映画が大好きなOLが、映画館で観たりDVDで観たりした映画を好き勝手にひとりごと。ネタばれありです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



¥1,000


原題:The Bucket List
監督:ロブ・ライナー
出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ他
制作:2007年アメリカ
上映時間:97分
配給:ワーナー・ブラザーズ
公式サイト


ストーリー:

2大オスカー俳優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たした人間ドラマ。

実直な自動車整備工のカーター(フリーマン)と豪放な実業家エドワード(ニコルソン)はガンで入院した病室で出会い、ともに余命半年を宣告される。
“棺おけに入るまでにやっておきたいこと”を書き出した“バケット(棺おけ)リスト”を作った2人は、リストを実現させるため人生最後の旅に出る……。
監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。





互いに余命6ヶ月と告げられた2人の初老男性の友情物語。

こういう男女問わず「2人の友情物語」の時は、たいてい性格が正反対なのが映画の鉄則な気がするが、例にならってこの物語も。

最高の人生の見つけ方3


真面目なカーター(モーガン・フリーマン)と態度がでかいエドワード(ジャック・ニコルソン)という組み合わせがおもしろかった。

元気だったら出会わなかっただろう2人。
そしてもし出会っても、仲良くならなかったんじゃないかなーと思う。

出会いは最悪だった2人だけど、互いに余命短しと知ったことと実は気が合うんだということに気づいたことにより、次第に仲良くなっていくのがほほえましい。

性格が反対で合わない部分も多くある2人だからこそ、笑えるシーンもけっこうあった。

似た者同士じゃないのが、かえって相手に興味を持って良かったんじゃないかな。

なんでそこをそう考えるんだこいつは!?とあっけにとられることにより、より相手に興味を持つという。


2人が入院して同室になる病院は、実業家エドワードの持ち物で、その後の世界旅行も彼の資金で豪勢に進んでいくわけ。

ここは映画ってかんじだよね。

「死ぬまでにしたいリスト」をひとつづつ実行していくんだけど、お金があってこそ実現できたってことが多いんだもん。

たとえば最初に叶えたひとつ、スカイダイビング。

最高の人生の見つけ方2


まじめなカーターは、ふだんは冷静で穏やかなのに、この時だけは本気であせって怖がっちゃう姿が笑えた。

それに引き換えエドワードは、がっはっはーっと、飛び立つ時も空中でも物怖じしないの。

あれって、スタントマンなしで本当に飛んだんじゃないかなー?
音声はあとで入れたにせよ。

うーん、でも、お2人ともけっこう年だから、心臓麻痺なんか起こしたらたいへんだから、やっぱりスタントマンなのかな。

最高の人生の見つけ方


家族を愛し神を信じるカーターと、数回の離婚経験を持ち今は独り身で無神論者のエドワード。

これも「正反対」を表現するにはわかりやすいよね。

性格だけじゃなく、生きてきた環境や取り巻く人物まですべてが正反対なの。

でも実はエドワードには「お父さんなんか死んじゃえ」と言われた、会いたくても会えない娘がいることがわかり、カーターは豪快でぶしつけなヤツだと思っていた彼に過去の影を見る。

