映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




原題:Searching for Bobby Fischer
監督:スティーヴン・ゼイリアン
出演:マックス・ポメランツ、ジョー・マンティーニャ、ジョアン・アレン、ローレンス・フィッシュバーン、ベン・キングスレー他
製作:1993年アメリカ
上映時間:110分
配給:パラマウント映画


ストーリー:

ジョシュはまだ7歳という年齢ながら、チェスに関して天才的才能を持っていた。
父フレッドは息子の秀でた才能を、かつてチェスで世界に名を馳せたアメリカ人天才プレーヤー、ボビー・フィッシャーに重ね合わせ、本格的な英才教育を試みる。
そして彼は往年の名プレーヤー、ブルースに会い息子のコーチに雇う。
ジョシュは特訓によって更に潜在していた能力を発揮、次々とタイトルを獲得した。
だがある日、ジョシュの前に思わぬ強敵ジョナサンが現われる。


映画ブログランキング


天才少年チェスプレイヤーと言われたジョシュの父親が綴った本を映画化した実話。「シンドラーのリスト」の脚本を手がけたスティーヴン・ゼイリアンによる初監督作品。初監督作品なのに感動の名作と言われる成功作。

私もとっても好きな映画でした。
「ツタヤが選ぶ感動作」みたいなコーナーで手にとったんだけど、大正解。
そうなの、こういうのが大好きなの。

まず、7歳という幼い少年が、ひょいひょいチェスをするところがかわいいし楽しい。
公園でチェスをするおじさんを軽く打ち負かし、公園チェスのボス的存在ヴィニー(ローレンス・フィッシュバーン)にすごい奴だと一発で認められる冒頭のシーン。

得意げでもなく相手に変に同情するでもなく、落ち着いてチェスをし終えるジョシュの印象はその後も変わらない。
いつでも、まるで勝手に手が動くかのようにひょいひょいとチェスをする。頭で考えているとは思えないほどのスピードで。

母親は才能がどうのより、息子が楽しんでいるんだからチェスをすればいいわ、というスタンスなんだけど、こりゃあすごいぞ、息子は大物になるぞと興奮しちゃったのが父親。名プレーヤーと言われたブルース(ベン・キングスレー)を1時間60ドルも払ってジョシュのコーチとして雇うわけ。

ボビー・フィッシャーを探して


にこりともしない厳しいブルースの指導法に、いつも落ち着いて何事にも物怖じせず静かに話を聞き受け止めるジョシュ。
だけど子供らしく無邪気な一面もあり、盤の上の駒をばーんと床に払い落とすブルースにびっくりすることもあった。
公園チェスを止めるように諭すブルースに初めて軽く反発したりするジョシュは、彼を好きではないのかと最初は思った。

だけど、師であるブルースに大会で負けるかもと不安な気持ちを押さえられずに抱きつくシーンを見て、ジョシュは彼を信頼していたのねと痛感。落ち着いた大人っぽいジョシュが子供らしく見え、愛おしくなるシーン。

大きな瞳にたくさんの思いを秘めたジョシュがかわいすぎて!
なんとまあ立派な演技力だろう。

誰もが天才少年チェスプレーヤーと認めるジョシュを初めて不安な気持ちにさせたのがジョナサン。同年代の男の子。冷たい表情で笑顔はなく、淡々とチェスをする。彼は強く、ジョシュは彼を怖がった。

何時間にも及ぶ2人の対決は、結局ジョシュが勝った。
ジョナサンが負けるところを見たくない彼は、「引き分けにしよう。このまま続ければ僕が勝っちゃうから」と申し出る。
何がなんでも勝たなければという気持ちのないジョシュならではの、子供らしく優しい提案。
相手を傷つけたくないと願う天使のような心に、感動して涙が出た。

だけどジョナサンは「何言ってんだおまえ、続けろ」というような態度で、結局負けちゃう。ジョナサンが挫折しなければいいけど・・・というような瞳で、彼の後姿をずっと追うジョシュはやっぱり優しい子。

ラストシーンがかわいくて感動した。
友達のモーガンが負けて父親に怒られ肩を落とすシーン。
ちょっと年上のジョシュは、「どうしたら勝てるか教えてあげるよ」と先輩っぽくモーガンのそばに立つ。
何を言うのかなと思ったら、「僕の年になればわかるよ」と彼の肩に手を回すの。
たった7歳なのに大人っぽくも見えたし、でもやっぱり子供2人が並ぶシーンはかわいすぎて、ポロリ泣けちゃったよ。

名チェスプレーヤー、ボビー・フィッシャーが突然消えたから、ジョシュはチェスを始めたのかな。会ったことのないボビーにジョシュがなんらかの思いを寄せていたのは間違いない。ボビーの再来と言われたジョシュ。きっとボビーもジョシュのように心優しく落ち着いた物腰の青年だったのだろう。

性格のいいジョシュという少年の、ワクワク感や緊張感や恐怖感がそれぞれのシーンでしっかりキャッチできる作品。
チェス好きと子供好きにはたまらないはず。


ボビー・フィッシャーを探して

映画ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/08/31 00:18】 | 「は」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。