映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥3,591


原題:GOOD BYE, LENIN!
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ、フロリアン・ルーカス他
製作:2003年ドイツ
上映時間:121分
配給:ギャガ・コミュニケーションズ


ストーリー:

1989年、東ベルリン。
テレビ修理店に勤める青年アレックス。
彼の父は10年前に家族を捨て、西側に亡命した。
一方、母クリスティアーネは、その反動からますます愛国心を強めていく。
そんなある日、秘かに反体制の考えを持っていたアレックスが反社会主義デモに参加。
その結果、警察と衝突するところを偶然目撃したクリスティアーネはショックで心臓発作を起こし、昏睡状態に陥ってしまう。
その間にベルリンの壁が崩壊、統一ドイツは資本主義国家となる。
やがて8ヶ月後、クリスティアーネは奇跡的に覚醒するのだが…。

映画ブログランキング




グッバイ、レーニン!」を観るのはたぶん3度目くらい。「観たよーな観てないよーな」という記憶定かではない状態でツタヤで手にとったのですが、私、これ大好きですから!

家族愛とコメディがからみ合い、物語を運ぶメインの軸となるのは、ベルリンの壁が崩壊したあの時代。

当時の歴史に思いを馳せながら(記憶にはほとんどないけれど)、時代を学ぶこともできる一作です。

グッバイ、レーニン!2


主人公アレックス(ダニエル・ブリュール)の母親思いの優しさがとにかく際立つ映画でした。

ダニエル・ブリュールってドイツはバルセロナ出身。自国の歴史の一部を演じたわけだから、感情移入しやすかったでしょうね。

アレックスは、反社会主義デモで警察に捕らえられる自分を見てショックで心臓発作を起こした母親クリスティアーネ(カトリーン・ザース)を、とにかく献身的に支え続ける。

でもそこに悲壮感はなく、コミカルに仕上げているの。毎日意識不明で寝たきりの母親のそばに寄り添いつつも、看護婦のララ(チュルパン・ハマートヴァ)に思いを寄せ、付き合うようになるしね。

ベルリンの壁が崩壊し、社会主義脱退する国民の生活が垣間見れるのが感慨深い。アレックスの姉アリアネ(マリア・シモン)はマクドナルドのドライブスルーで働き出すし。それまでの東ベルリンにはそんなものもちろんなかったわけで。

経済力のない夫と、子供、そしてお腹にもう一人の子供ができるアリアネはたくましいお姉ちゃん。

人々の服装も開放的に変わるのね。近所のおばちゃんが、ラフな服装で歩いてた。

お母さんが昏睡状態から8ヶ月後に目を覚ましたことをきっかけに、アレックスのどたばたコメディ劇が始まります。

医者から、とにかくショックを与えることをしないようにと言われ、アレックスはベルリンの壁崩壊やドイツ統一のことを母にひた隠しにすると決意を固める。

もちろん、周りの人間にも協力してもらい、必死で母が倒れる以前の東側を演じる。部屋の内装から、服装から、食べ物から・・・いやー、たいへんだわ。

涙ぐましくほほ笑ましいアレックスの努力に、乗り気しないまま姉も協力。恋人ララも、うそをつくことに罪悪感を感じながらも協力。

唯一意気揚々と楽しんでいたのは、アレックスの再就職先(衛生放送のアンテナ取り付け&営業)の同僚であり友人デニス。彼は西ドイツ出身で、自作映画に凝っていた。

それを利用し、ドイツ統一前の紛争だの生活困難だのを録画し、テレビニュースのように見せかけて母クリスティアーネに見せる。デニスにしてみれば、ニュースキャスターやアナウンサーに扮してニュース風なもの?を制作できるのがうれしくて仕方ない様子。

テレビが見たい、瓶入りの豆が食べたい、と、クリスティアーネにしてみればなんのことない要求をしているつもりだけど、新しくなった今の世では、アレックスにとっては困難極まるもの。

そのあたりの奮闘ぶりが笑えた。

ゴミをあさって、昔スーパーにあった瓶を探しまわるアレックス。通りすがりのおじさんにも、昔売っていた瓶入りの豆があったら瓶をくださいと請う。母親に瓶ごと見せて、信じさせたかったのね。

とにかく必死で母親に外の世界を見せないようにし、時代の変化を知られないようにする。

でもね・・・隠しとおすなんて所詮無理。自分の足で歩けるようになったクリスティアーネは、アレックスが疲れて熟睡しているすきに、パジャマにジャンパーを羽織って、外に出てしまう!

そこで目にしたのは、明らかに自分が知っている東ベルリンではない。コカ・コーラの巨大広告に、なんと、上半身だけのレーニン像が運ばれていくではないか。

グッバイ、レーニン!1


なかなか衝撃シーン。母はびっくりしたでしょうね。レーニンがまっぷたつになり連れ去られて行くんだもの。

ここに、アレックスと姉のアリアネが駆けつけるけれど、母は知ったのね。世界が変わったこと、子供たちが自分にショックを与えまいとウソの演技をつきとおしていることを。

だけど、最後まで知らぬふりをしてあげた母。ベルリンの壁崩壊の映像を見せ、ここ数日でドイツが統一したことにし、それを最後のうそとするアレックス。

母にショックを与えなかったこと、うそをつきとおせたことに満足するアレックス。そんな息子を、真実を見抜いた目で優しく見つめる母。

クリスティアーネは、目での演技が印象的だった。不審、安心、信頼、愛情などを、言葉よりも目で多く語っていた。

その数日後、母は死ぬ。


物語途中から、だんだんうそをつきとおすことがアレックスの生きがいのようにも見えたけど、それも母を思う気持ちから始まったこと。

母思いの優しい息子が見られる映画。

グッバイ、レーニン!

映画ブログランキング


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。