エドワードは、娘をなぐった男が許せなく、ヤクザらしきものを使って脅したのね。

それでその男は娘の元を去る。そして傷ついた娘が発した言葉が先ほどのもの。

たいてい世間がそうであるように、エドワードも娘に関してはナイーブな心の持ち主だったから、すっかり落ち込んじゃったみたい。

そしてそれ以後、娘に合わせる顔がないと思ってしまったみたい。

この設定って、実によくありがちだけど、ぽっと差し込むにはわかりやすい話だからいいと思う。

視聴者として、容易にエドワードの傷心が理解できるものね。


男2人旅のしめくくりは、けんか別れ。

カーターがこっそりエドワードを彼の娘の家の前まで車で連れて行く。

もちろん良かれと思ってしたことなんだけど、そんなことするなと激怒し1人去っていくエドワード。

その後、自宅に戻ったカーターは倒れ、その後すぐに死ぬ。

死ぬ間際、エドワードと仲直りし、さらにリストの中にあったひとつ「死ぬほど大笑いする」を実行できたことが良かった。

なんだったかなー、ジョークかなにかで涙が出るくらい大笑いしたのね、2人で。

残りは君がやってくれ、と言い残しカーターは息を引き取る。

さすがに強がりで豪快な男エドワードも、泣いてた。

その後、エドワードは娘に会いに行く。

そこはセリフのないシーン。ピンポーンとベルを鳴らし、娘がドアを開け向き合う2人、という。

それと、じーんとしたのは、エドワードも死んでしまったあとのシーン。

彼に長く仕えてきた秘書が、エベレストの頂上に彼の遺骨を納めるの。

秘書はにこっと笑って、リストの「世界最高峰から最高の景色を見る」(だったかな?)をペンで消し、その紙もいっしょに納め、雪で固める。

そうなの。

エドワードの秘書(ショーン・ヘイズ)が、作品のスパイス的存在でなかなか良かったの。

秘書らしく礼儀正しくスマートな対応なのはもちろんなんだけど、ぴりっと辛口のコメントをご主人にさえ発するのが見ていて気持ちよかった。

エドワードが近く死ぬことがわかった時、「その・・・私はどのような態度を取ればよろしいのでしょうか」みたいなことを少し遠慮がちに聞くのね。

エドワードは「おまえが私ならどうする?」と逆に聞き返すの。

そうしたら「全遺産を秘書に残すと言います」と、ユーモアで返すの。あくまで真顔で。

ひと言ひと言がそんな感じで、笑えた。


余命半年と知った時は、2人とも落ち込んでたけど、おもいきり楽しい時間を過ごせ、かなり満足だったみたいで良かった。

知り合って3ヶ月もたたないのに、生涯最高の親友になるなんて、なかなかないような話だけど、あったら素敵ね。

最高の人生の見つけ方



映画ブログランキング



FC2blog テーマ:洋画 - ジャンル:映画



¥3,990→¥3,012


原題:HABEMUS PAPAM
監督:ナンニ・モレッティ
出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル他
製作:2011年イタリア
上映時間:105分
公式サイト



ストーリー:

新ローマ法王に選ばれた枢機卿の苦悩を描いたハートフル・コメディー。
法王逃亡という衝撃的な展開や、ローマ法王が選出される選挙(コンクラーヴェ)の様子まどをシニカルに描写し、第65回カンヌ国際映画祭で好評を博した。
法王就任という重圧から街へ逃げ出すものの、街の人々との交流を通して信仰心や法王の存在意義を見つめ直していく主人公を、フランスの名優ミシェル・ピッコリが哀感を漂わせながら演じ切る。






ローマ法王の休日2

邦題が「ローマの休日」をもじったかのような「ローマ法王の休日」ということで、勝手にコメディ作品かと予想していた。

ローマ法王に選ばれたメルヴィル(ミシェル・ピッコリ)が、わあぁぁぁー!と叫びながら頭を抱え逃げ出すシーンを映画館の予告編で見たものだから、なおさらコメディ風に思えた。

このシーンが一番笑えたな。おじいちゃんが突如気が狂ったように叫ぶ姿が可愛らしかった。

ローマ法王の休日1

ローマ法王が亡くなると、次の法王は108人の枢機卿から皆で投票して選出するのですね。今回初めて知り勉強になった。108という数字は、日本で言えば煩悩の数。これも何か関係があるのだろうか?

自分には法王なんて無理だというメルヴィルを、医者やセラピストが診るが全く解決の糸口なし。

こっそり外に出て一般人のふりをしセラピーを受けることになり、結局はその後一人逃げ出してしまうメルヴィル。

セラピストがこれまた真剣みのない男で、一応彼が登場するシーンは笑うところだったのだろうか?と2回繰り返し見た後考えた。笑いのつぼがどうやら私には当てはまらなかったようで残念なのだが。

枢機卿が皆、自分が法王に選ばれませんように、と心の中で強く唱えるシーンはまあ苦笑いできた。心の声なのに、大合唱となり広間を埋め尽くす。そんなおじいさん達が枢機卿とは本当に苦笑。

今作はフィクションだけれど、真実はこれが正しかったりして。心の中は覗けないから本音を知ることは不可能だが。

ローマ法王の休日3

町のセラピストの前で、自分は役者だと告げるシーン。まさか国王に選ばれたが逃げ出して来てしまっただなんて言えないもんね。

メルヴィルは違う道を生きるなら役者になりたかったようだ。その後役者達と知り合うことにもなるのだが。

コメディ映画として笑わせてくれるかも、という前半の期待は後半へ進むにつれて失速して行く。

メルヴィルが町の人と触れ合ううちに、国王になるという決断をするのかなという期待も裏切られるが、これはこれでありきたりな転び方ではなく、良いと思った。

サン・ピエトロ広場に集まった群衆に向け、穏やかながらも自分には無理だと告げ、静かにその場を去るメルヴィル。

それで終わりという、何ともヨーロッパ映画らしい結末だ。

こんなことは前代未聞で、現実には起こり得ない話。だが、ローマ法王に選ばれるような人物も、所詮私達と同じ不安定な心を持つ人間なのだ、という締めくくり。

記憶に新しい、ローマ教皇とエリザベス女王によるモホーク族の子供達の大量虐殺事件。「ローマ法王の休日」を見ながら、どうしてもその事件が頭をちらつくのを止めることはできなかった。

