映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥3,990→¥2,850


原題:OSCAR ET LA DAME ROSE/OSCAR AND THE LADY IN PINK
監督:エリック・エマニュエル・シュミット
出演:ミシェル・ラロック、アミール、マックス・フォン・シドー、アミラ・カサール、 ミレーヌ・ドモンジョ他
製作:2008年フランス
上映時間:105分
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
予告編


ストーリー:

白血病で入院中の少年オスカーは10歳にして余命わずか。真実を明かそうとしない医師や両親の態度に傷つき、誰とも口をきかなくなる。ただ1人、偶然病院内で出会った宅配ピザの女主人で口の悪いローズにだけは心を開く。ピザの注文と引き替えにオスカーの話し相手になることを引き受けたローズは、余命12日のオスカーに1日を10年と考えれば120歳まで生きられると助言し、毎日神様に手紙を書くことを提案する。



映画ブログランキング


この映画、公開時とても観たいと思っていました。
あらすじから見ても、かなり泣けてしまう映画だと思ってた。
だけど、コミカルさやかわいらしさも取り入れていて、悲しくつらいだけの印象は強くなかった。

白血病のオスカー(アミール)は両親を嫌っていた。なぜなら、必要以上に優しすぎる態度や、憐みや恐怖を隠し切れない態度に傷ついていたから。10歳のオスカーにはそんな両親も、真実を隠す医者も信じることはできなく、しかとしていた。

そんなオスカーが病院の廊下で偶然出会ったのがローズ(ミシェル・ラロック)。母親より年上の彼女は、名前のとおりどピンクのスーツを着て、ピンクのリボンで包んだピザの箱を両手に持っていた。ひとりでピザを作るところから配達するところまでこなすローズは、元プロレスラーだったという設定もおもしろい。

子供だろうと病人だろうと医者だろうとおかまいなしに口の悪さを発揮させるローズに、オスカーは興味を持つ。そして、そんな偶然の出会いから、ローズはオスカーの病室に通うことになる。といっても12日間という期限付きで。オスカーの余命が12日間だから。

いくら他人とは言え、幼い子供が残り12日間の命と知ったら、普通の大人たちは腫れものに触れるような扱いをするだろう、オスカーの両親のように。だけどローズは変わらなかった。言いたいことを遠慮なく言う。

100歳の少年と12通の手紙

ローズはオスカーに素敵な提案をする。1日を10年と考えて生きること。そうすれば120歳まで生きられることになる、と。そしてさらに、言いたいことを手紙にし、神様に送ろうというローズの提案にも素直に言うことを聞く。ローズは毎日、オスカーの書く手紙を風船に付け空に飛ばす。

ローズのおかげで、オスカーは前向きになる。

今僕は何歳だからキスをする。何歳だから結婚をする。何歳だから妻との間にいざこざも起きる。というように、日々を楽しみ考えるようになる。好きになり結婚した(もちろんしてないけど)女の子も病気で同じ病院に入院している。

そして再びローズのアドバイスのおかげで、両親にも歩み寄る。

オスカーが悩むたび、自分のプロレスラー時代の戦いのことを話すローズがおもしろかった。こんな相手とこんなふうにしてたたかったのよ、と実際映像を交えて語るローズ。ローズがくれたスノー・ドームの中には、プロレスのリングが入っていた。

100歳の少年と12通の手紙

オスカーが病気で苦しむ悲惨なシーンはほとんどなく、1日ごとに年老いて行く人生を楽しんでいるかのように見えた。これも本当にローズのおかげ。

ローズも変わった。最初は、死が目前の子供の相手なんかするのはいやだとつっぱねていたのに、オスカーと日々触れ合ううちにだんだん優しさと愛情があふれ出て来る。つっぱっているようでいて、実は隠していた優しさが表に出てしまっただけだと思えたけどね。いい人。

ラスト、オスカーは宣告どおり12日目に死ぬ。
死に顔は映さず、すぐに雪の中でのお葬式のシーンへ移る。
少し離れた所からじっとお墓を見つめるローズは、黒いコートにピンクのスカート。
そんな時でも黒ずくめにしないローズらしさに、きっと死んだオスカーもうれしく思ったはず。

難病の子供と死、というテーマは、たいていつらく悲しくなりがち。
だけどこの作品はひと味違う。
こんな人間関係もあるのだ、こんな優しさの形もあるのだ、と新発見がいくつもあった。

最近かわいい子役が出る映画を観ることが多く、毎回その純粋な天使のような愛らしさにノックアウトされるけど、今回も同じく。
オスカーがかわいすぎます。

心温まる物語なので、たくさんの人に観てほしいな。



100歳の少年と12通の手紙

映画ブログランキング




スポンサーサイト

【2011/09/07 00:04】 | 「は」行
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。