく当たりたくないのだが」と後悔しているのも、わかるんだけどさ。

最後、パイが夜海へ向かい歌い、クジラたちが波打ち際に打ち上げられてしまったとき、おじいちゃんは、パイがパイケアの後継者であり村の指導者であることを悟ったはず。いや、実はもっと以前から悟っていたのかもしれない。

瀕死のクジラたちが、パイの祈りと、一頭の背に乗り海へ消えたことにより、助かる。そして、そこではっきりとおじいちゃんは後悔をあらわにする。

パイが死んじゃったのかと思った。「おじいちゃん、私は大丈夫。死ぬのなんて怖くないから」と、海底へ泳ぎ沈んで行くクジラの背で、心の声を発したりするんだもん。

でも良かった。パイはなんとか一命をとりとめ、目覚めた時枕元には大好きなおじいちゃんがいたのだから。

ラストシーンが、マオリ族の舞いや船を漕ぐ姿が本格的に見られて美しい。

青い空の下、何人もが漕ぐ一そうの船の真ん中には、パイを横手に抱き寄せほほ笑みを投げかけるおじいちゃん。いつも悲しみをたたえた表情をしていたパイが、最後の最後に心からの笑顔を見せたのも印象的だった。

そこで感動して「良かったね!パイ」と晴れ晴れした気分で終われる。

なによ、あんなに指導者は男だと言い張っていたのが、おじいちゃんったらころっと変わっちゃったもんだねー、とひねくれた見方もできるけど、きっとコロは心を入れ変えたんだよね。

男にばかりこだわっていた自分を恥じ、愛し愛される孫娘を心を開いて受け入れることができるように成長したんだよね。好意的にとらえますわ。

映画のさまざまなところで、マオリ族ってそうなんだ~、と知ることもできる作品です。

クジラの島の少女

映画ブログランキング





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。