今作とは無関係な事件だが、現実という背景の与えた心理的影響なくしては観られない作品。


ローマ法王の休日


映画ブログランキング






【2014/03/28 23:16】 | 「ら」行
トラックバック(0) |


¥1,500→¥1,000


原題:Yes Man
監督:ペイトン・リード
出演:ジム・キャリー、ズーイー・デシャネル、ブラッドリー・クーパー他
製作:2008年アメリカ
上映時間:104分
配給:ワーナー・ブラザース
公式サイト



ストーリー:

「ノー」が口癖の人生に後ろ向きな男カールは、生き方を変えるために参加したセミナーで、「どんな事に対しても『イエス』と答えることが、意味のある人生を送るための唯一のルール」と教えられる。
それから「イエス」を連発するようになったカールの運気は上がっていくのだが……。





ジム・キャリーの映画は久しぶりに見たが、ハッピー気分にさせてくれるお馬鹿っぷりはやはり好きなキャラクターだ。

よく見るとイケメンなのに三枚目に徹している姿や、それが板につき楽しんでさえ見える役者魂に大笑いしながら引き込まれる。

ノーばかり口にしていたネガティブな銀行員カール(ジム)が、全てのことにイエスと言うポジティブ人間になった途端、良い事ばかりが起きるようになる。仕事も恋愛も人間関係も。

イエスマン2

日本には「言霊」という言葉があり、口にしたことはそのまま自らに降りかかると言われている。良いことを発すれば良いことが起き、悪いことを発すれば悪いことが起きる。全て自分が引き寄せる。

最初は、浮浪者に携帯を電池が切るまで使い切られるわ手持ちの現金を全てあげてしまうわと散々なスタートを切ったカールだが、ヤケクソになりながら発した「イエス」により、アリソン(ズーイー・デシャネル)とも出会うわけだから、言霊はまんざらではない。

変わったバンドで変わった歌を歌うボーカルのアリソンの性格も、イエスマンになったカールにはぴったりだった。これがノーばかり言っていた過去のカールなら、アリソンと恋愛関係に発展しなかったかもしれない。

イエスマン1

順調に進んでいたイエスマン生活が、ひょんなことでアリソンを傷つける。そしてカールはイエスとノーとの使い分けにようやく気付く。

そこに至るまでもお笑い要素たっぷりなわけだけど。

笑えるシーンはそこかしこにある。

近所の色目使いのおばあちゃんとのやり取り。ハリー・ポッターマニアの銀行の上司とのやり取り、泥酔時のはじけっぷり、ランニングしながら写真を撮る会でぶっ倒れるシーン。

顔にグルグルとセロハンテープを巻き付けるシーンも忘れられない。

イエスもノーも自分で決め、責任を持って発言し進んで行こうというさりげない教訓も見え隠れしつつ、とにかくジム・キャリーらしさにたくさん笑えてスカッとする作品。



イエスマン



映画ブログランキング






【2014/01/25 22:31】 | 「あ」行
トラックバック(0) |



¥3,980→¥3,004


原題:Gone

監督:エイトール・ダリア
出演:アマンダ・セイフライド、ジェニファー・カーペンター、ダニエル・サンジャタ他
製作:2012年アメリカ
上映時間:94分
映倫区分:G
配給:ショウゲート
公式サイト



ストーリー:

全米で社会問題化している「ミッシング・パーソン(=人が消える)」という不条理な現象を題材に描くスリラー。
1年前に何者かに拉致・監禁されたと訴える女性ジル。
しかし、警察の捜査でも証拠は何も見つからず、ジルは心の病からくる虚言症と断定され、捜査は打ち切られてしまう。
しかし後日、今度は妹モリーが失踪してしまい、ジルは同じ犯人の仕業だと主張するが、警察は聞く耳を持たない。
孤立無援の状況下で、ジルは原因不明の失踪現象の裏に渦巻く真実に迫っていく。


