映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,500→¥1,126


原題:Under the Tuscan Sun
監督・脚本:オードリー・ウェルズ
出演:ダイアン・レイン、サンドラ・オー、リンゼイ・ダンカン、ラウル・ボヴァ、ヴィンセント・リオッタ他
製作:2003年アメリカ・イタリア
上映時間:113分
配給:ブエナビスタ


ストーリー:

ハリウッド版『Shall We ダンス?』の脚本家でもある女性監督、オードリー・ウェルズが、アメリカで200万部のベストセラーとなった小説『イタリア・トスカーナの休日』を映画化。

突然の離婚ですべてを失った、作家のフランシス(ダイアン・レイン)は親友のパティ(サンドラ・オー)からトスカーナ旅行をプレゼントされる。
だが、旅先で家を衝動買いしてしまい……。

映画ブログランキング




トスカーナの休日1


ほぼ一方的な離婚により、突然家を出ることになったアラフォー・アメリカ人女性作家が、旅先で衝動的に古い家を買い、そこに根付いて幸せを感じるようになるまでの物語。

友人がプレゼントしてくれた10日間ツアーの行き先はイタリア。フランシス(ダイアン・レイン)はそこで築300年の「ブラマソーレ(太陽に焦がれる)」という名前の家を直感と衝動で購入。

旅先でぽんっと家を買うなんてふつうはあり得ない行動だが、それがフランシスをたくさんのいい出会いに導いていく。

ボロボロの古家の修築を依頼した風変わりな4人は、まるで素人の寄せ集めのようで作業ははかどらずかなりのんびりしたものだったけど、フランシスはいらだつことなくそんな怠惰ささえ受け入れ楽しむ。

一般的にキャリアウーマンのアメリカ人女性というと、何ちんたらやってるのよ!なんてせっかちにどなり散らかしそうなものだけど、フランシスはのんびり屋さんでユーモアのセンスある女性。

イタリアでのフランシスからは、離婚の悲壮感や疲労感は見てとれなく、まあなるようになるわ、というような楽観主義な女性という印象を受けた。

ダイアン・レインの肩の力が抜けた演技が良かった。顔にシワができても気にしないってかんじでナチュラル。

イタリアが舞台となれば当然恋愛はつきもの。フランシスにもふとした出会いから付き合い始めたイタリア人年下男性が。でも結局彼には他に女性がいてフランシスはふられちゃうんだけど、そこのところも離婚同様けっこうさっぱりした描き方だった。

映画全体に重さを感じさせず絶えずさわやかな風が吹いているかのような流れに見えたのは、フランシスの性格によるところが大きいだろう。楽観主義で、前向きで、さっぱりしていて。

それと、いい人間性の登場人物ばかり。

家を買うときから最後までずっと落ち着いていて真面目なイタリア人紳士として登場した不動産屋さん(ヴィンセント・リオッタ)。

フランシスより年上っぽい浮世離れした舞台女優っぽい女性。

トスカーナの休日2


フランシスの家を訪れ出産した親友パティ(サンドラ・オー)。

つい最近まで文学者だったり、フランシスを熱い視線で見つめる無言男性だったり、恋人と仕事先であるフランシスの家でいちゃつく若者だったり、リフォーム職人も個性的。

最後に、親友はフランシスの家で赤ちゃんを産み、リフォーム青年はフランシスの家で結婚式を挙げる。それを幸せそうな顔で見つめるフランシスに、紳士な不動産屋さんは「願いが叶いましたね」と言う。

そこではっと気づくフランシス。結婚式を挙げたい、家族を持ちたいと願っていたのだ。結婚したり子供を持つのが決して自分でなくてもいいから。

ようやくリフォームされた300年の歴史を持つ家は、夢を追う家族たちが集う居場所にしたかったというフランシスの夢を叶えたというわけ。衝動買いは間違っていなかったのね。

だけど結局フランシスはひとり?と思うところへ、きちんとしめくくりが。「あなたに書いた文章を否定されたことがあります」という男性が現れ、その人と恋人になる。ちゃんちゃん。

そんなにうまくいくの?という疑問はこの際おいといて、ハッピーハッピーな映画。


トスカーナの休日

映画ブログランキング




スポンサーサイト

【2011/03/22 00:10】 | 「た」行
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。