  


拉致・監禁されたのに、警察が信じてくれず精神病扱いされるなんてどんな気持ちだろう。

信じてくれるのは、唯一の家族である妹だけ。父と母はすでにおらず、登場人物が限定される分だけ、物語に集中しやすいかもしれないが。

ファインド・アウト1

ジル(アマンダ)のほうが頭がおかしくて、警察の言っていることが正しいのではないかと思う場面もちらほらあった。

最初の方のシーンで訪ねた隣人や、車の持ち主を追って訪ねた先での従業員がいかにも怪しい影のある男達だったので、そう思ったのだ。

だが話が進むにつれ、ジルの中で早くも犯人は一人の男に絞られる。実際にその男なので、犯人を推理する物語ではないことを観客は知る。

ファインド・アウト2

ジルと同じように拉致・監禁された妹は、実は自分の家の床下に隠され、犯人の目的はジルだったことが後からわかる。

1年前に逃げられたジルに復讐をしたかったのだ。

形振り構わず必死に妹を探し続けたジルは、その無事を知りほっとすると同時に、犯人の落ちた洞穴にガソリンとランプを投げ入れ、燃やし殺す!

実に冷静な行動だったが、正しい選択だったと思う。こんな変態野郎、また同じことを繰り返すに決まっているもの。

自宅へ戻り妹と抱き合うジルは、集まる警察に「何もなかった」「ただの妄想だもの」と落ち着き払って言う。

一番賢かったのはジルだ。

サスペンス・ストーリーなのだが、見方を変えれば、姉妹愛物語とも言えるかも?

アマンダ・セイフライドは笑顔が魅力だが、今作ではほとんどそれが見られなかったのが残念だ。だが違うアマンダの一面を見られた。


ファインド・アウト


映画ブログランキング





【2014/01/16 23:35】 | 「は」行
トラックバック(0) |



¥2,480→¥1,240


原題:Ted
監督:セス・マクファーレン
出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン他
制作:2012年アメリカ
上映時間:106分
映倫区分:R15+
配給:東宝東和
公式サイト


ストーリー:

いじめられっ子の少年ジョンは、クリスマスプレゼントにもらったテディベアのテッドと本当の友だちになれるよう、神様に祈りをささげる。
すると翌日テッドに魂が宿り、2人は親友になる。
それから27年が過ぎ、ジョンとテッドはともに30代のおじさんになっていた。
一時は「奇跡のテディベア」としてもてはやされたテッドも、幻惑キノコで逮捕されてからは堕落し、下品なジョークと女のことばかり考える日々。
そんなある日、ジョンは4年間つきあっている恋人から、自分とテッドのどちらかが大事なのか選択を迫られ……。


   


ようやく観たテッド。

レンタル開始から長らく借りられなかった。人気なのですね。

噂通りお下品なテッドだが、「クマのぬいぐるみ」ということで下劣さがかなり紛れるものだ。

「ブサかわいい」「キモかわいい」などの造語があるが、テッドの場合は何かわいいになるのだろうか、などどうでもいいことを考える。

ぬいぐるみだから、薬漬けでも体に何の影響もないのだろうが、これが人間だったら本当にどうしようもないダメ野郎だな。

テッド1

どうしようもないオヤジなテッドなのに、間違ってお腹辺りに触れてしまうと”I love you.”(翻訳「だいちゅき」)という子供の甲高い声が出てしまうシーンが笑えた。

こういうところが、ぬいぐるみらしい可愛らしさがあり、女性観客はキュンとしてしまうのかも?

笑えるシーンが多いが、後半テッドが変態ストーカー親子に誘拐されてからはハラハラさせられた。

子供に耳をもぎ取られたり、胴体を引き裂かれるシーンは、ぬいぐるみとわかっていても胸が痛んだ。そして想定外に涙まで出てしまった。

テッド2


テッドとジョン(マーク・ウォールバーグ)の親友っぷりにもジーンときた。あきれながらもテッドの存在を認めるジョンの彼女ロニー(ミラ・クニス)の存在も光っていた。

そう言えばミラ・クニスは「ブラック・スワン」に出ていたのを思い出した。あの挑発的で強い瞳が印象的だ。

ただのぬいぐるみに戻ってしまったテッドが、ロニーの願いにより再び息を吹き返してめでたしめでたしのおバカコメディー。




映画ブログランキング




【2014/01/06 00:22】 | 「た」行
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。